呪われた龍にくちづけを 第一幕 ~特別手当の内容がこんなコトなんて聞いてません!~

作者 綾束 乙

43

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

少女向け小説らしいヒロインが元気いっぱいに物語を展開していきます。10代らしいドタバタ感がありつつ、文章は心情や風景を丁寧に捉えていて、自然と引き込まれていきます。
中華ファンタジーですが、後宮系のような複雑さはなく、ファンタジーの世界観もイメージしやすい表現です。
クセもなく読みやすいので、ファンタジーを読んだことのない/あまり読まない方におすすめします。

★★★ Excellent!!!

主人公を取り巻く男子たちが皆個性的で楽しくて、ぐんぐん物語に引き込まれていきます。蟲を召喚してあちこちに色んな蟲さんたちが出てくるという設定も面白いです。蟲の描写もとってもリアルでそれぞれユニーク、読み物で良かったと思うのは私だけでしょうか。


私個人的には、乙女憧れのシチュエーションが盛り沢山でときめいてしまいます。例えば、お姫様抱っこ率高いです、この作者さま。「雇われ医師」のヒロインもそういえばよく抱っこされていました。横抱きの他は……主人公、あんなコトもこんなコトもされてしまいます、キャー!これ以上はとても話せません。実際お読みになってときめいて下さい。

★★★ Excellent!!!

読みやすい文体で、すぐに物語の中に入り込んでしまいます。それぞれの秘密が読者にはわかるように描かれていますが、キャラ達はわかっておらず、その姿にハラハラ、ワクワク、きゅんきゅんとしました! 少しずつ読もうと考えていたのが、最後まで一気に読んでしまいました! まだ、未読の方は是非とも御一読を! 

★★★ Excellent!!!

とにかく面白くて、一気に読んでしまいました。

明珠は奉公に上がった実父の家で、英翔と出会います。
英翔を弟だと思いながらも、呪いを解こうと触れてくる英翔に心惹かれていく様がとても可愛らしいです。

読み進めるうちに、なんとなく解けてくる謎もありますが、呪いをかけたのは誰なのか、まだ読み手にはわからないまま。
敵の正体、解呪の方法、恋の行方などなど、これからどうなるのか楽しみで仕方ありません。