アゲイン 高校の同級生が、ペットショップで売られていました。

作者 柳なつき

ディストピア世界のいびつな純愛

  • ★★★ Excellent!!!

ペットショップで高校の同級生が売られていた。

この小説の最初の一文です。
ここに出てくる日本では、人が多すぎて一定の基準を満たさない人間は「ヒューマン・アニマル加工」をされて、人犬や人猫などの愛玩動物になります。
主人公は高校時代に自分を苛めていた少女が人犬になってペットショップで売られているのを見つけて、30万円で買うのです。
そこから始まる二人の生活。
人の心の機微がとても細かく描写されていて、気がついたらぐいぐい最新話まで読んでしまいます。

テンプレものではない新しい小説を読みたい方は是非、読んでみませんか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

和久井 透夏さんの他のおすすめレビュー 271