回る円盤

作者 リエミ

64

30人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 かつて、人は誰しもが赤ん坊だった。その時の記憶を、果たして我々はどこまで保持できるのだろう。この物語の主人公は、赤ちゃんだ。だから回る円盤を見ても、あれが何か聞くことはできない。ただ、「あー」という言葉が出るのみである。そして成長した赤ん坊は、幼子となり、再び回る円盤を目にする。
 
 果たして、回る円盤の正体は――?

 短編のため、さくっと読めますが、最後には温かな気持ちにさせてくれます。

 是非、御一読下さい。