詩繍 ~昨日のように~

作者 橙 suzukake

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全180話

更新

  1. 君と僕
  2. いつだって君は
  3. 僕かい?
  4. 僕の扱い方
  5. 話したいことがあるんだ
  6. 初めてのまま…
  7. 夢でもし逢えたら
  8. 今年の秋も
  9. 君に誓った14個の「ない」
  10. 今度は君の番だよ
  11. お月さんを肴に
  12. 雨が降ったあとの夕焼けを知ってるかい
  13. 川岸のドライブ
  14. 二人でB面を聴きながら
  15. 僕は君に
  16. 失恋夜
  17. 20秒
  18. アイノコトバ
  19. 好き
  20. 天使なんていやしない
  21. クりカエす
  22. コレクトコール
  23. 風の強い日のサヨナラ
  24. 君へ
  25. もうひとつの「虹のひと部屋」
  26. 夕方
  27. これが映画だったら
  28. 君の色
  29. フルートの音
  30. 君を探すよ
  31. FUL(L) Course
  32. でも
  33. ほんとの さよなら
  34. Love Letter
  35. 君にkissするタイミング
  36. 美しい場所 素敵な時間
  37. 予感
  38. 覚悟しておいてくれ
  39. 伝わる
  40. 初夏
  41. ほっとどっく・ぷれす
  42. それだけ
  43. 今なんだよな
  44. アイスコーヒー
  45. 好き と言わない
  46. 僕に会いに来ればいい
  47. 考えても いいよ
  48. ♪ コン ココン ~This confession is does not matter~
  49. 一日の終わりとわかったこと
  50. 一日の終わりとわかったこと
  51. 無常 無情 無上
  52. 路上の人よ
  53. 末の詩
  54. それなら 生き抜かない
  55. ワクワクするね
  56. 名もない人
  57. かん
  58. ほかになにもなかったからか
  59. さびしさの重さ
  60. わかった顔してため息
  61. だから 僕は
  62. 不思議な所業
  63. 創造論でしょ
  64. 磨りガラスが僕に考えさせたこと
  65. ちょっと
  66. もしも、気分が滅入っているのなら
  67. 心に留めておける言葉
  68. 今がすべてではないのなら
  69. おまえが見タもの
  70. 詩を書いてみてはいかがでしょう
  71. 恵まれている国
  72. 鎧兜
  73. 朝焼け、まで ~映画「野獣死すべし」に捧ぐ~
  74. Evening Star
  75. 雲の上の月
  76. 月に行くのがかなわないのなら
  77. 普遍なるもの
  78. 僕ときみ
  79. 52曲目の78フレーズのララバイ
  80. きみの存在
  81. 傍らの君と戯れながら
  82. メリーゴーランド
  83. 今はまだクロニクルの君へ
  84. 君の見る夢
  85. 昨日のように
  86. 西の空 月の入り前の満月の光 降り注ぐ
  87. 昨日のように
  88. 俺の名前を呼ばない女
  89. 変わらなかったもの
  90. 惚れちゃいけないよ
  91. この二人は
  92. 僕が吐いた言葉を覚えていない理由
  93. You are
  94. 愛しさ
  95. だれのもの?
  96. 僕が煙草に火をつける理由
  97. 夜の雨は二人を隠してくれる
  98. この街と砂漠の中のオアシスの一日 <8行×4場面×2ヶ所=64行詩>
  99. 君の lx
  100. 熱風
  101. 港街 にて
  102. 春 - 鈴懸 -
  103. こんもり山の神社にて
  104. 春の初めに
  105. 春の初めに ~その後のふたり~
  106. 春のカプセル
  107. こぶし
  108. 黄色い小さな花を手に入れた日
  109. 春雷
  110. 春雨とその後
  111. ツバメのキモチ
  112. 夏 - 真菰 -
  113. 前から見た3分間の僕
  114. 太陽の下 オームの最後尾まで
  115. 梅雨前の真夏
  116. 水と煙草と電話と電信柱の影
  117. やさしい風
  118. 真夏
  119. コバルト色の海に暮らす
  120. 出来栄え
  121. 想夏
  122. 秋 - 銀杏 -
  123. 温泉場にて
  124. 坂道 越えて
  125. 初秋夜
  126. 夕陽と残像
  127. 素敵な風景 2019 秋の朝
  128. 旅の宿
  129. 冬 - 寒芒 -
  130. だいじょうぶ
  131. 白い時間
  132. 白い海
  133. 冬のかもめ
  134. キラキラ
  135. つきぬけたい
  136. いまの自分
  137. つきぬけたい
  138. 嫌いなんだ
  139. そっと そっと
  140. 日常の中の4秒
  141. こだま
  142. 痛み
  143. 99のBlues
  144. 日曜日の白昼夢
  145. その中間の人の一日
  146. ぼくは大人になった
  147. 全部隣の席の女の子♪
  148. 月曜日
  149. 火曜日
  150. 水曜日
  151. 木曜日
  152. 金曜日
  153. 土曜日
  154. 日曜日
  155. 見る理由と 見ない理由
  156. たとえ夜景の見えるレストランでフォークを握ったとしても
  157. さたでーないとふぃーばー
  158. 僕が初めて買うアルバム
  159. 前も後ろもライバル
  160. ちきしょう
  161. 僕の老い
  162. 土曜日の東京
  163. 大人の僕は
  164. 2018年の遺言
  165. 僕の一年の計
  166. 僕に足りていないもの 足りているもの
  167. 洗いざらしの髪のままでいられたら
  168. 彼女は天使だった
  169. 小さな決意
  170. いんすぱいあ
  171. どこかで だれかが
  172. 僕は ずいぶん泳げなかった
  173. なごり雪とホテルの一室
  174. 同類項
  175. それは 真の安らかさ
  176. 何のせい?
  177. 悪魔さん、いらっしゃい!
  178. 「ワールドアパート」を聴いて
  179. I am
  180. こんなの
  181. カラス
  182. ライター
  183. 僕の目
  184. 約束
  185. 結び