県知事様はライトノベルが書きたい

作者 崩紫サロメ

神ではないものを神であると思い込んで崇める

  • ★★★ Excellent!!!

 ライトなノリで展開されるスレイマンさま(覇者として超ヤバイ)とイブラヒム(すっげー雑に言うと諸葛亮)のラブラブちゅっちゅ(物理)をにこにこと眺めていたのですが、後半にいきなり出てきたこの言葉で刺されて、ええと、何と言うか。

 その落差で爆笑しました。
 いやっ、そのっ!?

 自分はイスラームに明るくなく、コーランの向こうにいる人々の顔があまり見えません。だからコーランの「アラビア語のみで書かれるべき。その言葉を一字一句違えぬためにも。外国語で書かれたコーランは、ただの解説でしかない」と言うメンタリティの厳正さに心打たれつつ、そうでもしなきゃ弱い人間の解釈はどうしても揺れちゃうよねーと思い、とは言っても守るのってきつくね? 辺りで考えが止まっていました。

 けど、このお話を読んで、あーまぁそりゃイスラームの人びとも人間ですしねー、と胸をなでおろす感があり。神より賜いし法と、人間たちが実際に暮らしてゆくにあたって布かれる法とには、違いがあってこそしかるべきであります。また、人の法は決して絶対化されてはいけません。常に相対化がなされるべきなのです。

 絶対化って嫌いなんですよ。自分の絶対化もそうだし、他人の絶対化もそう。どちらにせよ「相手」の尊厳を踏みにじる行為です。同じような感じで、宗教にも「何か特定のものを絶対化させる」要素を感じて違和感を覚えていたりもしたのですが、上記の言葉を受けて、はっと気づくものがありました。

「見えない何か」を絶対化させることは、見えるあらゆるものを相対化させることに繋がります。そう認識すると、信仰、つまり大いなるものへの無制限の愛を抱くことで、人と人とが労わり合い、慈しみ合う、あるいは合わない人に対しても極端な否定拒絶を示さず、一定の理解をし、尊重する、ということができるようになるのかな、とか、そんなことを思いました。

 以上の思考を、一言に集約致します。

 にゃーん。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

ある国の歴史を読み解く上で、その国の文化と思想を創り上げているものを知る必要がある。大抵の場合、それは宗教だ。イスラームの教えは日本人には馴染みが薄く、なかなか理解し難い。それを分かりやすく、ちょっ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 先に『羅針盤は北を指さない』を拝読していたので、とてもクールに決め込んでいたスレイマン様の意外な初々しいお姿に、常ににやけてしまいました。

 内容は、学校に通ったことのない王族である県知事スレイ… 続きを読む

浪間丿乀斎(旧名0516)さんの他のおすすめレビュー 76