十二月 : 心細さの極月(きわまりづき)


 ふざけるな。


 なんで今日に限って大雪で暴風なんだ?

 おかげで彼女はまだ帰っていないじゃないか。

 今日は二人で夕食を作り、買ってきたケーキを食べようって約束してるんだよ。

 でも、この大雪と暴風のおかげで電車かバスが遅れているんだろう。


 約束の時間に遅れる彼女じゃない。

 真面目で、優しくて、僕のことをいつも大事にしてくれる女性だからね。


 僕は約束の時間の三十分も前から、彼女のマンション前で立っている。

 少しでも早く彼女の顔が見たかったから、雪が降り出す前に家を出た。

 そしてここに到着した途端に、この天気さ。


 クリスマスプレゼントで彼女に似合いそうなベージュのロングコート。

 誕生日プレゼントで僕とおそろいの腕時計。

 そして、婚約指輪とポインセチアの鉢植え。


 全て、今日のために夏から考えて用意したものだ。

 両手と肩に大きな紙袋を抱えて、雪に埋もれる電柱のようになったらどうしてくれるんだ。

 まったく、神様に文句の一つも言ってやりたいよ。


 帰り道を急ぐ人達がこちらをたまに見る。

 ビニールで覆われたポインセチアの真っ赤な花が、雪の白さの中でひときわ目立っているからだろう。

 

 この花を選んだのにはわけがある。

 クリスマスフラワーと呼ばれているからだけじゃない。

 メキシコでは「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれてるみたいだし、花言葉が全て僕の気持ちを代弁しているからなんだ。


 「祝福」「幸運を祈る」「清純」……そして「私の心は燃えている」

 

 この日にプロポーズすると決めた僕には、もう、これしかないって思えたんだ。


 ……だってさ、勇気が欲しいじゃないか。

 花言葉に縋ってでも、自分の気持ちを奮い立たせたいじゃないか。

 ほんとは自信が無いなんて、態度に出したくないじゃないか。

 だからポインセチアを選んだんだ。


 十二月の別名「極月きわまりづき」だって勝手に「きめづき」と読んでる。そうさ、決め月にあやかってるんだよ……そう読むのは今日だけだけどね。


 こうまでしてるってのに、何だよ。


 ホワイトクリスマスなんてのは、窓から眺めるからいいんだよ。

 雪の量も少なく、風が弱ければ外でもいいよ?


 でも、警報も出るほどの大雪じゃ、僕の心がいくら燃えていても溶けやしない。






 ――少しでも早く帰ってきてよね。ポインセチアの花が見えるうちに……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

僕たちのスケッチ 湯煙 @jackassbark

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

※ 私が★を付けたり感想・レビューを書き、フォローしたとしても【お返しは不要】です。   当該ページを読み終えたら♡付けています。ページ途中で脱落したら付けていません。  感想は気分次第なので期待…もっと見る

近況ノート

もっと見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!