飢え

作者 佐藤佑樹

それは私から分かち難いもの

  • ★★ Very Good!!

 考察なんて大したことは出来ないので私の感じたままを記します。

 没頭すること。繋がること。
 満たすことを試みる。
 それは試みではなく波打つ心に流されているだけ。
 流れゆく先にあるのは拒絶。
 それでも渇きのまま男は行く。
 砕けて沈み、染みとなるまで。

 繋がりという白い糸が見えるのは、空が黒く塗られたから。
 温もりが得られるのは、ただ夜が冷たいから。
 たったそれだけのこと。  

 それでも満たされれば幸福を覚える。

 それはまさに、これが飢えだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

世楽 八九郎さんの他のおすすめレビュー 35