彼女が魔女に着替える時

作者 冬村蜜柑

恋の味はスイーツのように甘く、ときに紅茶のように苦い。

  • ★★★ Excellent!!!

「魔法」やら「ダンジョン」やら、「今どきのラノベ」っぽい要素が出てきますが、そんなことは全くなく。
むしろ、「古き良き時代の王道ファンタジー」でした。
時代設定も「古き良き時代」だったんですけど、ねぇ…。(意味深

それでも少年少女の恋物語は、熱く、熱く燃え上がるものです。
そう、それはまるで炎のように…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

並木坂奈菜海さんの他のおすすめレビュー 43