🌻倩囜にいけるC++蚀語入門🌻 ver0.61

䜜者 @solarplexuss

1話目から読む

新芏登録でもっず䟿利に

ナヌザヌ投皿䜜品やKADOKAWAの人気䜜品をもっず䟿利に読めたす。

閲芧履歎

どこたで読んだか忘れおも倧䞈倫。自動的に蚘憶しおくれたす。

曎新情報

「フォロヌ」した䜜家・䜜品の曎新情報がメヌルで届きたす。

マむペヌゞ

奜きな䜜品を管理できる、あなた専甚の本棚ができたす。

必芁なもの

ナヌザヌ登録無料に必芁なのは、メヌルアドレスだけ 登録は簡単です。

目次

連茉䞭 å…š265話

曎新

  1. ハロォ C++蚀語入門の䞖界ぞ
  2. 統合開発環境Visual StudioではC++蚀語を぀かっおプログラムを䜜補するこずができたす
  3. 統合開発環境Visual Studioを自分のパ゜コンに導入しおみたす
  4. ぶヌにゃんのブロマガを参考にしながら統合開発環境Visual Studioを導入しおみたす。ずっおも簡単です すぐにC++蚀語を䜿っおプログラムを組み実行できるようになりたす
  5. Hello,World!を衚瀺するプログラムを゚ディタ画面にうちこんでみたしょう。
  6. コマンドプロンプト画面にプログラムの実行結果は衚瀺されたす
  7. プログラムは半角英数字で打ち蟌んでください
  8. コンパむラっおなんでしょうか コンパむルっおなんでしょうか
  9. プログラムずは呜什文の集たりなのです。
  10. たずはコマンドプロンプト画面に文字列を衚瀺するずころから始めおみたしょう
  11. cout <<を぀かっおコマンドプロンプト画面に文字列デヌタを出力衚瀺するこずができたす
  12. cout <<を぀かっお いろいろな文字列デヌタをコマンドプロンプト画面に衚瀺しおみよう。
  13. ï¿¥nぱスケヌプシヌケンスの぀で文字列を改行しおコマンドプロンプト画面に衚瀺させるこずができたす。
  14. 文字列デヌタを改行させおコマンドプロンプト画面に衚瀺させおみたしょう
  15. //や/* */をもちいおプログラムに圱響を䞎えないようコメントを蚘述しおみたしょみよう
  16. cout<<のいろいろな䜿い方をマスタヌしおみよう
  17. cout<<を぀かっお"文字列デヌタ"a"でなく文字デヌタ'a'をコマンドプロンプト画面に衚瀺しおみたしょうよう
  18. cout << 'a'; ずcout << "a";はコンパむル結果が同じにみえたす。 䜕がちがうのかな
  19. ゚スケヌプシヌケンス¥nを䜿っおコマンドプロンプト画面に改行しおデヌタを衚瀺しおみたしょう。cout << "a"<< "ï¿¥n" ; は cout << "aï¿¥n" ; ずかきかえるこずができたす
  20. cout << 'a' << "ï¿¥n" ; を cout << 'aï¿¥n' ; ずかきかえるこずはできたせん。
  21. 'a'のように シングルクオヌテヌションで囲たれた半角英数字は文字列デヌタでなく 文字デヌタずなりたす。
  22. 'あ'のようにシングルクォヌテヌションで囲たれた党角文字は 文字デヌタずはなりたせん
  23. "a"や"123"のようにダブルクオヌテヌションで囲たれた半角英数字は 文字列デヌタずなりたす。
  24. cout << 'aï¿¥n';ず蚘述できないのはシングルクオヌテヌション'で囲むこずができるのは文字デヌタだけだからなのですaï¿¥nは文字列デヌタずなっおいたす
  25. aやabcのような文字でなく1や123のようにシングルクォヌテヌションにもダブルクオヌテヌションにも囲たれおいない数字のデヌタは数倀デヌタずなりたす
  26. いよいよメモリにデヌタを栌玍する型であるchar型、int型、float型、double型が登堎しおきたす
  27. 文字デヌタ'1' 文字列デヌタ"1" 数倀デヌタ の違いは䜕なのでしょうか
  28. いたやchar型、int型、double型はスヌパヌの寿叞屋でパヌトづずめをしおいたす お寿叞を぀くっおいるらしいです 時代も倉わりたした みかけたらみんなもよろしくしおあげおね
  29. 文字デヌタ'1' 文字列デヌタ"1" 数倀デヌタ1の違いはコンピュヌタのメモリぞの栌玍のされ方の違いなのです。メモリずはコンピュヌタに䞎えられたデヌタを1時的に栌玍しおおく蚘憶装眮のこずです。
  30. コンピュヌタのメモリずは コンピュヌタに䞎えられた デヌタを1時的に栌玍しおおく蚘憶装眮のこずなんです
  31. ダミヌ  メモリずいうのは コンピュヌタに䞎えられた デヌタを1時的に栌玍しおおく蚘憶装眮のこずです
  32. メモリずいうのは コンピュヌタに䞎えられた デヌタを1時的に栌玍しおおく蚘憶装眮のこずです  その
  33. ゜ヌスコヌドはコンパむルされるず機械語に倉換されたす。その機械語の呜什をコンピュヌタは実行したす
  34. コンパむルされた゜ヌスコヌドは0ず1のみであらわされる機械語に倉換されたす
  35. 数倀デヌタ 1 文字デヌタ'1' 文字列デヌタ "1"の違いはメモリぞの栌玍のされ方なのです
  36. メモリずは 0ず1のみであらわされたデヌタを1時的に蚘憶する装眮なんです。それはコンピュヌタが0ず1のみで衚されるデヌタを取り扱っおいるからです
  37. ビットずはメモリに栌玍できるデヌタの単䜍のこずです
  38. 1バむトは8ビットをあらわしおおり0ず1であらわされる256通りのデヌタのうちの぀を栌玍するこずができたす
  39. コンピュヌタのメモリには0ず1のみであらわされるデヌタしか栌玍できたせん どうやっお数倀8や半角英数字aのデヌタ情報をメモリに栌玍しおいるのでしょうか
  40. 進数ずは10進数倀を 0ず1のみであらわしたものなんです
  41. コンピュヌタのメモリには8bit単䜍でデヌタが栌玍されたす
  42. メモリのビットにデヌタを栌玍する方匏をchar型ずいいたす
  43. ビットunsigned char)に栌玍できる最倧の数倀は255ずなっおいたす それ以䞊倧きい数倀を栌玍するこずはできたせん
  44. 進数同士の蚈算はパ゜コンに搭茉されおいる電卓で簡単に蚈算するこずができたす 電卓の䜿い方を緎習しおみたしょう。
  45. 0から255たでの10進数の正の数を0ず1のみの進数であらわしおそのたたビットに栌玍する方法は unsigned char型の圢匏ずよばれたす
  46. -128から127たでの数倀を2進数であらわしおビットに栌玍する方法はchar型の圢匏ず呌ばれたす。
  47. char型の圢匏でメモリに栌玍されおいる11111111は10進数-1をあらわし unsigned char型の圢匏でメモリに栌玍されおいる11111111は10進数255を衚しおいたす
  48. char型の圢匏では-128から127の範囲たでの数倀しかメモリに栌玍できたせん。もちろん10000は栌玍できたせん
  49. 数倀デヌタ10000をメモリに栌玍する旅に぀いお
  50. 10進数数倀デヌタ10000は32ビットのメモリに栌玍されたす。
  51. メモリには 8ビットを基本単䜍ずしおデヌタが栌玍されたす
  52. 数倀デヌタを32ビットにわたっお栌玍する圢匏を int型の圢匏ずいいたす
  53. 0ず1で衚される 文字デヌタや敎数倀デヌタなどを栌玍する圢匏を char型
  54. char型にしか0ず1のみで衚された文字デヌタを栌玍できたせん
  55. ほんずに文字デヌタ 'a' や'1' などを 8ビットのデヌタ容量を持぀char型に栌玍できるのでしょうか
  56. ゚クトプラズマっおなんですか
  57. char型に栌玍される8ビットの0ず1のパタヌンのすべおはどのパタヌンも、もちろんメモリに栌玍されたす
  58. char型に栌玍される8ビットの0ず1のパタヌンはコマンドプロンプト画面に10進数数倀を衚瀺するのに䜿われる堎合ず察応する文字の画像デヌタを衚瀺する堎合に䜿われるこずがありたす
  59. cout << 'a'; が実行されるず文字デヌタ'a'に察応する01100001(10進数では97)がメモリに栌玍され、その01100001を利甚しお文字aがコマンドプロンプト画面に衚瀺されたす
  60. 文字aの画像デヌタに番号01100001(10進数では97)が぀けられおいるように文字1の画像デヌタにも番号00110001(10進数では49)が割り振られおいたす
  61. cout << 1<<"ï¿¥n";の1は数倀デヌタを衚しおおり文字デヌタではありたせん。 文字デヌタず数倀デヌタの違いずはなんでしょうか
  62. 個のメモリのお郚屋 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ バむトに数倀デヌタを栌玍する圢匏をint型の圢匏ずいいたす
  63. cout <<1<<"ï¿¥n"; が実行されるず10進数数倀デヌタ1はchar型の圢匏でなくint型の圢匏でメモリに栌玍されたす
  64. 個のメモリのお郚屋 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ に0から4294967295たでの数倀デヌタを1぀栌玍する圢匏を unsigned int型の圢匏ず呌びたす
  65. 個のメモリのお郚屋 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ に-2147483648から2147483647たでのの数倀デヌタを1぀栌玍する圢匏をint型の圢匏ず呌びたす
  66. メモリに栌玍されたずき 1111111110進数数倀-1をあらわしおいたすのように 1番巊端の数倀が 1 に なっおいるものは マむナスの10進数数倀デヌタを衚しおいたす
  67. 2進数 1111111110進数-1ず2進数0000000110進数1はお互いがの補数ずなっおいたす
  68. cout << 1<<"ï¿¥n"; が実行されるず このは int型の圢匏で個のメモリのお郚屋 に 00000000000000000000000000000001ず栌玍されたす
  69. コンピュヌタの䞖界では数孊の時ず違い、小数点以䞋の項を含たない数を敎数、小数点以䞋の項を含む数を実数ずよびたす。
  70. 64ビットのメモリのお郚屋に1.7×10の-308乗から1.7×10の308乗、 -1.7×10の308乗から-1.7×10の-308乗たでの実数倀デヌタを1぀栌玍する圢匏をdouble型ずよびたす
  71. "1" "12345" "abc" "あ" "りんご" などのように ダブルクォヌテヌションで囲たれた数倀、文字などは 文字列デヌタずなりたす
  72. 文字aの画像デヌタに぀けられた番号01100001がchar型の圢匏でメモリに栌玍されたす。どうやっおコンピュヌタはその番号01100001をメモリの䞭から探し出し利甚しおいるのでしょうか
  73. 1キロバむトは1000バむトもしくは1024バむトを衚しおいたす
  74. コンピュヌタのメモリにはデヌタを管理するために1バむトごずにアドレス番号が぀けられおいたす
  75. 倉数の導入をはじめおみたす
  76. 倉数の導入を始めおみたす
  77. int型の倉数には-2147483648から2147483647たでの数倀デヌタの぀を栌玍するこずができたす
  78. 倉数宣蚀int a; によっお蚭定された倉数aは-2147483648から2147483647たでの数倀デヌタの぀を栌玍できたす
  79. int a=5; ず蚘述するこずを倉数aの初期化ずいいたす int a; a=5; ずわけお倉数aに数倀5を代入したものは初期化ずはいいたせん。
  80. 倉数宣蚀int a,b;のように蚘述するこずにより぀の倉数宣蚀で同時に耇数の倉数を蚭定するこずができたす
  81. 倉数宣蚀によっお䜜補される倉数には自由に名前を付けるこずができたす
  82. int型の倉数aは -2147483648から2147483647たでの数倀デヌタの぀を栌玍できたすが、その範囲倖の数倀を代入しおプログラムを実行するず正しい結果が衚瀺されたせん
  83. 倉数宣蚀 int a; を行ったら 䜕も数倀を倉数aに代入しなくおも 最初から倉数aに数倀が栌玍されおいたす
  84. 倉数に栌玍された数倀はあずから別の数倀を代入し倉曎するこずができたす。
  85. int a; a=1; ず蚘述されおいたら 倉数aを䜜補し そこに数倀を代入せよ ず呜什を䞎えるこずになるんです
  86. a=5; は倉数aに5を代入せよずいう呜什をコンピュヌタにあたえる呜什文なのです
  87. 倉数aに倉数bを代入しお 倉数bに栌玍されおいる数倀を倉数aに代入するこずができたす
  88. a=a+1;ず蚘述しお倉数aに倉数a+1を代入しお倉数aに栌玍されおいる数倀を1ほど倧きくするこずができたす。
  89. a=a+10;ず蚘述しお倉数aに倉数a+10を代入しお倉数aに栌玍されおいる数倀を10ほど倧きくするこずができたす。
  90. アスキヌコヌド、シフトJISコヌド、ナニコヌドずは文字の画像デヌタに割り振られた番号 もしくはコンピュヌタに呜什をあたえるずきに䜿甚される番号のこずです
  91. char b;のようにchar型の倉数宣蚀によっお蚭定された倉数bには半角英数字1文字分の文字デヌタを栌玍するこずができたす
  92. 識別子ずは他のデヌタず区別するために぀けられた名前のこずです
  93. char b;のようにchar型の倉数宣蚀によっお蚭定された倉数bには半角英数字1文字分の文字デヌタを栌玍するこずができたす ですので2文字以䞊の半角英数字を栌玍するこずはできたせん
  94. 倉数宣蚀char b; によっお蚭定された倉数bは-128から127たでの数倀デヌタの぀を栌玍できたすが cout <<b;により出力衚瀺されるデヌタは数倀デヌタでなく文字デヌタずなりたす
  95. 文字の画像デヌタなどに぀けられた0から127たでの番号のこずをアスキヌコヌドずいいたす
  96. 0から127たでのアスキヌコヌドに察応する機胜や文字の䞀芧衚をご玹介いたしたす
  97. 0から31そしお127のアスキヌコヌドは、モニタヌの衚瀺の制埡などに䜿われ、32は空癜スペヌス、33から126は文字の画像デヌタを衚瀺するために䜿われたす
  98. なぜ33から126たでのアスキヌコヌドは文字を衚瀺するのに䜿甚されおいるのにアスキヌコヌド127は文字を1文字削陀するずきに䜿甚されおいるのでしょうか
  99. 文字コヌドずは文字の画像デヌタに割り振られた番号のこずであり制埡コヌドずはコンピュヌタに呜什を䞎えるずきに䜿甚される番号ずなっおいたす
  100. シフトJISコヌドずは䜕のこずでしょうか アスキヌコヌド シフトJISコヌドの違いはなんでしょうか
  101. ナニコヌド ずは䜕のこずでしょうか なぜキヌボヌドの\のボタンを抌したずき\が衚瀺される堎合もあれば¥が衚瀺される堎合があるのでしょうか
  102. float型の倉数は-3.4×10の38乗から-3.4×10の-38乗,0,3.4×10の-38乗から3.4×10の38乗の範囲の数倀を栌玍するこずができたす
  103. float型の倉数は-3.4×10の38乗から-3.4×10の-38乗,0,3.4×10の-38乗から3.4×10の38乗の範囲の数倀を栌玍するこずができたす
  104. C++蚀語ではC蚀語の時ず違い小数点以䞋6桁以䞊の項を含む数倀は 小数点以䞋6桁の䜍が四捚五入されお小数点以䞋5桁たでがコマンドプロンプト画面に衚瀺されたす
  105. C++蚀語ではC蚀語の時ず違いfloat型の倉数に1.00000を代入しおもコマンドプロンプト画面に衚瀺される数倀はずなりたす。
  106. float型の倉数に敎数倀を代入する堎合ずint型の倉数に数倀を代入する堎合ではメモリぞの栌玍のされ方が違いたす・
  107. 数倀の型倉換 int型の倉数aに実数倀1.23456を栌玍しおいるfloat型の倉数bを代入するず敎数倀の郚分のみが倉数aに栌玍されたす
  108. 数倀の型倉換 int型の倉数aに実数倀1.23456を代入するず敎数倀の郚分のみが倉数aに栌玍されたす
  109. double型の倉数には -1.7×10の308乗から-1.7×10の-308乗,0,1.7×10の-308乗から1.7×10の308乗の範囲の数倀を栌玍するこずができたす
  110. double型の倉数には-1.7×10の308乗から-1.7×10の-308乗,0,1.7×10の-308乗から1.7×10の308乗たでの数倀を栌玍できたすが衚瀺されるのは小数点以䞋桁たでなのです
  111. プログラムを構成しお数倀蚈算を実行しおみたしょう。
  112. プログラムを蚘述しおコンピュヌタに数倀蚈算を実行させおみたしょう
  113. 敎数倀同士の割り算では割り切れなくお蚈算結果に小数点以䞋の郚分が出る堎合、小数点以䞋の郚分は切り捚おられ敎数郚分のみが残りたす
  114. 6/4の蚈算結果は1ず衚瀺されるのはなぜでしょうか int型に栌玍された数倀同士の蚈算結果もint型に栌玍されたす。
  115. 6.00000/4.00000の蚈算結果は1.5ず衚瀺されるのはなぜでしょうか double型に栌玍された数倀同士の蚈算結果もdouble型に栌玍されたす。
  116. 6.00000/3.00000の蚈算結果は敎数倀の2が衚瀺されたす この数倀2はint型ではなくdouble型の圢匏でメモリに栌玍されおいたす。
  117. 6.00000/4、6/4.00000の蚈算結果は1.5ず衚瀺されたす このように int型、double型に栌玍された数倀同士の蚈算結果はdouble型に栌玍されたす。
  118. 倉数に栌玍された数倀同士の蚈算を行っおみたす int型の倉数同士の蚈算が行われるず蚈算結果の数倀もint型に栌玍されたす
  119. 倉数に栌玍された数倀同士の蚈算を行っおみたす int型ずdouble型の倉数同士の蚈算が行われるず蚈算結果の数倀はdouble型に栌玍されたす
  120. int型の倉数、 float型の倉数、 double型の倉数の含たれた数匏の数倀蚈算が行われる堎合、数倀蚈算結果は1番栌玍容量の倧きいdouble型に栌玍されたす
  121. int a=1; int b=2; int c=3; a=b=c;ず蚘述された堎合 倉数a,倉数b,倉数cにはどのような数倀が栌玍されおいるでしょうか
  122. a+bにおいお aやbに䜜甚を䞎える +ず-を挔算子オペレヌタ䜜甚を受ける偎の aずbを被挔算子オペランドずよびたす。
  123. =挔算子は右結合型の挔算子ずよばれたす -挔算子は巊結合型の挔算子ずよばれたす
  124. 異なる挔算子が数匏内にある堎合 どの挔算子がさきに䜜甚するかの優先順序が定められおいたす
  125. は代入挔算子ずよばれおいたす そしお+=は加算代入挔算子ず呌ばれ”今”倉数が栌玍しおいる倀に数倀を加える働きをしたす。a+=1;はa=a+1;を衚しおいたす
  126. -=は枛算代入挔算子ず呌ばれ”今”倉数が栌玍しおいる倀から数倀を匕いたものを倉数に代入する働きがありたす。a-=1;はa=a-1;を衚しおいたす
  127. *=は乗算代入挔算子ず呌ばれ”今”倉数が栌玍しおいる倀に数倀をかけあわせたものをその倉数に代入する働きがありたす。a*=5;はa=a*5;を衚しおいたす
  128. /=は陀算代入挔算子ず呌ばれ”今”倉数が栌玍しおいる数倀をわったものをその倉数に代入する働きがありたす。a/=5;はa=a/5;を衚しおいたす
  129. %=は剰䜙代入挔算子ず呌ばれ”今”倉数が栌玍しおいる倀をある数倀で割ったずきの䜙りをその倉数に代入する働きがありたす。a%=5;はa=a%5;を衚しおいたす
  130. 加算代入挔算子+=を甚いお倉数sumに数倀が加算されるプログラムを考察しおみたしょう。
  131. +=,-=,*=,/=,%=の5぀の代入挔算子をもちいた緎習問題をずいおみたしょう。たずsum+=10;をもちいた総和を求める緎習問題を解いおみたしょう。
  132. sum%=10; sum*=10; sum-=10; sum/=10; sum+=10;がすべおもちいられた緎習問題を解いおみたしょう 倉数sumにはどのような数倀が栌玍されるでしょうか
  133. 🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟
  134. シフト挔算子🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟
  135. シフト挔算子はお魚ではありたせん
  136. シフト挔算子には右シフト挔算子ず巊シフト挔算子の぀がありたす
  137. ダミヌ ナヌザヌから入力された数倀を 甚意した倉数に栌玍する方法を孊んでみよう。
  138. ナヌザヌから入力された数倀を 甚意した倉数に栌玍する方法を孊んでみよう。
  139. cinを぀かっお今床は実数倀をコマンドプロンプト画面から甚意した倉数に入力しおみたす
  140. cinを぀かっお今床は耇数の数倀をコマンドプロンプト画面から甚意した倉数に代入しおみたす
  141. cinを぀かっお今床は半角英数字をコマンドプロンプト画面から甚意したchar型の倉数に代入しおみたす
  142. if文に぀いお孊ぶ前に論理匏に぀いお孊んでみたしょう。 論理匏は 0か1のどちらかの倀をもちたす 
  143. 論理匏が0もしくは1の倀,論理倀を持っおいるこずをプログラムを組んで確かめおみたしょう。
  144. 論理倀0ず1のみを栌玍する型boolに぀いお考察しおみよう
  145. 論理匏ず論理匏を関係づける論理挔算子&&に぀いお考察しおみたす
  146. 論理挔算子&&の仕組みを電気回路を甚いお説明しおみたす 
  147. 論理挔算子&&の仕組みを電気回路を甚いお説明しおみたす  0&&1,1&&0,0&&0,1&&1 の堎合
  148. 論理挔算子||に぀いお考察しおみよう。論理挔算子||は論理匏ず論理匏を結び付けお新たな論理匏を圢成したす
  149. 論理挔算子||の仕組みを電気回路を甚いお説明しおみたす  0||1,1||0,0||0,1||1 の堎合
  150. 論理挔算子!は論理匏が持っおいる論理倀を0なら1ぞ1なら0ぞひっくり返したす。 
  151. if文っおどんな呜什文なの
  152. 耇数の呜什文をif文によっお実行するには耇数の呜什文をブロックでひずたずめにくくりたす 
  153. if 呜什文;else呜什文;ずif 呜什文;else if 呜什文;の違いを芳察しおみたしょう。
  154. if文ネスト入れ子構造をもったプログラムをを構成しお実行しおみたしょう 
  155. if文ネスト入れ子倚重構造を぀くっおみようっ  その
  156. if文ネスト入れ子倚重構造をよみずっおみよう  
  157. switch文に぀いお孊んでみよう。
  158. cinずswitch 文をくみあわせおみよう(^o^)
  159. switch 文のプログラムをif else文のプログラムで曞き衚しおみたしょう 
  160. for文は呜什文を繰り返し実行するシステムずなっおいたす
  161. for文の()内の初期化匏、条件匏、継続凊理方法を曞いたり曞かなかったりするずどうなるでしょうか 
  162. for文の()内の初期化匏、条件匏、継続凊理方法を曞いたり曞かなかったりするずどうなるでしょうか 党郚で通りのパタヌンを考察しおみよう
  163. それでは for文の぀の基本パタヌンで遊んでみる。
  164. for文を䜿っお数倀衚をcout出力衚瀺しおみたしょう  ゚スケヌプシケンス¥tず¥nがふくたれたcout文をfor文にくみあわせおみたす
  165. 🍓呜什文が繰り返されおいる郚分🍓はfor文を぀かっお曞き換えるこずができたす
  166. for文ず加算代入挔算子を甚いた数倀の総和をもずめるプログラムを考察しおみたしょう🌞
  167. while文もfor文ず同じく呜什文をくりかえし実行したす
  168. コントロヌラヌボタンの入力を受け付けるプログラムのプロトタむプを創造する
  169. 自䜜関数1 ゜ヌラヌずいっしょに関数を自䜜しおみたしょう void newmadefunction(void)  0.1
  170. 関数の戻り倀ずは䜕のこずでしょうか Int a=printfの衚珟になれたしょう
  171. 🌞なぜ void newmadefunction(void){ cout<<"今日もよい++蚀語日和です。\n"; return ; } ず自䜜関数が蚘述されるのでしょうか(void)に泚目
  172. 🌞なぜvoid newmadefunction(void){cout<<"今日もよい蚀語日和です。¥n"; return ; } ず自䜜関数が蚘述されるのでしょうかreturnに泚目☆
  173. 自䜜関数2 倉数xを匕数にも぀自䜜関数void fanction(int x)に぀いお考察しおみる int xをxず蚘述しおもよいのでしょうか 
  174. 自䜜関数の戻り倀を蚭定しおみよう。
  175. 🌞自䜜関数 main関数には なぜ先頭にInt型 がくっ぀いおいるのでしょうか return 0; は 䜕のためにあるのでしょうか 
  176. 🌞自䜜関数 自䜜関数のプロトタむプ宣蚀をおこなっおから自䜜関数の定矩を行っおみたす 
  177. 🌞自䜜関数 💃ロヌカル倉数ずは ある関数の䞭で定矩された倉数のこずです
  178. 🌞自䜜関数 ロヌカル倉数ずは ある関数の䞭で定矩された倉数のこずです その
  179. 🌞自䜜関数  ロヌカル倉数ずは ある関数の䞭で定矩された倉数のこずです その
  180. 自䜜関数 自䜜関数の匕数はvoid f(int x)のように蚘述したす。void f(x)ず蚘述しおはいけたせん
  181. たずは倉数のスコヌプに぀いお孊んでみたしょう。倉数のスコヌプずは倉数宣蚀された倉数が䜿甚可胜な範囲のこずです
  182. 🌞自䜜関数 main関数内で自䜜関数f(int a)がf(1);ず蚘述されおいる堎合 1は《《自䜜関数の匕数内で倉数宣蚀されたint a;》》に代入されおいたす。
  183. 匕数を぀も぀自䜜関数を䜜補しおみよう。
  184. 倉数のスコヌプず倉数の寿呜に぀いお孊んでいきたしょう。これらが理解できるず どの䜍眮で倉数宣蚀をおこなえばよいのかがよくわかるようになりたす
  185. 🌞自䜜関数 グロヌバル倉数は 異なる関数同士でも共通しお䜿えたす そのグロヌバル倉数のスコヌプ(䜿甚可胜な範囲はグロヌバル倉数宣蚀された行以䞋のプログラム党䜓ずなりたす
  186. 🌞自䜜関数 グロヌバル倉数宣蚀ずロヌカル倉数宣蚀のスコヌプ倉数宣蚀により䜜補された倉数の䜿甚可胜な範囲を考察しおみたしょう。
  187. ロヌカル倉数のスコヌプ倉数の䜿甚可胜な範囲は そのロヌカル倉数が宣蚀されたブロック内ずなりたす
  188. 耇数のロヌカル倉数のスコヌプ倉数宣蚀により䜜補された倉数の䜿甚可胜な範囲を考察しおみたしょう。
  189. 耇数のロヌカル倉数の倉数宣蚀のスコヌプ倉数宣蚀により䜜補された倉数の䜿甚可胜な範囲を考察しおみたしょう。その
  190. 次に倉数の寿呜に぀いお孊んでみたしょう。倉数に関するデヌタはコンピュヌタのメモリに保存されるだけでなく消去もされたす。どの時点で消去されるのでしょうか😊
  191. ロヌカル倉数はそのロヌカル倉数が宣蚀されたブロック内の呜什文がすべお実行されるずメモリに保存されたロヌカル倉数の名前、栌玍しおいる倀ずずもにコンピュヌタのメモリから消去されたす
  192. 🌞自䜜関数ロヌカル倉数のデヌタ情報はロヌカル倉数が定矩されたブロック内の呜什文がすべお実行されるずコンピュヌタのメモリから消えおしたいたす。そこでデヌタ情報維持のためにstaticが甚いられたす。
  193. 自 static倉数が甚いられた自䜜関数が実行された埌もstatic倉数に栌玍された数倀デヌタは保存されたすがロヌカル倉数でもあるので main関数内で定矩された同じ名前の倉数には圱響を䞎えたせん
  194. 🌞自䜜関数 自䜜関数void f(int x)のint xにmain関数で定矩された倉数aを代入しおも倉数aはmain関数のロヌカル倉数のたたです。
  195. void f(int x)型の自䜜関数の()内で倉数宣蚀された倉数xのスコヌプも自䜜関数の定矩のブロック内ずなりたす
  196. void f(int x){}型の自䜜関数の()内で倉数宣蚀されたint xに代入されたデヌタはブロック{}内の呜什文が実行されるずメモリに぀けられた倉数名ず共にコンピュヌタのメモリから消去されたす
  197. 自䜜関数をむンラむン関数に蚭定しおみよう その
  198. 自䜜関数をむンラむン関数に蚭定しおみよう その
  199. 自䜜関数をむンラむン関数に蚭定しおみよう その
  200. cin>>aを぀かっお倉数aに数倀7を栌玍しおみたす ただしこのプログラムでは぀のaの倉数宣蚀が行われおいたす 䞀䜓どの倉数aに数倀7は栌玍されるのでしょうか
  201. cin>>a;を぀かっお倉数aに数倀7を栌玍しおみたす ただしこのプログラムでは぀のaの倉数宣蚀が行われおいたす 䞀䜓どの倉数aに数倀7は栌玍されるのでしょうか  解答です
  202. 配列ずは䜕のこずでしょうか配列の仕組みを孊んでみたしょう
  203. 配列宣蚀により配列内に䜜成されるデヌタの入れ物である配列倉数の数ず配列倉数に栌玍する数倀の数の関係をしらべおみたしょう
  204. 配列にはint型配列やfloat型配列などがありたす。぀たり配列に栌玍できる数倀は敎数倀か実数倀のどちらかのタむプの数倀ずなっおいたす。
  205. 配列を぀かうず どのように簡単にプログラムが蚘述できるのか䞀緒にみおいきたしょう
  206. 加算代入挔算子+=を぀かっお配列に栌玍されおいる数倀の合蚈を求めおみたしょう。
  207. 倉数aに倉数bをa=b;ず代入したように配列hairetuboxに配列hairetuhakoをhairetubox=hairetuhako;のように盎接代入しお䞭身のデヌタを枡すこずはできたせん😊
  208. cinを぀かっお配列ぞ数倀を栌玍しおみよう
  209. 次元配列を䜜補し数倀を栌玍しおみる。
  210. 簡単な方法を䜿っお次元配列に数倀を栌玍初期化しおみたしょう
  211. 次元配列宣蚀を行い簡単に初期化しおみる 
  212. 数倀だけでなく文字デヌタ 'a','b','c'など を配列に栌玍しおみようよ char型の配列宣蚀を行っおみたす。もちろん簡単な初期化方法も぀かっおみたす
  213. char型の配列に文字列nekoを栌玍しnekoをコマンドプロンプト画面にcout出力衚瀺しおみよう そう文字列なんです
  214. もっず簡単にchar型の配列に文字列デヌタ"neko"を栌玍配列の初期化しおみる 
  215. char型の配列にひらがなの文字列を栌玍しおみたす そのずきひらがなの文字列はchar型の配列内に生成された配列倉数にどのように栌玍されおいるのでしょうか
  216. cinを぀かっお半角英数字を文字だけchar型の倉数に栌玍する
  217. 文字列nekoをcinを぀かっお配列に栌玍する。文字列を栌玍できるずいうこずは文字の文字列だけ栌玍するこずもできたす。やったね💖
  218. cinを䜿っお空癜を含んだ文字列Hello nyannkoを配列にずりこむずcoutを䜿っおHelloたでしか衚瀺できたせん 配列内にどのように文字列は栌玍されおいるのでしょうか
  219. メモリずアドレスず倉数の関係に぀いお孊んでみたしょう 
  220. ポむンタ倉数ずは 倉数のアドレスを栌玍するための倉数のこずです 
  221. ポむンタ倉数を぀かえば ポむンタ倉数にアドレスを代入するこずにより そのアドレスの堎所のメモリに栌玍されおいる数倀を倉曎するこずができたす
  222. ポむンタ倉数ptaにポむンタ倉数ptbを代入するこずによりポむンタ倉数ptbが栌玍しおいるアドレスをポむンタ倉数ptaに代入するこずができたす
  223. 配列のポむンタ倉数ずは䞀䜓䜕のこずでしょうか 
  224. 配列には自分でポむンタ倉数を䜜補しなくずも配列を䜜った時点で配列専甚のポむンタ倉数が甚意されおいたす  
  225. 配列に数倀を栌玍した堎合の配列や配列倉数のアドレスはどうなっおいるのでしょうか調べおみたす。
  226. 配列倉数のアドレスを栌玍しおいるポむンタ倉数をcout出力衚瀺しおも配列倉数のアドレスは衚瀺されたせん。
  227. cout << hairetu << "\n";の実行結果 出力衚瀺されるものはchar型の配列では 文字列 、int型の配列ではアドレス ず異なっおいたす
  228. char型の配列hairetuの配列倉数hairetu[0],hairetu[1],‥のアドレスを&hairetu[0],&hairetu[1]‥をもちいおcout出力衚瀺するこずはできたせん
  229. int型の配列hairetuの配列倉数hairetu[0],hairetu[1],‥のアドレスは&hairetu[0],&hairetu[1]‥をもちいおcout出力衚瀺するこずができたす
  230. 🌞🌞🌞[ ]挔算子をポむンタ倉数pに䜜甚させ䜜補した配列倉数p[0]はポむンタ倉数pの栌玍しおいるアドレスのメモリに栌玍されおいるデヌタを衚したす。
  231. 文字列デヌタ"abc"をメモリに栌玍するのに 配列宣蚀 char p[]="abc"; を䜿う堎合ず ポむンタ倉数宣蚀 char *p="abc"; を䜿う堎合の 2通りがありたす。
  232. 再び配列の代わりにポむンタ倉数を぀かっお文字列デヌタをメモリに栌玍しおみたす 
  233. Visual Studioでは床倉数宣蚀、配列宣蚀をおこなったならそのずきず同じ倉数名、配列名を぀かっお倉数宣蚀、配列宣蚀を行うこずはできたせん。🍓
  234. 配列ず違いポむンタ倉数はポむンタ倉数名を倉曎しなくおも文字列を💖どんどん💖メモリに栌玍するこずができたす
  235. ポむンタ倉数hairetuは1番最埌にポむンタ倉数hairetuを䜿っおデヌタを栌玍したメモリのアドレスを栌玍したす。文字列デヌタをメモリに栌玍するためのポむンタ倉数名はなんでもよいのです
  236. 文字列nekoをコンピュヌタのメモリに栌玍する char hairetu[]="neko"; ず char *hairetu[]="neko"; では䜕がちがうのでしょうか
  237. 配列システムはポむンタ倉数システムそのものずなっおいるこずを考察しおみたしょう。🌞
  238. 耇数の文字列デヌタを぀の配列宣蚀やポむンタ倉数宣蚀を䜿い同時にメモリに栌玍しおみたす その
  239. 🌞🌞耇数の文字列デヌタを぀の配列宣蚀を䜿い同時にメモリに栌玍しおみたす その
  240. 🌞🌞🌞耇数の文字列デヌタを぀のポむンタ倉数宣蚀を䜿い同時にメモリに栌玍しおみたす その
  241. おさらい 自䜜関数newmadefunction(int x);が実行されおいる間は ロヌカル倉数xに栌玍されおいる数倀はコンピュヌタのメモリに栌玍されおいたすが実行埌は消えおしたうのでした
  242. 実匕数ず仮匕数ずは実匕数から仮匕数ぞの倀枡しずはなんのこずでしょうか 
  243. 実匕数ず仮匕数ずは実匕数から仮匕数ぞの倀枡しずはなんのこずでしょうか 今床はメモリに電荷が蓄えられるずいう芖点からお話しおみたいず思いたす その
  244. 実匕数ず仮匕数ずは実匕数から仮匕数ぞの倀枡しずはなんのこずでしょうか 今床はメモリに電荷が蓄えられるずいう芖点からお話しおみたいず思いたす その
  245. グロヌバル倉数bを自䜜関数の匕数の倉数aに代入した堎合も倀枡しずなるためグロヌバル倉数bは自䜜関数の操䜜を受けるこずはなくグロヌバル倉数bに栌玍されおいる数倀は倉曎されたせん。
  246. グロヌバル倉数bを自䜜関数の匕数ずなったグロヌバル倉数bに代入した堎合も倀枡しずなるためグロヌバル倉数bは自䜜関数の操䜜を受けるこずはなくグロヌバル倉数bに栌玍されおいる数倀は倉曎されたせん。
  247. 🌞🌞🌞参照枡しずは自䜜関数の匕数にポむンタ倉数を぀かい実匕数のアドレスをポむンタ倉数に枡す方法のこずなのです🌞🌞🌞
  248. 参照枡しが行われるずきの自䜜関数の構造を分析しおみたしょう そのために自䜜関数の郚分を元の呜什文の集たりに戻しおみたす
  249. 🌞🌞倉数aに栌玍されおいる数倀ず倉数bに栌玍されおいる数倀の亀換にチャレンゞしおみよう
  250. 自䜜関数を䜿っお 倉数aに栌玍されおいる数倀ず 倉数bに栌玍されおいる数倀を 亀換しおみよう
  251. 🌞🌞倉数aに栌玍されおいる数倀ず倉数bに栌玍されおいる数倀を亀換するswap関数を䜜補しおみよう  その
  252. 🌞🌞倉数aに栌玍されおいる数倀ず倉数bに栌玍されおいる数倀を亀換するswap関数を䜜補しおみよう  その
  253. main関数内で定矩された配列に栌玍されおいる数倀を自䜜関数を䜿っお倉曎しおみたしょう。自䜜関数の匕数が(int hairetu[])ずなっおいる堎合 その
  254. main関数内で定矩された配列に栌玍されおいる数倀を自䜜関数を䜿っお倉曎しおみたしょう。自䜜関数の匕数が(int hairetu[])ずなっおいる堎合 その
  255. 参照枡しは ゲヌムキャラクタヌが移動するこずやゲヌムキャラのHPやMPの倀が倉化するこずず関係しおいたす
  256. main関数内で定矩された配列に栌玍されおいる数倀を自䜜関数を䜿っお倉曎しおみたしょう。自䜜関数の匕数が(int *hairetu)ずなっおいる堎合🌞
  257. 配列を自䜜関数の匕数に蚭定しmain関数で定矩された配列のアドレスを栌玍したポむンタ倉数を代入するこずができたす。その際ポむンタ倉数を䜿った参照枡しをされたす 倀枡しされる方法はありたせん 
  258. main関数内で配列宣蚀された配列の配列倉数に栌玍されおいる数倀デヌタを配列でなく配列倉数を自䜜関数の匕数に甚いるこずにより自䜜関数に倀枡しするこずができたす。 この小説の総文字数
  259. 1぀のポむンタ倉数宣蚀を぀かっお耇数の文字デヌタや文字列デヌタをコンピュヌタのメモリに簡単に1床に栌玍する方法はあるのですが耇数の数倀デヌタを1床に簡単に栌玍する方法はないのです
  260. 自䜜関数の匕数にポむンタ倉数宣蚀や配列宣蚀を぀かっおmain関数内で䜜成された配列のアドレスを参照枡しするこずができたす 
  261. 自䜜関数の匕数ずしおhairetuの配列宣蚀たたはhairetuのポむンタ倉数宣蚀が行われた堎合*hairetuずhairetu[0]、*hairetu+1ずhairetu[1]・・・は等しくなりたす
  262. ポむンタ倉数や配列を぀かっお数倀や文字、文字列 をコンピュヌタのメモリに栌玍する方法 たずめ
  263. 構造䜓を導入したす。構造䜓structure Cubeを定矩しcube1の構造䜓倉数宣蚀structure Cube cube1をおこないたす
  264. 構造䜓倉数を簡単に初期化しおみたしょう。
  265. 構造䜓ず構造䜓倉数の名前の付け方を䞀緒に考察しおみたしょう
  266. int型やfloat型などのように構造䜓struct Cubeの型に構造䜓倉数は栌玍されたす ぀たり構造䜓struct Cubeずは倉数を栌玍する型ずいえたす
  267. 構造䜓ず構造䜓倉数を甚いるずどのような点が䟿利なのでしょうか
  268. 構造䜓struct Cube型の構造䜓倉数cube1に同じ構造䜓struct Cube型の構造䜓倉数cube2を代入しおみたしょう
  269. typedefを䜿い 倉数の型名、構造䜓名などを新しい名前に倉曎するこずができたす
  270. 新たに別の皮類のデヌタを管理するために構造䜓に新たなメンバ倉数を远加しおみたす
  271. 構造䜓の構造䜓宣蚀にメンバ倉数ずしお倉数の他に構造䜓倉数を加えおみたす
  272. 構造䜓倉数のメンバ倉数ずなった他の構造䜓の構造䜓倉数をもっず簡単に初期化しおみたしょう
  273. 自䜜関数の匕数に構造䜓倉数を甚いるこずができたす そしおmain関数内で定矩された構造䜓倉数を代入するこずもできたすこの堎合 倀枡しずなりたす
  274. main関数内で定矩された構造䜓倉数を自䜜関数内で定矩された構造䜓倉数に代入する・・・構造䜓倉数の倀枡し
  275. 構造䜓倉数のメンバ倉数に栌玍されおいる数倀をポむンタ倉数を぀かっおcout出力衚瀺しおみたす
  276. main関数内で定矩された構造䜓倉数のメンバ倉数のアドレスを自䜜関数の匕数に構造䜓型のポむンタ倉数をもちいお参照枡しをしおみたす
  277. 栌玍した数倀デヌタを効率よくcout出力衚瀺する 構造䜓型の配列宣蚀を行い構造䜓型の配列を䜜補しお耇数の構造䜓倉数のメンバ倉数に栌玍された数倀を構造䜓型の配列に栌玍しおみよう その
  278. 栌玍した数倀デヌタを効率よくcout出力衚瀺する 構造䜓型の配列宣蚀を行い構造䜓型の配列を䜜補しお耇数の構造䜓倉数のメンバ倉数に栌玍された数倀を構造䜓型の配列に栌玍しおみよう その 
  279. 栌玍した数倀デヌタを効率よくcout出力衚瀺する 構造䜓型の配列宣蚀を行い構造䜓型の配列を䜜補しお耇数の構造䜓倉数のメンバ倉数に栌玍された数倀を構造䜓型の配列に栌玍する方法 その