正しいブラジャーの、すすめ

作者 笛吹ヒサコ

167

60人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 わたしの同志よ。小さいから……と、適当なモノを、その身に着けていないか?
 一方、大きすぎて……と、羨ましすぎる貴女、デザイン重視でサイズの合わないモノを着けていないか?

 そのどちらもが、将来の自分の体型を、美しくなくしてしまうことになりかねない……と、警鐘を鳴らしてくださるエッセイを見つけた。
 世の女の子たち、この事実、知っていたか?

 そして、タイトルにつられて、踏み込んでしまった、これに浪漫を求める、そこの男性諸氏、男子諸君。
 貴方たちの望んだ展開ではないかもしれない。でも、知っておいても損はない。そのうち、これのたいせつさが痛いほど解る時が来るだろう。

 わたしたち女子は、そんな貴方の浪漫を護るために、いっぱい努力をしてるんです。

★★★ Excellent!!!

すげーエッセイを読んだ……。
当方、名前の通り男性ですが、知らんことしかなかったぞ。義務教育で教えろよ。

知ってるのと知らないのとじゃ大違い。女性もきっと、発見があるはず。巨乳貧乳関係なし。何なら無乳の男も読んどけ。
おっぱいを愛する全ての男性と、おっぱいを保有する全ての女性に読んでほしい一作。

いつか古文とかの授業で扱ってほしいよね。そんな名作ブラエッセイでした! 

★★★ Excellent!!!

と思って読み始めました。男です。

それなりに知識があるとは思っていましたがそれでも驚きの連続でした。でも自分自身には全く活かせません。軽々しく教えてあげることもできません。どうするんだろう…

自分に娘が出来たら全力で配慮しながら知識を分け与えたいなと思いました。どうやって?

結論としてはとりあえずお店に行けばいいと言うことみたいです。一生ものの自分の体を守る物にお金をかけないほうがおかしいのでしょう。たぶん。

フロントホックとか他の種類の話を読みたいです。

★★★ Excellent!!!

「お前はまだ、ブラジャーの何たるかを知らない」

 人差し指の先端を眼前に突きつけられ、鋭い眼光で射抜かれた気がした。

 ――た……たしかにッッ……!!!

 確かに僕(男性)はブラを付けたことはない。
 そして、僕自身、それほど真剣にブラの真実について、向き合ったことは無かった。僕は干上がった大地に膝をつき、項垂れた。

 下着売り場の前をちら見しながら通っていても、アニメ作品の中のキャラクターのブラ姿をサービスシーンとして摂取していても、妻や家族の下着がぶら下がっている物干し竿を見ても、高校生時代や大学生時代に「◯◯は△カップらしいぜ」とその大きさを主題とした会話に興じていたとしても、僕達は余りにブラに無知な知的生命体だったのだ。

 そして、そんなブラについて、誰も、僕達にきちんとした知識を教えてくれはしなかった。与えられぬものは、自らが飢えていることにさえ気づかぬものである。渇きを潤してくれる瑞々しい情報があることも知らないのだ。

 僕たちにとって、このエッセイは未知なる存在『ブラジャー』への啓示《レベレーション》なのだ。

 さあ、貴方も、笛吹ヒサコさんの奏でるメロディーに乗って正しいブラの世界へと導かれるのだ! きっとそこには正しいブラの理解がある。

――――――――――

 まぁ、何はともあれ、アレですよ。
 わかりやすいし、読みやすいし、エッセイとして楽しんで読めます。
 「へ〜、そうなんだ〜」ってね。
 男の人にも女の人にもオススメですっ!


★★★ Excellent!!!

女性向けに書かれた文章なのかもしれないですが、ぜひ男性も読むべきだと思いました。普通に暮らしていたら知らないだろう、ブラジャーの知識を大量に得ることができる雑学集みたいな感じで楽しく読めます。とくに、女性との関わりが少ないそこの男子(私もだが)!これを読め!

★★★ Excellent!!!

常々女性は大変だなあと思っておりましたが・・・。
ブラジャーひとつとっても真理が存在するのですねえ。
少しでも多くの女性がご自分のおっぱい+ブラジャーの関係と正しく、さらにはできるだけ楽しく向き合えますよう祈らずにはいられません。
笑顔のおっぱいが増えますように。

★★★ Excellent!!!

男性諸君、ここに最高のものがあるぜ!この作品はブラジャーや女性の胸に関する知識がぎっしり詰まってるんだ!男では絶対知ることが出来ないし、知ろうとすると不審者の目線がおまけされるであろう現代だが、これを読めば大体わかっちまうんだぜ!読まないのはあまりにも勿体ないとは思わないか!?

と変な紹介をしましたが、書いた通りです。男性には分かりにくい女性の下着事情など分かりにくい部分を教えてくれるとても素晴らしいものです。作品にリアリティーを追求する人にこそ読んでほしいです。

★★★ Excellent!!!

別の作品を読了した際に、オススメに出ていたので気になって読んでみました。
オススメのお店とかが載っていたりするのかな〜と思ったのですが、そうではなくて、小学校で女子だけ集めて性教育やるときに習うような基本的な知識が多かったように思います。
何にしてもそうですが、基本って大切だけど全部は出来てないものだな……と。女の身でも知らないことが意外とたくさんあって、いい作品に出会えたな、と思います!
全ての世代の方が読める知識。

★★★ Excellent!!!

知っているようで知らないブラジャーの話。特に小説に出てくるときはもう、単純に性的魅力のシンボルとして扱われがちですが、ブラジャーを必要な身体をもって生活している女性たちにとってはそれどころではありません。
だって、日々の生活の中で、きゅうくつだったり、ジロジロ見られたくないな、と気にしたり、なんとなくいやぁな気持ちになったり……それこそ肌に直に当たるものですから、実は影響多大です。

まず!
何よりも!
あなたの体のための、あなたのためのブラジャー選びって、すごく大切です。そんな心の叫びが聞こえてくるようなエッセイ。とても良い手引きだと思います。

★★ Very Good!!

あまり頓着していなかったので、バージスラインというものも知らなかったです。
何となく支えれていればいいってものじゃないんですね。
カップが合ってかわいければいいや、って思ってたのが恥ずかしいです。。。

今度ブラを買う時はちゃんと店員さんに確認して、自分に合ったものを選びたいと思います。