超世界転生エグゾドライブ -激闘!異世界全日本大会編-

作者 珪素

492

173人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界世界へと飛び、その世界を救って勝者となる。異世界転生を利用した壮大な人生ゲームとも呼べるシステムであり、様々なチートを駆使して対戦者と壮絶なぶつかり合いを繰り広げる様は熱いの一言に尽きます。
世界を救うか、敢えて世界を破滅させるか。二択の選択がありますが、それを是とするか否とするかは作品のキャラクター達の間だけではなく、読者達の間でも賛否両論が起きそうな気がします。
どちらもチート、そしてチート同士の思考を先読みする新感覚の人生ゲームバトルの行方が気になります。
一味代わった異世界転生を見たいという方は、是非一度こちらをお読み下さいませ。

★★★ Excellent!!!

冒頭のトラックによる轢き殺しはかつてない程の驚きを私にもたらした。競技化したトラック転生による世界の救済の設定は上手くできており、主人公同士の持ち札であり切り札であるチートSkillの切り合いは熱さを感じるほど気持ち良い。
主人公であるシトの一手一手も理解しやすく、様々なチートを持ってこれかみ熱く逆転してみせるのであろう。

異世界への干渉及び世界救済を子供ですら遊べる競技にするという倫理的問題にも取り組んでおり、主人公達の葛藤なども描かれている素晴らしい作品である

★★★ Excellent!!!

苦手なんです、異世界転生。
「転生したら最強に?転生したら幸せに?そんな訳あるか―――ッ!!!!!」
などと思ってしまう性質でして。
そんな私がニタニタしながら読みきった今作。
コロコロのような少年誌のノリで展開される異世界転生バトル!
独特の用語やリアクション過多がお馬鹿で笑え、同時に主人公の父の行方や競技に現れた謎の連中が気になり先を読み進めたくなる作品です。
デート回などにやにやできる部分もあり。
今後の更新も楽しみです。

★★★ Excellent!!!

スカンダリゾア、空想テラー、異修羅(とTwitterでやっている珪GO)の著者の珪素さんがッ!!圧倒的な構想力と描写能力でッ!!異世界転生とホビーアニメの頭の悪いテンプレ展開をッ!!逆手に取りまくり軽快に描くッ!!異世界転生大好きな人もッ!!異世界転生テンプレ乙wwな人もッ!!ホビーアニメ大好きな人もみんな楽しめるッ!!このままノリで書籍化させちまおうぜッ!!

★★★ Excellent!!!

 超世界転生の筐体があったらしたくなる。そんな小説です。
 異世界転生を娯楽として消費する世界。
 今では数多くみられるようになった異世界転生小説とそれらを娯楽と消費する人たちへの風刺と思いきや、この話は素直なホビー販促小説とでもいうべき作品なのだ。
 最初は王道から少し外れた世界に絶望したクール系主人公と見せかけて熱い魂と希望を胸に生きていることが判明する主人公シト。
 そしてホビーであるはずの異世界転生で現実に牙をむこうとする悪しき転生者たち。
 そうだ、この光景を我々はコ◎コ◎コミックやなんやで見たはずなのだ。
 小説の技術読本でも語られ、多くの人が至ることのできない新しい組み合わせにして見慣れた王道という地平に、この作品は到達したと言っていいと思う。
 そして、これからの展開もまだまだ目が離せない。
 これは凄い作品に出会ったと思います。

★★ Very Good!!

多くの人が言う通り異世界ネタをメタ的設定として扱っている着眼点もさることながら、シンプルにスタートから熱さが伝わってくるのもワクワク感が伝わりました。

★★★ Excellent!!!

誤解を招く事は避けたいが、敢えて前提として申し上げておきたい。
本作は、所謂『転生チートハーレム成り上がり物』を真っ直ぐ読めない人ほど楽しめる作品である。

我々があれらの作品を読んだ時に『おかしいでしょ』『いやいやいやいやwww』『そんな設定どっから沸いてきたw』と思わずツッコんでしまう点が、全て『大衆娯楽向けショービジネス+体験型競技として整備されたゲームのシステム』であったなら。

コロコロコミックのホビー販促漫画等の様に、その競技に人生を賭けているやたら熱い人達が作中の仮想体験世界で『意図的に発動させている競技上認められたシステム』であったなら。

この作品に触れた瞬間、僕らが有象無象のチーレム作品にツッコんでいたその心境そのものが、作者様のチートスキル【後付設定(サプライズ)】によってひっくり返るのである。

★★★ Excellent!!!

タグを見れば分かるのですが、本質的にこれ転生物じゃありません。ホビーアニメやホビーマンガの類です。けれどネットで形作られた共通認識としての異世界転生をホビー部分に組み込んでいる。つまりホビー物の持つ説明の要素を削りつつ、新鮮な驚きをサプライズする・・・・・・ まさしく怪作と呼ぶにふさわしい。

★★★ Excellent!!!

え、マジで。
紹介文からどんだけ人を引きつけるんだ、チクショウ。
と書き手として感心しました。
著者の作品に触れたのは初めてですが、この勢いのまま読者を掴んで離さなければ、
(私の勘でしかありませんが)書籍化待ったなしでしょう。
いろいろなカクコンの作品を読んでは、はぁ……と溜息ついてきましたが、この作品には熱があります。
ぜひ書き上げてください

★★★ Excellent!!!

このお話が生まれた瞬間、全ての異世界チート転生というジャンルに革命が生まれたことは間違いない
もうこれからは神が死んでしまった人にチートを与えてちやほやしてくれる世界を与えてくれるのではない。WRAがデパートの玩具・ゲームコーナーに死んでしまった人にチートを与えてちやほやしてくれる世界を提供し、お店の人がレジでお会計をしてくれる時代がやって来たのだ!!

でもこのお話の舞台には、やはりホビー漫画物には付き物の『陰謀』が蠢いているようだ……今後も楽しみにしていこう