悪役令嬢クリスティーナの冒険

作者 上泉友

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全162話

更新

  1. 一章・婚約破棄され処刑された悪役令嬢はオマケキャラと一緒に剣を探す冒険の旅をする
  2. 1・思えば短い人生でした
  3. 2・ダメでした
  4. 3・貴様を処刑する!
  5. 4・詰んでしもうてんねん
  6. 5・仕返ししてやるー!
  7. 6・剣を使わない最強の剣士
  8. 7・やればできる
  9. 8・後ろー!
  10. 9・かぁこいいではありませんかぁ
  11. 10・今は女の命より
  12. 11・これだから老害は
  13. 12・感無量の一言に尽きる
  14. 13・だからどうしてすぐ戦うのですか!?
  15. 14・ハァーイ
  16. 15・その愉快な派閥は?
  17. 16・関係ないと思います
  18. 17・だから大丈夫だろう
  19. 18・なにか盛大な誤解をなされている!
  20. 19・くれてやる!!
  21. 20・束になってかかって来い!
  22. 21・私は私の新しい人生を歩まないとね
  23. 22・オタクは犯罪者になるって
  24. 23・キモオタって死ぬ時も気持ち悪いのね
  25. 24・私の質問、無視した
  26. 25・みなまで言うな
  27. 26・微妙です
  28. 27・ここまで来たらやるしかない
  29. 28・この子ともお別れか
  30. 29・いい気味
  31. 30・思い通りにさせちゃいけないんだ
  32. 31・問題ないですね
  33. 32・いいってことよ
  34. 33・なんなのよ、こいつ
  35. 34・あら、素敵
  36. 35・これが両手に花ってやつかぁー
  37. 36・食わずに捨ててやるぅ
  38. 37・必殺分身の術!
  39. 38・あの女って誰?
  40. 39・この変態!
  41. 40・こんな痛みがなんだっていうのよ!
  42. 41・また一緒に
  43. 42・秘密だぞー
  44. 43・これで上手くいくといいのだけど
  45. 44・仕事は探偵だ
  46. 45・犯人は透明人間?
  47. 46・面倒くさいな
  48. 47・書けるわけないだろう
  49. 48・本当に言い出すとは
  50. 49・犯人扱いじゃないか!
  51. 50・これがボクの素顔さぁ
  52. 51・幻想が消えてしまうくらいなら
  53. 52・泣くもんか
  54. 53・どうしてわかったの!?
  55. 54・お黙り!
  56. 55・いや全然誤魔化せてないよ
  57. 56・真犯人は……貴方です!
  58. 57・ポピー!
  59. 58・紳士淑女の皆さん!
  60. 59・あいつらを共謀罪で捕まえるのよ
  61. 60・必ず報いを受けさせてやる
  62. 61・二人きりの甘い時間
  63. 62・仲間を心配するのは当然の権利よ
  64. 63・今の、なんだろう?
  65. 64・絶対に許すもんですか
  66. 65・悪意の塊
  67. 66・君がこの世に生まれる前からね
  68. 67・薄々そうじゃないかなって思ってたけど
  69. 68・ふんぬ!
  70. 69・なぜか不快に感じる
  71. 70・こいつ馬鹿なの
  72. 71・私を信じて!
  73. 72・貴女は身も心も
  74. 73・なんか天狗になりそう
  75. 74・俺はもうダメなんだ
  76. 75・私、忘れていた
  77. 76・弱肉強食は自然の摂理の一つです
  78. 77・ここで摘んでおかねば
  79. 78・倒してしまった
  80. 79・反乱です!
  81. 80・貴女の様な愚かな女に
  82. 81・美しい死に方だ
  83. 82・みんな優しくするのが当然なのよ
  84. 83・私は夫と約束したのだから
  85. 84・一緒に理想を実現させましょう
  86. 85・貴女は聖女なの?
  87. 86・わたしがあなたを幸せにしてあげる
  88. 87・ザコのザコによるザコのためのザコ
  89. 88・家族を守ろうとして
  90. 89・この汚らわしい豚め
  91. 90・自分の弟を殺すって言ったの!?
  92. 91・胸の奥がザワザワする
  93. 92・驚かせちゃったかな
  94. 93・魔物には難しいだろうね
  95. 94・そんなことをするつもりはない
  96. 95・最っ低!
  97. 96・それでしたらあります!
  98. 97・わしの事は御隠居と呼んでくだされ
  99. 98・ふんがー!
  100. 99・必要なことなのです
  101. 100・貴様は生まれた時に殺しておくべきだった
  102. 101・貴女は?
  103. 102・理想の新世界
  104. 103・蠅どもが
  105. 104・私に救って欲しい人とは
  106. 105・もう存在するだけで害悪よ
  107. 106・聖女のわたしが事件を解決できるのよ!
  108. 107・良い運勢だと良いな
  109. 108・とんでもねぇな
  110. 109・とっても美味しそうね
  111. 110・わたし知らない!
  112. 111・なにもできなかった
  113. 112・こんな馬鹿ばっかりなのか?
  114. 113・もう二度と会えないと分かっていて
  115. 114・ここまで純粋なる者は
  116. 115・朕は諦めぬ!
  117. 116・引き受けます
  118. 117・全然聞く耳を持っていない!
  119. 118・どうすればいい?
  120. 119・貴方に勝負を申し込みます!
  121. 120・誰がさせるものか!
  122. 121・死んでるくらいでなに黙ってるのよ
  123. 122・俺はランクSSだ!
  124. 123・わからず屋!
  125. 124・俺は無力だ
  126. 125・……あ!
  127. 126・妾は邪悪なる魔王だ!
  128. 127・正義は勝つのよ!
  129. 128・あの子はあたしと約束してるんだよ
  130. 129・和平会談を始めましょう
  131. 130・わたしってばなんていいことしてるんだろ
  132. 131・キモブスを世界から掃除したんだわ
  133. 132・はやく調べなさいよ!
  134. 133・わたしが結婚して上げる
  135. 134・わたしはヒロイン!
  136. 135・わたしは女神
  137. 136・今回の事件の発端は
  138. 137・一回だけではなく二回でも三回でも十回でも百回でも百万回でも
  139. 138・人を罪へと誘う悪徳を司る唾棄すべき存在
  140. 139・そんなことさせるものですか!
  141. 140・さあ、とどめだ
  142. 141・未知の世界が私を待っている
  143. 142・と、いうわけで
  144. 二章・猫たちの冒険
  145. 1・猫は強いんだ
  146. 2・自己紹介させてもらおう
  147. 3・イタイ人というのは全く同感だ
  148. 4・名探偵を気取るなら
  149. 5・紳士失格よ
  150. 6・我らヴォルディング三人衆!!!
  151. 7・そう言えば
  152. 8・この変な臭い
  153. 9・嫌だ!
  154. 10・なかなか礼儀正しいな
  155. 11・貴族令嬢のような小娘
  156. 12・なんて醜い筋肉なの
  157. 13・わからんって……
  158. 14・いいってことよ
  159. 15・猫天国ですね
  160. 番外編
  161. カスティエルとクキエル
  162. ラーズの仄暗い承認欲求
  163. スファルのくだらない変態欲求
  164. アマラの結婚
  165. セルジオとキャサリンがハッスルしているらしい