そんな勇者の物語

作者 赤村雨享

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第六部 第七章 第二十六話 雨過天晴へのコメント

     これまで築いてきた信頼できる関係というのは日常生活だけでなく戦闘にまで関わってくるんだなぁ
      うゆを

    作者からの返信


     いつもコメント、本当にありがとうございます!


     結局、ライの立ち位置は信頼あってこそのものなんですよねぇ。でも、痴れ者(笑)

    2019年10月11日 22:02

  • 第六部 第七章 第二十五話 遅れてきた…へのコメント

     おいおいいいとこで帰ってくんじゃねえかライ坊~!

     ライの怒りですか......俺その気迫だけで3000回ぐらい失神できそうですね

    作者からの返信


     いつもコメントありがとうございます!


     ピンチに駆け付ける主人公をやってみたかったんです!ウチの子、いっつもピンチ前に首突っ込んで片付けちゃうんで(笑)

    2019年10月10日 21:55

  • 第六部 第七章 第二十四話 超巨大魔獣…へのコメント

     おいおいどうなっちまうんだ!?
     これじゃメトラペトラ企画『ライのハーレム計画!』が危うくなっちまうんじゃねえのか!?(違うそこじゃない)

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     マジで!?Σ(゚◇゚;)

     ヤベェ……ハーレム無くなっちまうだと!?どうするよ、赤村?(;つД`)
     こうなったら次話から話の流れを無視してイチャコラ18禁に……。

    2019年10月9日 21:19

  • 第六章 第一話 人狼へのコメント

    花のお髭のおじちゃんにわろた(≧▽≦)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ダンディな髭を持つ人は花も似合うのです(笑)

    2019年10月8日 12:59

  • 第三章 第三話 修行へのコメント

    大聖霊さまがやっちまった〜(≧▽≦)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!反応が嬉しいです!


     フェルミナはライにとっての最初の仲間です。そしてメインヒロインでもあります。

    2019年10月7日 22:49

  • 第三章 第二話 “狂人”ラジックへのコメント

    マリアンヌやってお仕舞いで終わりそう
    (笑)ヘ(≧▽≦ヘ)♪

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ラジックさんも悪人ではないんです!変人なだけなんです!ww

    2019年10月7日 22:34

  • 幕間① 伝説の再来へのコメント

    やばいよやばいよ(;>_<;)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     この時点でライは妹に歯が立ちません(笑)

    2019年10月7日 22:17

  • 第二章 第五話 苦悶へのコメント

    悪いこにはお約束の罰(笑)( ;∀;)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     微妙に下ネタが多いですね。女性読者受けは悪い気がする本作(・・;)

    2019年10月7日 22:16

  • 第二章 第三話 規格外の下僕へのコメント

    愉快な仲間がふえやしたぜ(笑)(о´∀`о)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ライの旅は仲間が少ないんですよ~。一段落するまで最大四人じゃないかと(笑)

    2019年10月7日 22:13

  • 第二章 第一話 過ぎたるものへのコメント

    あそんでるよねまじで(笑)(≧▽≦)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     旅の初期──というよりライが成長しても本質は遊びですww

    2019年10月7日 22:11

  • 第一章 第十五話 鬼軍曹、降臨へのコメント

    自分に打ち勝った後ろ姿にレイチェルは
    う〜ん素敵なんて(笑)ヘ(≧▽≦ヘ)♪

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     戦う男の背中は美しいのです!たとえ性欲と戦っていても(笑)

    2019年10月7日 22:10

  • 第一章 第八話 秤の塔の魔術師へのコメント

    コンビからトリオ(笑)ヘ(≧▽≦ヘ)♪

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     明るく楽しいながらもシリアスも交えて進みます。ノルグーは特に縁ある地になるのでキャラも多いですね。

    2019年10月7日 17:04

  • 第一章 第四話 無難な勇者へのコメント

    以外にモテモテになりそう♪ヽ(´▽`)/

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ハーレム未定となっている本作、しかしハーレムになる方向性だけは醸し出す流れになっています。

    2019年10月7日 16:59

  • 第一章 第三話 行けるトコまで行くのが漢へのコメント

    ラッキー勇者の称号が付きそうっす(笑)
    (≧▽≦)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     作中に登場する『~勇者』等は殆ど称号です。その辺も楽しんで頂ければと思いますwww

    2019年10月7日 16:46

  • 第一章 第二話 爽やかな?旅立ち へのコメント

    ゆる〜い感じの勇者さま好きだわ〜
    (≧▽≦)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     前半ギャグ多めで進みます。長い話ですがお付き合い頂ければ幸いです!

    2019年10月7日 16:44

  • 第六部 第七章 第十九話 悪化する戦況へのコメント

     なんか邪教側「我らが偉大なる神よ」だのなんだのほざいてっけどあっさり論破されてて草

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     話を聞かない人とか洗脳された人ってこんな感じかなぁ、と。そして言い分が通じないと暴力に訴える。
     まんまカルト教団ですwww

    2019年10月4日 17:40

  • 第六部 第七章 第十八話 プリティス司…へのコメント

     大聖霊にトラブル要素を感染させる勇者、ライ。

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     改めて思いますが、メトラペトラも巻き込まれ体質ですね~。巻き込むのは主にヤツですがwww

    2019年10月3日 22:13

  • 第六部 第七章 第十一話 祝福の塔 へのコメント

     勇者むっつ~りしっかりしてくれよぉ?こりゃチェリーボーイ卒業までは治んねえかな?

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     勇者むっつ~りは最終回付近まで治らないかと……ww
     基本、キャッキャ!ウフフ!は回避する……赤村で御座います。

    2019年9月26日 21:39

  • 第六部 第七章 第二話 トゥルク遠征へのコメント

     痴れ者と呑兵衛にゃんこが離れた辺りなんかあると思ったけどまさかメインキャラである痴れ者が消えるとはねえ......

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     演出から何かあると悟るとは……流石ですな。

     今回の戦いは色々と結末に向けての布石を含んでます。ライはあと二回くらい変身を残してます(笑)



     PS:前回『天然魔人と後天的魔人』の差を説明し忘れていました。ごめんなさい。

     天然魔人は基本的には人間と外観が変わりません。ディルナーチの民は始めから『鬼人』という種なので変身も元からある能力です。
     天然魔人は肉体の操作に難がある者も居ますが、基本は魔人の能力を容易く扱える存在です。特に精神面は完全な人間のまま。なので他者との違いで悩んだりします。

     後天的魔人の特徴は二つ。外見が異形化しやすい、魔力臓器が歪む、です。完成版の魔人転生を以てしても後天魔人は異形化しています。アムドの角、【六目】や【鱗】、アウレルの目もそうですね。
     個人差はあれど願望の形へと変化するのが基本です。

     因みにライの『魔石食い』は天然魔人扱いです。作中まだ登場しませんが鍛練の果てに魔人化する者も居ます。それも全て天然魔人という括りになりますね。
     他にもドラゴンの血を継いで覚醒した竜人や龍人もいますが、人数は非常に少ないです。

    2019年9月17日 22:14

  • 第六部 第六章 第三十一話 魔人の少年へのコメント

     天然の魔人と魔人化した人はどこが違うのでしょうか?




     そして間違い探しターイム!さてさてこれにはどんな間違いがあるでしょう?探してみてね!
    難易度:★☆☆☆☆(かんたん)
    「更にライが心配しているのは、生死不明の魔王アムド──。

     アムルは魔獣を魔力源に利用した魔法までも使用出来る。もし生存していた場合、トゥルクを手に入れようとする可能性も、出現した魔獣を奪う可能性もあるのだ。」

     と一頻りふざけましたがこれ一応、誤字報告です。ただの誤字報告じゃつまらんってことでふざけちゃいました☆
     魔王アムドが魔獣を魔力源にするなら非道なヒール役だなぁって感じなんすけど、大聖霊アムルが魔獣を魔力源にしちゃうと「創造神よりつくられた存在、ついに非道へ走る」って週刊誌載っちゃいますねw

     ということで正解は~?「アムドの筈がアムルになってる」でしたー!(ふざけ倒してすいません)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!誤字報告、いつもスミマセン!とても助かります!

     ま、まさか、アムルが魔王の所業を……(笑)

     携帯の変換候補って便利な反面こういうミスが起こりやすいんですよねぇ~……見落とす赤村も悪いんですけどねww

     早速修正致します。難易度1を間違うとは……赤村はおバカさんだなぁ、ハ~ッハッハ!(笑って誤魔化すwww)

    2019年9月11日 23:49

  • 第六部 第六章 第二十八話 領主レダへのコメント

     最近はライが過去のことを懐かしむ描写が多々あるので、なんだかライがおじいちゃんになったような感じがしますねw

     あと誤字報告ですがレイチェルとレダの再会のシーンで「懐かしい相手との再会に軽い包容を交わす二人。レイチェルもレダも本当に嬉しそうだった。」のところ、『軽い包容』とありますが『軽い抱擁』ではないでしょうか?

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!誤字報告、本当に助かります!早速修正致します!


     挨拶巡り編はライの成長を周知させるのと各地の状況の確認、あとは各種新たな出逢いの為です。

     ライお爺ちゃんの挨拶回りはもうちょこっとだけ続くんじゃよ。

    2019年9月8日 15:10

  • 第六部 第六章 第十二話 若き騎士の決意へのコメント

    面白くて一気に読みました!
    少しこの回で気になったのは、弟子は良いけど、ライ以外の男がいたらネグリジェとかだらけた格好できるのが、自室だけになってしまうかと。家で他の娘がくつろげなくなってしまうのでは?と心配になりました。

    些末ですがm(_ _)m

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!長い話にお付きあい下さり感謝です!


     仰有る通り、同居人の女性達は寛げなくなってしまいますね……。盲点だった~!!

     そこで言い訳(笑)をしますと……。

     ①若いイグナースやファイレイ等の前であまり開放的な姿をすると先輩としては示しが付かないので、自室のみで我慢する。

     ②みんな常識からズレているので全く気にしない。その際、イグナースの方が慌てて逃げる。


     予定では①ですww

     代わりにライが気晴らしに付き合う方向で……。

    2019年9月2日 02:26

  • 第六部 第六章 第十九話 萌えブタ勇者へのコメント

    しょーもないことにも全力なんだよなぁw

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます。


     どうでも良いことにこそ全力を尽くす……それこそが勇者の証(笑)

    2019年8月30日 20:28

  • 第六部 第六章 第十三話 アスラバルス…へのコメント

    ライの容姿の変化はウィトとの魂の関わりがあったからでもあるんですね

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!

     実はライの容姿についてはもう一段明かされていない設定があります。
     既に幾つか複線も張っていますが、明らかになるのは物語の終盤になりますね。

     赤村は本当に複線ばかりです。

    2019年8月24日 16:17

  • 第六部 第六章 第十一話 天使マレスフィへのコメント

     手合わせパートが続くのかな?にしても現崩世界とかエグいですよね......感覚が一定時間毎に切り替わるって......

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     次回も手合わせパートです。というか、エクレトルルートは手合わせルートになっちゃいますね。ライはエクレトルであと数名の手合わせが続きます。

     ライの成長の証として魔王アムドの魔法を登場させました。今後も幾つか登場させますのでお楽しみに。

    2019年8月22日 20:51

  • 第六部 第六章 第十話 盾の精錬所へのコメント

    幸運竜関係かな?それとも慈母竜?はたまた別の存在?

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!

     今回は幸運竜関係ですね。幸運竜ウィトの過去に於いて最も重要な存在との再会ということになります。
     その出会いに於いてライは自らの存在の変化に気付かない。これもまた伏線……冗談抜きで伏線だらけですwww

    2019年8月21日 15:19

  • 第六部 第六章 第二話 ノルグーの城へのコメント

     位を持つというのはやはり影響力も変わってくるんですね......発言には気を付けないと......

     あと誤字報告になると思うのですが最後の一文「『英傑公』っいう立場は」となっていますが実際は「『英傑公』という立場は」ではないでしょうか?

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     誤字報告、本当に助かります。早速修正しました。


     『英傑位』は本来、国民に知れ渡る功績を上げた者への称号です。当然ながら国民の支持により発言力が上がる訳ですが、ライは名誉に興味がないので自分の地位を良く理解していないという残念なことに……。
     

    2019年8月13日 17:40

  • 第六部 第六章 第一話 再会の旅路へ へのコメント

    「修行!魔王!修行!妖精!魔王!修行!」これ好きですw

     シルヴィーネルもトウカも美人ですからね......魔法にかければ大改造ビフ○ォーアフターですよ

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     女性の化粧は魔性の技よ……(笑)

     ラッキースケベは少ないですが、美女が揃うラッキーは発動中のライです。

    2019年8月12日 19:15

  • 第六部 第五章 第八話 カジーム夜話へのコメント

    ┏━━─━━─━━─━━─━━┓
     システム
      ̄ ̄ ̄ ̄
     【進化】フラグが立ちました。
    ┗━━─━━─━━─━━─━━┛

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     ところが、 フラグ回収が中々起きないというのが赤村の意外なところ(悪い意味で)
     フラグ立てすぎて回収忘れる恐れもww

    2019年8月11日 16:17

  • 第六部 第五章 第七話 カジームの宴へのコメント

     ヒューヒュー!おあついねぇ~!

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     一応恋愛話もあるんだよ……という赤村のガンバリ、見てくれましたかww

     そして、彼らの出番はしばらく無くなる訳ですww

    2019年8月9日 20:47

  • 第六部 第五章 第六話 魔人への進化へのコメント

     遂にアウレルも力を手にしましたか!にしても『生命器物』とはどんな力を秘めているのやら......

    作者からの返信



    コメント、いつもありがとうございます!


     今後、生命器物の登場が増えます。

     『そんな勇者』は伝説の武器系が少ないのでようやく登場といった形になります。お楽しみに!

    2019年8月8日 15:39

  • 第六部 第五章 第四話 要柱へのコメント

     いやーこりゃ新たな称号『契約勇者』とかいるんじゃないですか?w

     にしても『存在特性』とはすごいものですねぇ......非常に強大な力で様々な可能性がある。
     そういやライの『存在特性』って『幸運』と『進化』でしたよね?あれ「限界」「大聖霊」「契約」『進化』......おやおや?

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     さ、さぁ~て、ソイツハ ドウカナ?(震え声)

     そんな勇者の行く末はまだまだ続くんだぜぃ!(白目でww)
     

    2019年8月6日 22:02

  • 第六部 第五章 第二話 月光郷へのコメント

     傭兵街......また一悶着あるのでしょうか?w

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございました!


     トラブル勇者ですからねぇ……。何処から問題が飛んで来るのかがまた分からないんですww

    2019年8月5日 17:39

  • 第六部 第五章 第一話 解呪へのコメント

     メトラペトラは素直というか欲に従順というかw

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     何せ大聖霊様ですから自由ネコなんですww

    2019年8月4日 12:09

  • 第六部 第四章 第十話 限界の予兆へのコメント

     力の制限かぁ......早めに解決してほしいなぁ。友達を救えず後悔の念に押し潰されるなんてことはないと願いたい......

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     制限とは言っていますが、有事になればライがそんな判断など出来る訳もなく、結局はいつも通りに動く訳でして……。
     第六部の敵は強敵なのですが、それでも何とか異変は出ません。ライが苦難に見舞われるのは七部以降……今回はその布石としての話でした。

    2019年7月31日 16:49

  • 第五部 第五章 第十一話 また会う日ま…へのコメント

    いい終わり方でしたね……( ノД`)シクシク…

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ディルナーチ大陸編が結構長いのでまとめるのがまた色々ありました。

     そして、長い赤村のお話にお付き合い頂き誠に感謝しています!ありがとうございます!

    2019年7月30日 18:41

  • 第六部 第四章 第九話 束ねし力でへのコメント

    クローダーよかったなぁ

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     赤村は基本悲劇が苦手でして、出来るだけ悲劇を回避しています。代わりにライが負担を背負うことになる訳でして……そういう主人公なんです、彼は。

    2019年7月30日 16:26

  • 第六部 第四章 第六話 変革のかたちへのコメント

     いやーランカちゃんはツンデレ系かな?それともクール系かな?楽しみだぁ!

     あと「サザンシスの素性を知り殺されなかったのはこれが初めて」とありましたが前話辺りで「バベルが来て新たな掟を建てた」と仰っていました。そこから考えるとバベルは一族に勝ったということになり、殺されていないはずです。
     これはどういうことなのでしょうか?

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!

     バベルの件………赤村のミスですww

     修正致します。御指摘ありがとうございました。


     それはともかく、うゆさん……また新作をお書きになりましたか……。後ほどゆるりと堪能させて頂きましょう(ニヤリ)

    2019年7月27日 13:45

  • 第六部 第四章 第四話 暗殺者の纏装へのコメント

    五人がかりで一人に四人潰されておいて「その程度か」もないもんだろジジイ・・・
    まあ、この台詞を叫ぶのは大抵苦しいときの虚勢なわけですが(笑)(余裕があるやつはボソッと言う)(個人の見解です)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     す、全ては演出の為に……(白目)

     冗談は?ともかく、エルグランさんはまだ変身を二つ隠しています(嘘ですww)
     次回、エルグランの真の実力が明らかに!

    2019年7月25日 14:48

  • 第六部 第四章 第三話 闇星之眼へのコメント

     最上位の魔王を同時に5体相手にするのと同じってもう頭おかしいでしょ......

     というかライは精霊体にならないんですか?

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     結局のところ、今回の戦いは殺し合いではなく手合わせです。暗殺者一族なので殺し合いの印象はありますが、サザンシスは死を仄めかしてはいますが明らかな殺意は向けていません。その辺りは後に説明を入れる予定です。
     五人との戦いはサザンシスを凌駕した証明として必要なことになります。

     精霊体は次話で変化しますが実は戦闘特化ではなく力の幅の拡大です。次話をお楽しみに。

    2019年7月24日 12:12

  • 第六部 第四章 第二話 太陽を作った男へのコメント

    今のライが一対五程度で苛烈...?単純な戦闘じゃなくて、筆記テストとかかな?(笑)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ところがどっこい……といった展開になる予定です。巧く演出出来ていれば良いのですが。

    2019年7月23日 22:00 編集済

  • 第六部 第四章 第二話 太陽を作った男へのコメント

    来た!ついに戦闘パート!「暗殺」が生業だからなかなかに手強そう。

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     一応異世界ファンタジーバトルものなので、定期的な戦闘は必須ですね。悲しい話は苦手なんですが……今回は大丈夫ですwww

    2019年7月23日 20:18

  • 第六部 第四章 第一話 サザンシスへのコメント

     菓子折りで丸められる殺害依頼達成率9割の暗殺一族......かわいいかよw

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     『そんな勇者の物語』はこんな人達がいっぱいwww

    2019年7月22日 22:03

  • 第六部 第三章 第二十一話 宿命からの…へのコメント

     おいおいこりゃおもしれえじゃねえかよぉ!オラワクワクすっぞ!

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     フッフッフ……暗殺者一族サザンシス。その一族に驚くが良い!(白目)

    2019年7月21日 19:43

  • 第六部 第三章 第二十話 蜜精の森の盗賊へのコメント

    グダグダじゃねーーーか!www

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     好きです……グダグダww

    2019年7月20日 16:10

  • 第六部 第三章 第二十話 蜜精の森の盗賊へのコメント

    チン○!チ○コ!○ンコ!とか言いながら蛮族の儀式とか......流石は痴れ者......

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     滲み出る痴れ者加減こそ『そんな勇者』の醍醐味です(笑)

    2019年7月20日 16:58

  • 第六部 第三章 第十九話 スーパーリビ…へのコメント

    ちゃんと責任取りなさい笑
    何人でも笑

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     その辺りがチャランポランなのがライさんなのです(笑)

    2019年7月20日 09:58

  • 第六部 第三章 第十九話 スーパーリビ…へのコメント

     天井を高速で這い回る姿を想像するとなんとも気持ち悪いですねw

     スーパーリビドー勇者さんは戦闘面だけでなく性欲面でも成長なさるんですなぁw

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     主人公なのに完全な変態と化したライさんでしたwww
     普段は痴れ者止りでしたが……欲求不満と思い込みって怖いですねぇ(笑)

    2019年7月19日 12:11

  • 第六部 第三章 第十八話 幸運の勇者へのコメント

     各々の異変......どう響くのでしょうか......

     遂にあの数字がMAXに......

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     さぁ、数値が貯……溜まってしまいました次回は、『痴れ者回』になります!

     色々ダメな回ですのでお楽しみにwww

    2019年7月18日 17:20

  • 第六部 第三章 第十八話 幸運の勇者へのコメント

    「男ってのは大概馬鹿なんだ。自分で勝手に決めて勝手に突っ走る。」ここまで盛大なブーメランは久しぶりに見ました(笑)
    むしろ自分で自分をぶん殴るスタイル(笑)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     そうです。ライはしれっとそういうことを言うキャラですwww

     自分で自覚して発言しているのですが、飽くまで自分基準で言ってますから当て嵌まらない場合もあります。

     過去の例で言えば『男は皆、オッパイを求める旅人……』とかですね~(笑)

    2019年7月18日 17:16

  • 第六部 第三章 第十七話 真なる魔人転生へのコメント

    クローダーが大きな鍵となるんですねぇ......

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     クローダーが加わることでライは更なる成長を果たします。
     同時に試練も……。

    2019年7月17日 18:40

  • 第六部 第三章 第十七話 真なる魔人転生へのコメント

    アウレルだけが魔人になればエレナとの寿命差が・・・エレナの方も魔人になりたがりそうだなぁ・・・

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ロウド世界ではこういった事情が時折生まれます。ペトランズ側は半魔人が、ディルナーチ側は魔人が、加えてドラゴンや聖獣も稀に……。
     だから伴侶を失った後、子孫を影から見守ってる者も居ます。

     赤村はハッピーエンドが好きなので良い方向に話を持っていければと考えていますが……まだ未定ですね。

    2019年7月17日 18:35

  • 第六部 第三章 第十六話 戦士の涙へのコメント

     禁忌に手を出すのか......ライよ......

     っつてもライだったら成功しそうだなぁ

     追記:名前、ローマ字で前後に記号だとつけれないサイトとかあったんでしょうがなく平仮名になりました。
     赤村さんも「フラグの赤村」と、改名してみては?w

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     禁忌に手を掛けるライですが、もう少しだけ間があります。そしてまたこれもフラグです。
     フラグ立てまくってますから赤村、回収し忘れそうですww


     うゆさん、平仮名になったんですね。判り易くて良いかもです。


     追記

     フラグの赤村……それだと『カメラのキ○ムラ』とか、『世界のナベ○ツ』みたいなイメージが……www

    2019年7月16日 18:26 編集済

  • 第六部 第三章 第十五話 傭兵街構想へのコメント

     傭兵街ですか......なかなかに面白いですね!自分の見聞が狭いだけかもしれませんが、こういったアイデアは初めて見ました

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ファンタジー世界でしか通じないものですが、ならではのものを入れてみました。
     今後、どこまで発展するかは未定ですが……これもまたフラグです。 

    2019年7月15日 15:47 編集済

  • 第六部 第三章 第十四話 成金勇者へのコメント

     この世界では聖典が必要なのですね......私たちの世界にはネットなるものがあり、非常に便利です。

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     現代ではHDDなる祭壇とスマホなるポケット教典があるそうな……。

    2019年7月14日 12:16

  • 第六部 第三章 第十三話 ペトランズの…へのコメント

     にしてもライは一瞬で空気を変えますね。
    (あ、もちろんいい意味でですよ?いや、決して残念勇者だからなーとか思ってないですよ?決して。決して。)

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     残念勇者であることもまた個性……( ・`д・´)キリッ!

     作者としては時折勝手に行動されるので困ります(笑)

    2019年7月13日 11:52

  • 第六部 第三章 第十三話 ペトランズの…へのコメント

    お前らしさは脂肪かよ……→この場合、「俺らしさ」のほうが自然かと。ティム自身のことですし。

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!

     確かに御指摘のとおりです。早速修正しました。


     こういった、ミスというか認識不足というかは勢いで書いていたりすると結構気付かないものですねぇ……御指摘は大変ありがたいです。

     赤村ももっと精進しないと……。

    2019年7月13日 10:21

  • 第六部 第三章 第十二話 親友の変化へのコメント

     ライがマリアンヌに対してため口なのなんか変だなーw

     姿、形が変わっていたのはライだけではなかったのかw

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     マリアンヌへのタメ口は赤村も少し違和感ありました。でもまぁ、それもまたライのキャラなので慣れるまでの辛抱ということでwww

     ティムの激ヤセは時間経過の演出ですね~。一応三年も経っちょりますんで。

    2019年7月12日 17:10

  • 第六部 第三章 第十二話 親友の変化へのコメント

    誤字報告
    ×育て方を謝ると大変ですよ
    ○育て方を誤ると大変ですよ

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     誤字報告、大変助かります!感謝しますm(_ _)m

     アホな赤村とバカなガラホに因る相乗効果で誤字が減らないという悪循環……うぅむ、何とかならないものか……。

    2019年7月12日 17:15

  • 第六部 第三章 第十一話 兄 対 妹  へのコメント

    いや、努力して自分で身につけた技術なんだから高速言語はズルにはならんでしょう
    それがズルなら分身を使った鍛錬もズルになってしまう...(ライ以外には出来ないという意味で)

    作者からの返信

     コメント、ありがとうございます!


     全くもってその通りですwww

     しかし、マーナは三大勇者の中でも『魔力の勇者』ですので一応花を持たせた訳です。マーナもそれに甘えた、と……。

    2019年7月11日 21:38

  • 第六部 第三章 第十話 妹、来たる。へのコメント

    【悲報】蜜精の森終了のお知らせ part.123【自然破壊】

    .
    .
    .
    .
    .
    947 名もなき熊
    よそでやれ

    948 匿名希望の鳥
    何度言われたかわからん言葉だなwww

    949 通りすがりの兎
    950次スレよろ

    950 逃げ出す鼠
    了解〜まかせろ( キリッ

    951 隠れる蛇
    >>950
    (キリッじゃねぇよwwwよろ〜...逃げんなよ?w

    952 みなしご蜂
    いや、正直そろそろ逃げた方がいいんじゃね?妹の方テンション上がってるし、俺ら死ぬぞ?

    953 翁梟
    そうじゃ。おぬしら若いもんは逃げよ。儂らは森と運命を共にする...

    954 匿名希望の鳥
    長老...!

    955 隠れる蛇
    >>953
    >>954
    いや誰だよw長老なんて知らねぇよwww

    956 最強の土竜
    安心しろ!ドラゴンの俺が守る!

    957 名もなき熊
    お前モグラじゃねぇか!!!



    思いつきから調子に乗って書いてたらやめ時がわからなくなった(笑)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     蜜精の森だけに草生えるwww

     ロウド世界の魔物や動物達なら、そんな会話もしてそうですwww
     次スレは一体何が語られるのか……物語の進展次第(笑)。

    2019年7月10日 21:43

  • 第六部 第三章 第十話 妹、来たる。へのコメント

     しかし蜜精の森の穏やかな風は、伝説の再来と残念な超越者の手合わせにより一変し、吹き荒む風となるのだった......

     にしてもマーナの美女殺しとは一体......

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     美女殺し……それはどんな美女の顔も顔面崩壊へと導く悪魔の手……。
     つねり、引っ張り、鼻フックと多彩な……おっと此処までだww
     

    2019年7月10日 21:52

  • 第六部 第三章 第九話 モフ王降臨へのコメント

    来たよブラコンシスターが

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     登場当初より少し控え目の性格になる予定のブラコン勇者マーナさん……。一応、ヒロイン候補の一人です。

    2019年7月9日 17:26

  • 第五部 第五章 第一話 それぞれの地へへのコメント

    大分追い付いてきました
    何度もすみません、誤字報告です

    カグヤいつも誰かに力を使っているみたいですから……」ともう一ヶ所、カグヤとカグヤさんが入れ替わってしまっていました

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     誤字脱字報告、ありがとうございました!早速修正致しました!度々御迷惑をお掛けしています。


     以前のコメント返信にも書かせて頂きましたが、誤字脱字や御意見を煩わしいと思うことはありません。寧ろ感謝の気持ちでイッパイですので、遠慮なさらずガンガン来て下さいww

    2019年7月9日 17:16

  • 第一章 第二話 爽やかな?旅立ち へのコメント

    資金調達から頑張る勇者というのは斬新ですねー!
    大臣に誇れる国にして欲しいと言うあたり、本物の勇者の資質を感じました。
    フォローしてゆっくり読ませていただきたいと思いますー。^-^

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ギャグ多めの本作……ちょっと長いですが、呆れないようにしているので楽しんで頂ければ幸いです!

    2019年7月9日 13:08

  • 第六部 第三章 第八話 勇者の休息⑥ へのコメント

    ......服を買ってきてもらうとか、そのうち間違えてマリーさんのことを「お母さん」って呼びそうな気がする。このマザコンならぬマリコン勇者(笑)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     『マリコン勇者』……新たなライの称号に認定致しますww

    2019年7月8日 19:08

  • 第六部 第三章 第八話 勇者の休息⑥ へのコメント

    俺ももふもふしたい。(切実)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     次回、モフモフがイッパイ!モフ王降臨……お楽しみに!

    2019年7月8日 19:22

  • 第五部 第四章 第八話 隠密頭の誇りへのコメント

    何回か今話にクロウマルが出てきていますが、トビ達とは別行動なのでは?

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!

     度々のご指摘、本当にありがとうございます!大変助かっております!


     今回は結構重大なミスですね。

     クロウマル(訂正前)→トビ(訂正後)

     となります。訂正済みです。

     頭で解っていても結構こういうミスがあります。見直しもしているのですが、何とも情けない。

     今後とも皆様にお力添え頂ければ赤村も助かります。ありがとうございました。


     ※追記
     

     以前のコメントに書かれた問題点の指摘ですが、遠慮せずガンガン来て下さいww
     赤村はその方が嬉しいです。

    『そのストーリーは違うだろ!こうしろ!』というもので無ければ有り難くご意見頂きます。

    2019年7月8日 15:04 編集済

  • 第六部 第三章 第七話 勇者の休息⑤へのコメント

    いや、何も人間が作った物渡さなくても、装備品ならライが神具を作った方が早いし効果も桁違いに高いだろう...大事な人間を守るためならその選択は悪手じゃない?

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     赤村、作中に説明入れてないですね……申し訳ありません。


     ライの作製する魔導具・神具は殆どが魔法の射出器みたいなものでして……。


     ライが作製する魔導具・神具の一例は──


     ライ作製・剣(鉄)【《物質変換》、または一般流通品への《付加》】

     攻撃力 10~30(物質強化時70)

     耐久性 30(物質強化時150)


     対してエルドナやラジックの魔導具・神具は……


     攻撃力 70~200(強化済み)

     耐久性 300(強化済み)


     といった具合です。簡単に言えば元になる素材の質が違う訳です。

     素人が造る武器と名工が造る武器では全く効果が違ってくるのですが、ラジックは知人に熟練の鍛治屋が居て、エルドナにはエクレトル内にそういった部署がある。

     ディルナーチは名工の手による武器や防具、更に刀に適した玄淨石もあるのでまた微妙に違いますけど……。


     加えて魔法。ライは自らの魔法を《付加》していますが、エルドナやラジックは道具その物に刻み込まれています。
     この場合《魔法式消失》系統の魔法を受けるとライの武器は普通の武器に戻りますが、エルドナやラジックの武器は武器そのものの在る姿なのでかなりの確率で耐久できます。


     そしてライ作製の武器は、魔法威力が高い分武器を扱う側にも注意が必要ですが、エルドナやラジックは安全装置の様な機能も付けています。


     最も大きな違いは進化する機能ですね。

     エルドナやラジックの魔導具・神具の中でも一点物系は持ち主に合わせた作りになります。癖やバランスを学習し、更に自己修復や進化を行う。今回のライの竜鱗装甲アトラまでは行かなくても近い進化をする可能性がある訳です。
     流石に進化する道具までは今のライには作製出来ませんので依頼した方が良いと結論に至ります。

     魔法式はライから伝わりますので餅は餅屋に……勿論、小型でホイホイ造れないもの(後に出てくる空間収納庫)などはライの方が簡単に造れますし、通信機なども耐久性を気にするものでもないので一概には言えません。ただ、装備などは上記の事情で依頼した方が良い訳です。


     但し、作製には時間を要します。後にライは自らの作製する武器を更に強化出来るようになりますが、やはり個人ごとの装備はプロに任せるのが最適かと……。


     長文になりました……劇中に説明が足りず申し訳ありません。 

    2019年7月7日 11:33 編集済

  • 第六部 第三章 第六話 勇者の休息④へのコメント

    キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!! (言いたかっただけ)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ロウド世界には喋る道具が結構ありますww
     今後は結構登場すると思います。

    2019年7月6日 19:16

  • 第六部 第三章 第六話 勇者の休息④へのコメント

    鎧さんが進化かぁ......

    世界には色んな可能性があるんだなぁ
      うゆを

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     オッパイアーマーは男の夢なんだなぁ。

          うきょを。

    2019年7月6日 19:02

  • 第四部 第三章 第四話 カジーム防衛戦①へのコメント

    誤字報告です
    最後のところで、『育生された』となっていました

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     誤字報告、度々済みません。本当に助かります。
     赤村はこうして支えられています。本当にありがとうございます。

    2019年7月5日 17:47

  • 第四部 第一章 第六話 いざ、ディルナ…へのコメント

    着々と読み進めてます
    各話が読みごたえがあって嬉しいです

    誤字報告です
    一石一丁ではなく一朝一夕でしょうか

    (追記)
    うるさいなあと思われないかなというのと、せめて誤字報告くらいはさせてもらったほうがいいのかなというのとの間でせめぎあってますw

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!



     誤字報告、ありがとうございました!大変助かりました!

     慌てて書いていると一部カットした後で書き足したりとしているもので……似たようなミスがあるかもしれません。ご迷惑をお掛けします。
     元々間違って覚えていたり入力ミスだったり、後で修正しないといけませんね……。

     長いと思いますが楽しんで頂けて幸いです。ライの物語はまだまだ続きます!

    2019年7月5日 09:58

  • 第六部 第三章 第四話 勇者の休息②へのコメント

     MVP:「俺のオッパイカッチカチだけどいいの?」
     コメント:腹抱えて笑い転げましたw

     男は皆、エロに生きるのだよ......

     あとこんな話したあとに言うのも難ですが10万PVおめでとうございます!

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     そう……男は皆、エロに生きる旅人──。
     因みにライは平均男性に比べ1.5倍エロです(当社比)

     PV10万、寧ろ感謝しています!これも皆さんあってこそのもの……今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

    2019年7月4日 19:28 編集済

  • 第六部 第三章 第四話 勇者の休息②へのコメント

    当たり前と当然が混ざってるあたり理性の混乱が見える(笑)

    作者からの返信

     コメント、ありがとうございます!


     男はエロと理性との戦いだ!( ・`д・´)!

    2019年7月4日 13:25

  • 第六章 第一話 人狼へのコメント

    ここまできてタイトルの意味が分かってきました
    この先が楽しみです

    作者からの返信

     コメント、ありがとうございます!


     実はタイトルを考えたのは物語の結末を考えてからなんです。案外難しいですよね、タイトルって……。
     
     目立つだけなら『伝説の勇者の血筋なのに落ちこぼれの俺が最強うんたら~』にでもすれば良かったんですけどねぇ……タイトルも含めての物語にしたかったんです。
     

    2019年7月4日 05:15

  • 第六部 第三章 第三話 勇者の休息①へのコメント

     おっとぉ!ここで不吉なカウントダウン再来!このカウントダウン...悪い方に転ぶのか、良い方に転ぶのか......

     結果は言わなくても分かるであろう......

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     お、俺の台詞をぉぉっ!

      ……というより、既にストーリー展開が定着して読まれてちゃってますねwww

    2019年7月3日 18:31

  • 第六部 第三章 第一話 居城の朝はへのコメント

    不吉な数字が過ってますぜぃ......旦那ぁ......

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!

     フッフッフ……ソイツは崩壊へのカウントダウンだ……。

    2019年7月2日 21:34

  • 第六部 第二章 第十五話 竜の魂は廻るへのコメント

    また更新通知が来なくなっている...カクヨムさんの基準がわからぬ(`‐ω‐´)グヌヌ…


    まあ、男には住みずらい環境ですよねぇ...周りは美女・美少女ばかり。されどその悉くはライに惚れているとなれば、誰に惚れても失恋確定&身の置き場がないというね(笑)

    さらに、もしギシアン始まったら血涙流して心を閉ざすしかないという地獄(笑)

    作者からの返信

     コメント、ありがとうございます!


     あまりに的確で、思わずジュース吹きましたwww

     一応丸く治める結末を考えていますが、結構御都合主義になるかもしれません。チョロインの数は出来るだけ減らそうかと……。
     ライのキャラを考え、作中でのイチャコラは少なめになりますので御安心をww


     追記

     赤村もフォローや通知が外れたり、申し込んだコンテストが外れたりしたので運営に確認しました。
     帰ってきた答えは『アカウント乗っ取りの可能性があるからパスワード変えろ』でした。怖いので即行で変えましたが……システムやOSの問題かも。赤村、旧バージョンGoogleChrome使ってたので……。

    2019年6月30日 22:28

  • 第六部 第二章 第十六話 家主からの提言へのコメント

     なんだかルームシェア感あっていいなぁ~
     ライが壊れるぅ~?ぼくしぃ~らな~ぁい~のほほ~ん~

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!



     次回!『色魔王ライ』……いやいやいや、年齢制限変えることになっちゃいます(笑)

    2019年6月30日 21:11

  • 第六部 第二章 第十五話 竜の魂は廻るへのコメント

    ライ......頑張れ!

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     この場合、頑張ってしまうとハーレム城に……。

    2019年6月29日 23:53

  • 第六部 第二章 第十三話 別れと、再会…へのコメント

     なんというか......ライらしいですねw

     にしてもフェルミナとライの関係、こりゃ進展が期待...でき...る...?

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ライの場合、他者の感情まで飲み込んでしまうのでどうしても手を差し伸べる性分です。種族の違いも殆ど感じないので、より多くの者の心を救おうとする……その一例の話でした。


     恋愛に関しては、たまぁ~に織り込んで行こうかと……。

     キャッキャ!ウフフ!のイチャコラは、できるだけ劇中の外でやって貰おうかとww

    2019年6月27日 19:27

  • 第六部 第二章 第十二話 居住準備  へのコメント

    まったりしてますね~

    城の名前、ハーレム城でよくないっすか?w

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     実質ハーレム城になりそうではありますが、そこは『チェリー勇者』ですので環境に悶え苦しむことになりますww

     そして、一度壊れますww

    2019年6月26日 18:08

  • 第六部 第二章 第十一話 勇者、住まい…へのコメント

    『放浪勇者』ついに家(城)を得る。

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     いきなり城です(笑)
     一応、【英傑位】も特殊爵位ですから城住まいに……。

    2019年6月25日 18:16

  • 第六部 第二章 第十話 四体の大聖霊契約へのコメント

    遂に精霊格へと...!女湯覗き放題とは......ムフフ...ムフフフフフ......
    おっぱいは男のロマンです。

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     《千里眼》で覗き放題、精霊体で侵入し放題……なんですが、何ぶん言葉とは裏腹に『チキン勇者』ですので口だけですww

     行動を起こす日は来るのか……それもまた内緒の話(笑)

    2019年6月24日 17:56

  • 第六部 第二章 第九話 大聖霊アムルテ…へのコメント

    ライって大聖霊助けてばっかですよね?『お助け勇者』の称号新たに加えません?w

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     確かにそうですねww

     勇者としての信念や生まれつきの性分で大聖霊のみならず魔物や聖獣、魔王すら助けてますし『お助け勇者』の称号は相応しいでしょう。

     どこで与えるかはお楽しみということで(笑)
     

    2019年6月23日 15:27

  • 第六部 第二章 第八話 勇者への報奨へのコメント

    すっごく面白い。続きを待ってます。

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     喜んで頂けて幸いです!読む方に面白いと言って頂けるのが赤村としても一番嬉しいです!
     
     

    2019年6月22日 23:32

  • 第六部 第二章 第八話 勇者への報奨へのコメント

    続き気になる😊
    フェンリーヴ兄弟はどんな絡みするか
    これから楽しみです!!!!

    久々の帰還だから、ちょっとはゆっくりして欲しいなぁ〜

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     今後、妹マーナが登場します。兄シンはもうちょっと先になります。

    2019年6月22日 19:08

  • 第六部 第二章 第八話 勇者への報奨へのコメント

    そういや神衣って習得すると神格に近づくんですよね?ならもしかして......

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     神衣に至ると神格となりますが、飽くまで下級神の領域ですので万能ではありません。
     しかし、下級とはいえ神域に至れば戦いに関しては一線を画する存在となります。

     神衣の更に上は『真なる神格』があります。其処に至れるかは……物語終盤までのお楽しみに。

    2019年6月22日 18:17

  • 第六部 第二章 第八話 勇者への報奨へのコメント

    自分で建てる方が速いからって、建物ぐらい立てさせてやればいいのに。向こうの立場も考えてあげようね?(笑)
    まあ、まだ子供だからしょうがないんでしょうが...
    そのうち女の子からの差し入れとかがあっても「俺は食べなくても大丈夫だから孤児院の子達にあげて」とか言い出しそう(笑)


    誤字報告(?)
    最後は「再会」でしょうか?

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     誤字報告、ありがとうございました!助かりました!


     今回の建築関連は時間的な問題があった……と赤村は言い訳しますww
     はい。赤村、ライの行動は深い訳では無いと認めますww

     実際住まいを造るのに数ヶ月も待つと面倒ですから、短縮という考えです。森の中だと資材搬入や伐り出しもあるのですが、森は極力維持の方向にした訳です。

     因みに、結局住まいを造るのはライでは無いのでお楽しみに。

    2019年6月22日 15:31 編集済

  • 第六部 第二章 第七話 超常故にへのコメント

    ライって実力あるけど強者感あんま無いですよね。

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     それも『王道にして邪道』の一つですね。

     通常の俺TUEEE!だと主人公の立ち位置に結構疑問が出ますので、ライ君は知名度を極端に抑えた存在にしています。
     加えて穏便に済ませたり力を隠したりとしているので、とにかく目立たない。

     要は根が強者っぽくないだけなんですけどねww

    2019年6月21日 19:05

  • 第六部 第二章 第六話 旅立ちの原点へのコメント

    いいねぇ......

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     ようやくの帰還となりました!

     第六部はまったりしたような、慌ただしいような……そんな流れになります。

    2019年6月20日 21:17

  • 第六部 第二章 第五話 懐かしの我が家へへのコメント

    母ちゃん順応早いな!(笑)

    ライは纏装使わないと物理防御低いんですかね?それとも痛がってる演技...?

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     ライは纏装を解いても超人化してますので、本来なら鉄棍で殴られても『デコピン』程度のダメージしかありません。
     ところが、ギャグになると子供にすら負けますww

     これは理屈ではありません!物理法則や理論すら越えた純然たる痴れ者の成せる所業!

     つまり……ギャグは『考えるな!感じろ!』ということです(笑)

    2019年6月19日 17:47

  • 第六部 第二章 第四話 廻る魂 へのコメント

    ホオズキとトウカが双子ちゃんを抱えて寝る......この微笑ましすぎる絵どっかないですかね?w

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     書籍化すれば或いは……というのは儚い願望です。

    2019年6月18日 23:36

  • 第六部 第二章 第四話 廻る魂 へのコメント

    満足した死ならともかく、望んだ形の死なんて自己犠牲ぐらいしかないだろうに...

    作者からの返信


     コメント、いつもありがとうございます!


     ライの思考は『祈り』とでも呼ぶべきものです。

     作中何度も指摘されている『神ですら全てを救うことは出来ない』という言葉を理解しながらも理想を捨てられない。なまじ力があるから尚更に……といった状態です。

     思考の原因は前世が絡むので後々に語られますが、作者である赤村でさえも憐れに感じてしまう程に理想に翻弄されてますね……。

    2019年6月18日 12:32 編集済

  • 第六部 第二章 第三話 唱鯨モックディ…へのコメント

    30分後、そこには儲けのチャンスを失い呆然とする商人と土建屋の姿が!(笑)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     まさにですww

     ライが助力することはある意味経済を阻害することになります。しかし、それを自覚するのはまだ先になると思います。
     とはいえ今回はペトランズ大陸の四分の一が被害を受けた構図。アロウンの運営は実質『青の旅団』なので復興に時間が掛かることを考えると妥当ということで御許しを(笑)

    2019年6月17日 11:33

  • 第六部 第二章 第二話 ニースとヴェイツへのコメント

    何故か更新通知が来ていなかった......

    おにごっこってなんですか?

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     『鬼ごっこ』は追い駆けっこのことです。
     複数人の遊びで、鬼役の一人が皆を追う。鬼に触られた人は次の鬼になり他の人を追い回す、という無限ループかつ費用の掛からない遊びです。

     山田宗介さんの『リアル鬼ごっこ』とはまた否なるものですのでご注意を(笑)

    2019年6月16日 15:21

  • 第六部 第二章 第二話 ニースとヴェイツへのコメント

    師匠はいつか八岐大蛇みたいな負け方しそう(笑)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     実は一度やられていますww
     三百年前にバベルに封じられたのも酒が原因です(笑)

    2019年6月16日 12:33

  • 第六部 第一章 第十五話 離れていても…へのコメント

    今更イヤァァン!もねぇだろ師匠(笑)

    作者からの返信


     コメント、ありがとうございます!


     昔は気に入らないものがあると消し飛ばしていた大聖霊様は、すっかり痴れ者に毒された訳ですww

    2019年6月14日 19:47

  • 第六部 第一章 第十四話 バーユからの…へのコメント

    ルルナリアさんの胃が心配(笑)

    作者からの返信

     コメント、ありがとうございます!


     『胃痛天使』ルルナリア──若いのに大変です(笑)

    2019年6月13日 12:05