読者さんのことも、深いことも考えずに、とにかく書きたいように書くことに努めたです。
 おかげで、完結した作品の出来不出来に関係なく、自分の限界や何を書きたいのかの再整理などができました。

 本日(2019/05/10)「あやかしビルの尸解仙」を完結させて判ったのは、私はきっちりとしたプロットを念には念をいれて書かねば、当初目指した結果に至るのが難しいということです。

 流れに身を任せて書いても、自分としてはそれはそれで納得した結果なのですが、やはり当初の目的地につけなかったというのは反省点でもあり、これからの目標だなとしみじみと思いました。


 で、書きたいように書いても不満というのは出てくるもので、これからの一年は、エンタメを今まで以上に意識した作品を書いていこうということです。

 放っておくと、私はどうしても本来は予定に無かったテーマを盛り込み、それを全体に整合させることに忙しくなってしまう。

 要は、作品内の人物の制御よりも、私自身を制御せねばならんのだと判ったのです。

 と、反省を書いたところで、次の作品のプロットを練り練りします。

 皆様の創作活動が有意義で楽しいものになりますように
 m(__)m

 

2件のコメント

  • 湯煙様、初めまして。aoiaoiと申します。

    この度は、『神から運命を奪い取れ!』をお読みくださり、大変奥深く細やかなレビューをいただき、ありがとうございました!m(_ _)m

    レビューに頂いたコメントを繰り返し読み、何度も頷きました。
    「信頼」が、人を救う。現実の社会においても、「信頼できる誰か」の存在が、人を苦しみや死から救う希望になる……。自分自身もそこまでは深く意識しなかった大切なことを作品から感じていただけて、作者としてこれほど嬉しいことはありません。
    この作品を書いてよかったと、深い喜びを噛み締めております。

    心より、深く御礼申し上げます!m(_ _)m✨💐

  • aoiaoi 様

     ご丁寧なご挨拶痛み入ります。

     『神から運命を奪い取れ!』はテンポも良く読みやすいので一気に読了しました。
     感じたことはレビューに書かせていただいたので省きますが、aoiaoiさんの人を見る優しさや、誰かを応援したい気持ちも伝わってくる素敵な作品でした。

     また別の作品にも触れさせていただきます。
     
     m(__)m

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン