女医の一念に人々は変わる

心に傷を負った女医のレティシアは両親の訃報を知らせるためにローマにやって来る。
そのとき、不逞の輩に襲われて……助けてくれたのはヒルベウス。
意外な関係を知らされたレティシアはヒルベウスの庇護下に置かれる。

気が付くと惹かれ合う二人。
しかし身分の差はどうにもならず、真に受けてはいけないと言い聞かせるレティシアと、どうにも気持ちが伝わり切らずにヤキモキするヒルベウス。

そこに現れる因縁のある異母弟。
兄妹同士の確執。誤解にすれ違い。そこに来てレティシアが攫われる羽目に。

時に、お願いだからジッとしてて! そんなことしたらヒルベウスが誤解するから! 心配するから! とハラハラする一方で、その強い信念に従って行動するレティシアに惹かれて行きます。

甘々だけではありません。ハラハラもありながら強い一念に貫かれた物語。是非ご一読を!

その他のおすすめレビュー

橘紫綺さんの他のおすすめレビュー106