コード

リエミ

コード


 ある日私は、自分の背中からコードが出ていることに気づいた。


 背中を鏡で見てみると、テープや接着剤で引っ付いている様子はなく、じかに生えているといった感じだ。毛のように。


 私はコードの先にあるべきものを探した。すなわちプラグだ。コードがあるなら、あるはずだ。


 しかしコードはただ垂れて、地面に伸びているだけで、その先は見えなかった。



 コードは延々と、どこまでも伸びていた。




 私は記憶を辿ったが、思い当たる節はなく、私はコードも辿ってあるいたが、その先も途方もないように思えた。


 しかし辿らなくてはならない。




 ドアにコードを挟みそうになって、急に私は怖くなった。


 これがもしも、医療器具のたぐいだったら、私は自分から抜けた時、死んでしまうのではないだろうか。


 私は恐ろしくなり、コードに気を遣って歩きながら病院を目指した。




 横断歩道を渡ったところで、後ろを振り返ると、車が幾台も私のコードの上を走っていく。


 私は冷や汗を出して固まった。


 息を飲んで見守ったが、じっとしているわけにはいかない。


 私は今まで無事だったことを不思議に思った。


 きっとまだ、私の知らない所で、私から伸びたコードの上を、何かが通り過ぎているのだろう。


 私は、自分の背中から出たコードを、見つけ次第、手に巻いてゆけばよかったとも思ったが、もう病院はすぐそこだ。




 自動ドアが、病院に入った私の後ろで閉まる。


 コードを挟まれた。が、私はもう慌てない。


 焦ったとして、何になるのだ。


 私は後ろ手に背中を押さえた。そしてコードを掴むと、後ろを見ずに歩き出す。


 コードは、押さえられた私の手により、私から外れない。


 ドアの間でするりするりと引きずられながら伸びてくる。


 そう、私についてくればいい。




 不思議だった。


 周りの人は私を見ても不審がらない。


 コード付き人間は珍しくないのだろうか。


 それとも、何かこれは重大な病気で、哀れんで見ないのかもしれない。


 だが、何食わぬ顔で私のコードを踏みつけて歩くのもいかがなものか。


 私の思いは複雑に絡んでいた。


 私のコードもこの先絡まっている映像さえ見えた。




 医者は私を見るなり笑みを見せた。


「大丈夫ですよ、そんなに悩まなくても」


 私はぽかんと医者を見つめた。


 気づいたらコードが出ているんだぞ、こんな奇妙なことなんてないじゃないか! そう怒りたかったが、医者は冷静に口を開いた。


「こんな相談を受けたのは初めてです。でも、あなたは心配しなくても平気です。体はどこも異常なく、丈夫そのものだ。気にしないで。では次の方!」


 医者は私の診察を終わらせた。


 私はあてにならない病院を出て、コードの続く限り、道を歩き続けようと誓った。




 コードは水溜りに入っても、ショートしないかとか気にしない。


 同じ所を何周も回っていたって、迷路に入ったと消極的にならない。


 私は目の前に伸びるコードだけを、ひたすら無心で追いかけていた。


 コードの先を見つけた時、意味を見つけられるだろう。私の体が何に繋がれているか、それが最も重要だった。


 人体実験、という言葉が浮かんで、すぐに振り払った。考えつめてもキリがなく、恐ろしさに溺れるだけだと分かっていた。




 私はコードに導かれて、ある大きな建物へ入って行った。


 中央に小さな機械と、テレビのような画面が置かれ、側にベッドが一台あった。


 小さなおじいさんが寝ていた。


 手にテレビのリモコンであろう、コントローラーが持たれている。


「よし、無事に帰還できたようじゃな」


 と、おじいさんが言って、コントローラーのボタンを押した。


 すると同時に、私の顔が右へ向いた。


 意思とは反対に、もう動かせない。


 何だろう、と思っていると、目線の先に柱が見えた。


 コンセントがあり、プラグが挿されている。


 見慣れたコードの色。私の背中のコードだった。


 ここが私の終着地点だった。




 おじいさんの手がコントローラーを動かしているのか、私の顔は左右にぶれた。


 視界にテレビの映像が映る。


 テレビの中にテレビが見える。そのテレビの先に、さらにテレビ。


 これは私の見る映像だった。


 私は察した。


 私はテレビカメラなのだった。


 ベッドに寝ただけのおじいさんは、私を動かす。


 私の顔が動き、体が移動し、視界に映る外の世界のすべてのもの。


 おじいさんは、それをテレビに映して眺めている。


 私を病院に向かわせたのも彼だ。


 私はカメラ。


 機械なので、医者もいらない。医者は私をからかったのだ。


「コード付きも、もう古い。そろそろ、電波で飛ばす時代じゃ。新しく造るかの」


 おじいさんはそう言って、私を動かした。


 私は柱に向かって動き出す。



 私が機械だとしたら、私の心はどこから来て、どこへゆこうというのだろう。



 私はそれを考えようとしたが、それより早く手が伸びて、コンセントからプラグを外した。


 私の視界は、暗闇となった。




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

コード リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画