呪われた龍にくちづけを 第一幕 ~特別手当の内容がこんなコトなんて聞いてません!~

作者 綾束 乙

ハラハラドキドキ、えっ、ちょっと待ってください! 英翔さまー!

  • ★★★ Excellent!!!

優れた著作物には読者がハマるという瞬間が存在すると思うのですけど、この作品において私にもその瞬間がありまして。
読んだ時に「うわっ、ハマった! 今ハマった!」と自覚しまして、こんなことがあるのかと。ああ、やっぱりすげえよ綾束作品となりました。
とても多くの読者に愛されるシリーズでお読み頂けば多分次作、その次と読みたくなることは間違いないと思います(現在シリーズ第3作連載中です)
ストーリーは主人公明珠が蟲を使役して財をなした蚕家に奉公に出るところから始まります。
ご主人の英翔さまがお可愛らしかったり、季白さんが恐ろしく冷たい人だったり、張宇さんが物凄く甘ーい人だったり(ある意味笑)、明珠も色々あるんですよ。
もうね、心臓がドキドキですよ、明珠は。(そして私も……)

「お前ら全員破廉恥だーーーー!!」
(心の叫び)

とても読みやすく、分かりやすいストーリーなのでお勧めしたく思います。文章もとても綺麗です。
たっぷりと堪能出来る充実度ですので、シリーズ合わせて秋の読書にいかがですか😊?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

奥森 蛍さんの他のおすすめレビュー 516