ずっと見ている

作者 海野しぃる

きっと、君が望む通りの怪異だった

  • ★★★ Excellent!!!

首吊り死体と目を合わせた少女がとり憑かれてしまう、ホラーの短編です。

見る事には、希望がこもるものです。
恐ろしい影に怯える時には、その正体を、その脅威を破る術を見出だそうとします。
そして、怪異から逃れたいという願いは、怪異を確かな存在だと信じるからこそ、成り立ちます。

だとすれば、少女を見るソレは、彼女が望んだ怪異だったと言えるのかもしれません。
しかし、そんな本末転倒は、本当なら彼女の望みではないはず……さて、恐怖に駆られる心というのは、どうして生まれるのでしょう?

貴方が望む答えは、この掌編に潜んでいます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

平山一重さんの他のおすすめレビュー 52