飢え

作者 佐藤佑樹

ポール・オースターとヘミングウェイに似た読後感。

  • ★★★ Excellent!!!

モノクローム、かつ、一筋縄ではいかない世界観にハードな文体。
一言で言えば格好良い。
二言、三言は、私の筆力では蛇足にしかならない。
格好良い小説。
これで充分にして、完璧といえるだろう。

文学が好きと自認し、他言している人は、一度本作を読むべきである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

茨木摂津さんの他のおすすめレビュー 7