シャツ

リエミ

シャツ


 シャツは、「自分はどうしてこんな人に着られているんだろう」と、納得がいきませんでした。


 シャツは、ショーウィンドーのマネキンに着られているのが、一番でした。


 華やいだ人通りから、たくさんの視線を集めていたのですから。


 今、シャツは試着室にいます。


 おばさんに着られて、鏡と向き合わされているのです。


 ちょっと太いおばさんは、シャツのボタンを引きちぎりそうです。


 シャツは、ショーウィンドーに早く帰りたくなりました。


 おばさんはボタンが頑張っているのを見て、買うのをやめました。


 シャツは店員の手に渡されて、おばさんから解放されました。


「よかったわね」


 と店員がシャツに言いながら、マネキンに戻してくれました。


 店員は毎日ここにいるので、どんな服とも以心伝心できるのです。




 シャツはまたショーウィンドーから、人通りを眺めていました。


 まだ、この人という人に巡り合えずにいるのです。


 その寂しい思いに、店員は気づいてくれていて、「あの人はどう?」とか「この人はあなたをきっと大切にするわよ」など言ってはくれるものの、シャツはどうも気が進まないため、ここに留まっているのでした。


 シャツは、自分は何を待っているのだろう、分かりませんでした。




 そんなある日、本社から店長がやってきて、店員に言いました。


「バーゲンと題して、みんな売ってしまいなさい。在庫一斉値下げよ。季節の変わり目だし、ちょうどいいでしょ」


 そこで、店内の衣類は、大きなワゴンに入れられました。


 ワゴンセールが始まったのです。


「ごめんね、みんな」


 店員は仕方なさそうに謝りました。


 店長に逆らったらクビになるので、シャツも店員を恨むわけには、いきません。


 そう分かった瞬間、シャツは「この人だ」と気がつきました。


 この人ほど、自分の思いをよく知る人間はいない、と分かったのです。


 シャツは喋れなかったし、ワゴンの中で客に手に取られながら、店員に想いを寄せるほかありません。


 店員も気がついてくれました。


 しかし、客に売るのが仕事でしたし、自分が買うというのは、ちょっと違う感じがしました。




 シャツはついに買われる日がきました。


 お金持ちのお嬢さんに、まとめ買いされたのです。


 お金持ちはだいたいケチですから、こういうことはよくあります。


 しかしお嬢さんは自分では着ずに、フリーマーケットへ持ってゆきました。


 買った値段に、少々上乗せした値段で売り始めました。


 ケチな金持ちの考えでした。


 しかし、シャツにとって、それはもっとも幸運な出来事でした。


 あの店員が、ちょうど通りかかって、よく見ていたシャツに気づいてくれたのでした。


「覚えている、シャツ」


 と店員はシャツに言いました。


「わたしは、あの店を辞めたのよ。きっと、あなたがいなくなったからね」


 そして、店員はお嬢さんから、シャツを買ってくれました。


「これからは、いつも一緒に生きてゆきましょう」


 と店員は言ってくれました。



 今、シャツは店員と一緒に、未来へ向かって歩いているのです。




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

シャツ リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画