眠れる塔の魔法使い

作者 小林礼

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全66話

更新

  1. 序章
  2. 第1話 囚われの姫君
  3. 第一章
  4. 第2話 知りたいけど知りたくないこと
  5. 第3話 欲望と無駄でまわっている世界
  6. 第4話 お妃選びは難航中
  7. 第5話 白馬じゃないとだめですか
  8. 第6話 荒野の賢人
  9. 第7話 復讐は蜜の味
  10. 第8話 それは心をえぐるような
  11. 第二章
  12. 第9話 竜は友を呼ぶ
  13. 第10話 帝国の使者
  14. 第11話 焼き加減はお任せで
  15. 第12話 第七師団はドラゴン教団
  16. 第13話 取引は公正に
  17. 第14話 放浪息子からの手紙
  18. 第15話 竜使いの皇女
  19. 第16話 恋とは別のなにか
  20. 幕間
  21. 第17話 黄金色の追憶
  22. 第三章
  23. 第18話 皇帝の愛娘
  24. 第19話 愛の形はひとそれぞれ
  25. 第20話 野心より重いもの
  26. 第21話 賭け事はほどほどに
  27. 第22話 末っ子の主張
  28. 第23話 かくして祭りの夜は更ける
  29. 第24話 黒の亡者
  30. 第25話 お礼の相場は半年分
  31. 第四章
  32. 第26話 取調室で朝食を
  33. 第27話 死に至る病
  34. 第28話 御前会議は踊らない
  35. 第29話 場所は選んだほうがいい
  36. 第30話 古いものには価値がある
  37. 第31話 半人前でも男前
  38. 幕間
  39. 第32話 雪の日の記憶
  40. 第五章
  41. 第33話 暇つぶしには困らない
  42. 第34話 風と炎と
  43. 第35話 夜更かしもたまにはいい
  44. 第36話 言いたいことは声に出して
  45. 第37話 月の綺麗な夜だから
  46. 第38話 一度怒ると後を引く
  47. 第39話 大人になったら一人で起きよう
  48. 幕間
  49. 第40話 見習い少年の日記
  50. 第六章
  51. 第41話 寝過ごしにはご用心
  52. 第42話 魔術師の弟子
  53. 第43話 お支払いは即金で
  54. 第44話 わりとなんでも凶器になる
  55. 第45話 神頼みより兄頼み
  56. 第46話 髪型が変わると印象も変わる
  57. 第47話 この師にしてこの弟子あり
  58. 第48話 押してだめなら壊してみる
  59. 第49話 男はいつでも格好よく
  60. 第50話 取り立て屋は地の涯まで
  61. 第七章
  62. 第51話 運の良さには自信あり
  63. 第52話 真相は闇の中
  64. 第53話 主役は遅れてやってくる
  65. 第54話 小さな違いが大違い
  66. 第55話 大事なことほど忘れがち
  67. 第56話 晴れた日は良いことが
  68. 第57話 春を待つ人
  69. 第58話 そして二人はいつまでも
  70. 終章
  71. 第59話 さすらいの王子
  72. 番外編 第七師団裏業務日誌
  73. 1ページ目
  74. 2ページ目
  75. 3ページ目
  76. 4ページ目
  77. 5ページ目
  78. 6ページ目
  79. 7ページ目、の行方