海のdoll

作者 水菜月

少女と女性の中間にある、危うく儚く、でも生命の鼓動を感じる物語。

  • ★★ Very Good!!

『はるかかなた』なんて言葉遊びをしている内は、出会った頃の雨音さんの散文詩的な独特の世界観かと思っていた。
ところがどっこい、際どい、でもけして下品ではない、綺麗事では片付けられない愛の世界が描かれる。
主人公が18歳という、少女と女性の中間にある年齢で、迎合することを良しとしない性格なのが、この物語の肝のように思える。
つまびらかになっていく、『普通』とは言えない愛の形。
情景に『海』が強く感じられ、何だかセンチメンタルな気分になる。
愛の形はけして美しいとは言えないが、情景によって美しい物語に仕上がっている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

文章に、物語に、圧倒されて呑みこまれるなんて、久しぶりのような気がします。歌うたいの夕映、彼女を見つめる遥果、ふたりと繋がる奏多、三人のそばにはきっと、いつでも海がありました。歪で、怖くて、気持ちが… 続きを読む

圭琴子さんの他のおすすめレビュー 77