その指先に、火を灯す。

作者 朝乃日和

もっともスマートな殺しの方法。

  • ★★★ Excellent!!!

 ちょっとした特技を持った殺し屋の物語。その殺し屋は、もっともスマートにターゲットを殺すことができる。依頼は断らない。獲物は逃がさない。それが彼の流儀だ。
 依頼主は、殺人が遂行されたことを訝しげに思うだろう。だって、まだ依頼した人物は、その時点では生きているのだから。しかし、翌朝のニュースにおいて、依頼主は殺し屋の話を事実として受け入れざるを得ない。
 さて、どうやって彼はターゲットを殺したのか?
 淡々と語られる文章。
 最後の一文を、見落としてはならない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 716