書道とは死ぬことと見つけたり(仮)

作者 タカテン

我が書は己の人生なり

  • ★★★ Excellent!!!

バカバカしいからこそ、書が持つ一瞬の輝きが浮き彫りになったような気もします。
『書道は昔から十秒あれば一点書けると言われている』
確かにそうなんですよね。
芸術でありながら躍動感にあふれ、その一瞬に人生をかける。
読み終わって「書道以外に当てはまるものは無いんじゃないか」と思ってしまうくらい、どっぷりハマってしまいました。

実は自分の母は書道の先生をやっておりまして、子供の頃から墨汁を一切使わせてもらえず、嫌な思い出しかないんですよ、書道には。
それは一生消えることはなく、書も書いてみようとは思いませんが、ちょっとだけいいやつに見えてきました。書道ってやつが。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

つとむューさんの他のおすすめレビュー 47