ドラゴライト

作者 佐月 詩

142

49人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

胆石のことではありませんが、現世(と異世界)を生きるには、人間と石との関係は不可分。
あの石には金が集まり、あの石にはパワーが集まり、あの石には人間が集まる。石が過去を現在に伝え、石が現在の経済までも動かす。
これはエンターテイメントをギュッと固めた鉱物ですが、一方では真実の物語だと思います。
そんなことも思いながら、バカバカしい登場人物ややり取りにワッハッハと笑い、緊迫感のある戦闘シーンに見入り、複雑に絡み合う人間関係や各々の思惑を深読みしつつ読み進めるのが正しいのかと思います。
ぜひ著者さんの才能を感じて下さい。


あ、続編もあるんだね!

★★★ Excellent!!!

第4章まで読了した時点でのレビューです。
フリーターをしつつ実家暮らしをする櫻井義経くん。彼はひょんなきっかけから石の採取に魅了され、河原に通い詰めるようになる。そこで出会った美しくも不思議な女性、「マシン子」。彼女の存在が、やがて彼の生活を大きく変えていく。
彼女との出会いが、やがてどう展開していくのか——。それは読者の想像をはるかに超え、とてつもなく広大で奥深い世界へと読む者を引き込んでいきます。

作者の描く異世界は、一つ一つが非常に鮮明。まるでその情景や生き物が目の前に存在するかのように、イメージの中に立ち上がります。そして、それらを支える構想がしっかりと組み立てられており、安心してその世界に没頭することができます。登場するキャラクター達も皆それぞれに深い魅力を持ち、ストーリーを一層味わい深いものにしています。
また、読者を惹きつけて離さないのが、登場人物達のコミカルな会話。とても固かったり重たいはずの場面も、彼らの温かみのあるやり取りのおかげで柔らかな気持ちで読めてしまう。こういう空気が、ただの異世界物ではない強い魅力を放っています。
物語はまだ途中。巨大な岩を砕きながら先へ進めば、その奥に輝く何かを見せてくれるに違いない——そんな期待を抱かずにはいられません。

ここまでの際立つ面白さと、この先への期待。多くの人に読んで欲しいと自信を持ってお勧めできる、魅力的な物語です。

★★★ Excellent!!!

趣味の石集めから始まる冒険活劇にあっという間に魅了されました。
思わぬ出会いから主人公・櫻井義経の人生は大きく変わっていく。謎の美女、マシン子に導かれるまま彼は様々な体験を重ねていきます。
冒険は言わずもがな、幻想に恋愛、お仕事にバトルまで盛りだくさんな要素が詰め込まれ、また笑いあり涙ありお色気ありはたまたスレスレありでとにかく飽きる暇がない。
普段、異世界を読まない人でもすんなり世界に入り込めてしまうことでしょう。現代と異世界を行き来する日帰り系異世界ですね。

趣味が石集めって!?と、もう既にそこから気になり読み進めていきましたが本当に面白い。スレスレネタに笑ったり、ジャッキーネタに笑ったり……あれ、笑ってばかりですね(汗)
勿論、感動も大きかったです!
強そうでいてちゃんとヒロインしてるマシン子がツボです。可愛い。そしてお色気!義経くんが段々羨ましくなってきます……何度「義経爆ぜろ!」と思ったことか(笑)
勿論、彼は彼で一生懸命ですし正義感溢れる王道な主人公です。カッコイイ!
(※魅力溢れるキャラクターの中で、私は菊川さんがお気に入りです)
また、面白さはただ笑いだけではなく、異世界・日元教国の謎が垣間見れるので義経くんと一緒に冒険をしている気分になりました。しっかりと創られた世界観に脱帽です。
また、飛び出すワードも個性的ですよね。ワカメを何に使うのか??キュートなメグさん、その姿は??ドラゴライトとは、ロック・レンジャーとは……その真相は本編を読めば分かる!
完全オリジナルの世界観、佐月ワールド全開の異世界を覗いてみませんか?

謎を残して完結の第一部でしたので、第二部へ直行したいと思います。

★★★ Excellent!!!

扱っているテーマが珍しく、全体を通して読んだ感じでは割と真面目なストーリーなのですが、展開に関してはほぼほぼコメディーです。
キャラ立ちを狙ってのことだとは思うのですが、ネーミングから少し捻っていて、キャラ同士の掛け合いなど、随所に作者さんらしいオリジナリティーが鏤められてあります。

土台からの広げ方がね、ちょっと強引なんだけど、おそらくそれが面白さに繋がってるんじゃないかな……と。

★★★ Excellent!!!

ひょんなことから石に価値を見いだした主人公の義経。そんな彼が河原で出会った、変わった名前を持つ不思議な女性。彼女を通じて義経は石の世界にどんどん惹きつけられて行き・・・・・・

鉱石というと取っつきにくい印象があるかもしれませんが、そんな心配は無用です。石に関する豊富な知識を駆使しつつ、ニヤリとするネタを随所に散りばめ、読者の予想をいい意味で裏切りながらどんどん進んでいくのです。気づいたら読みふけっていること間違いなし。

異世界と元の世界を行き来する物語は他にもあるかと思いますが、確固とした枠組みのなかでしっかり組み立てられた世界観はオリジナリティーが溢れています。わくわくする冒険あり、流れるようなバトルあり、ちょっとほろりとさせられるシーンありで優れたエンターテイメントのお手本のような作品。

文句なしの読み応えなのに、さらに第2章へと続くのですから驚きですよ~☆

★★★ Excellent!!!


物に値がついた事に始まり、人物、社会、科学、恋愛そして生命、多岐にわたる価値観を発見していく物語。

その過程でヒロインマシン子の存在は無くてはならなく、主人公櫻井義経の主観を拡大させた物語の立役者だ。

異世界に誘われた後も人が人を呼ぶ連鎖。
異種族、人口生命体、伝説の人物、それらの人物を通じて異世界ならではのロマンがふんだんに詰め込まれている。
もちろん冒険はこれで終わらない。
死に直面するような手に汗握るシーンもあるし、命のやり取りを克明に切り取ったアクションシーンも見どころだ。

また巨大生物がそっくりそのままのスケール超の大地、失われ遺された古代文明、想像をくすぐる展開はまさにファンタジーの王道である。

そして焦点はドラゴライト(龍石)へ。

謎が謎を呼ぶ摩訶不思議な物質の魅力は物語の勢いと共に、第二部へと引き継がれていくのだろう。
そんな期待をせずにはいられない作品となった(ぷるん)。

★★★ Excellent!!!

 ファンタジーは「何でもあり」だからこそ難しいジャンルだと思います。「何でもあり」が溢れる中、さらなる個性を輝かせて読み手の心に強烈な印象を刻み込まなければならないのですから。
 ファンタジーが好き、と言いつつ人様の作品を読んで勉強しようと思い立ったのはつい最近なのですが、その短い期間で得た悟り(?)の一つは、「そうきたか!」と思わせる要素が入った作品はめちゃくちゃ面白い、ということでした。特に、ファンタジーなのに現実世界をほうふつとさせる背景設定が織り込まれていると、途端に作品が身近に感じられ、ストーリーに深みと迫力が出るらしい……。

 その点、この作品は全編にわたって「そうきたか!」のオンパレードです。まず、異世界に入るまでの過程が「そうきたか!」です。コトの始まりはネットオークション。ネットゲームをやっていたら突然異世界に…、なんて生っちょろい始まり方ではありません。ガラクタをオークションに出してみたら値が付いた、なんていう極めて現実的なところから、この壮大な物語は始まります。
 そして、異世界の奇妙な人たち。まず名前がスゴイ。主人公の義経くんじゃありませんが、どういうネーミングセンスしてるんだ。しかし、後からこの名前のいくつかにはちゃんと意味があることが分かってきて、読み手は「そうきたか!」と二回唸ることになります。サブキャラは名前も中身もクセのある人たちばかりですが、義経くんの語り(地の文)がそれに負けないヒネリっぷりを発揮しているので、ますます「そうきたか!」という可笑しさ倍増。「そうきたんかーい!」と叫ばずにはいられないスレスレネタも重要なポイントです。
 しかし、私が一番「そうきたかあああ!」と感嘆したのは、異世界である日元教国の設定です。日元教国の文明は、リアル世界の抱える倫理観や社会問題をさりげなく風刺しています。すっとぼけたキャラと地の文に笑ってい… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

無限の可能性を秘めた原石。それは、見る者によって好きなポイントや好みの角度は違うものだ。単なる石ころに、どのような価値を見いだすか?

友情・恋・若者なりの大人との駆け引き、そしてカンフーアクション。もしくは『スレスレ』と呼ばれる隠し味。どこに楽しみを見いだすかで、その魅力も変化する。もちろん、全てを貪欲に吸収するために、繰り返し読み直してみる価値だってある。

私が好きなポイントはアクションシーン。若い頃、食い入るように見ていた香港映画の色々な名場面が甦る。その熱いカンフーアクションを彷彿させるような描写に、老廃物で澱んでいる私の血が久しぶりに滾った。

この作品は、日本と異世界を跨いだ和テイストの強い舞台だが、ツォ・ユーシー(佐月詩)製作総指揮による巧みな演出と、たくさんのコメディ要素が盛り込まれた、読みやすいスペクタクル(視覚的に強い印象を与える)小説である☆

主人公が意のままに語る『ドラゴライト』の伝説は、まだ始まったばかり。
(現在、第二部に突入しているのが嬉しい)

★★★ Excellent!!!

ヒロイン、義経は、石を集めるのが好きで、そればかりをしていました。

ある時、マシン子と名乗る不思議な女性が現れ、義経の目利きの価値を見出しました。

そして、中々行かないと思っていた異世界に、謎の物を持って凄いスポットから行くのです。

ジャッキー〇〇〇とか、シリアスの中にあるギャグも面白いです。

レビューを上手く書けませんが、読めば分かります。

オススメです。

★★★ Excellent!!!

第1部エピローグまで読んでのレビューです。

実家暮らしの主人公・義経は、ある時河原にあるような「石」に価値があることに気がつく。
さらに価値のある石を求めて冒険に繰り出す。
……と、こんな感じの作品紹介が掲載されていますが、これは最初のほんの触り部分です。

現代日本と異世界を舞台にしたとてもスケールの大きい冒険 & 恋愛 & 笑い & スレスレファンタジーですっ!
(スレスレってなに? と思っている方は、ぜひ本編で確かめてみてください。これはスレスレファンタジーという名が相応しいことがわかると思います♪)

読みやすい文章でどんどんと作品の中の世界に引き込まれていき、すぐに主人公たちと一緒に冒険している気分を味わえます。
登場キャラクターたちも魅力的な方ばかり!
(私はばんそこさん推しなのですが、作者さまに不思議がられました笑)

また、作者さまの特長であるシリアス&コメディも随所に散りばめられています。
考えさせられる深いテーマがあり、でもそれがあまり重くならないように、笑い要素がすっと入ってくる。
このバランスは、本当にすごいと思います!

第1部では、気になる展開のまま終話となり、早く第2部が読みたくて仕方ありません。

冒険したい方、笑いたい方におすすめです♪

★★★ Excellent!!!

読みながらワクワクと胸が踊る、まさに冒険活劇と呼ぶにふさわしい作品です!

現代日本と異世界を舞台にし、しかも異世界には様々な種族や価値観が存在するというスケールの大きさ。
マシン子という性格も容姿もネーミングも魅力的なヒロインと、義経という真っ直ぐで優しく、物語を通して成長してどんどんかっこよくなっていく主人公。
実に個性豊かな脇役たちが織り成す物語の奥行きの深さ。
ワクワクする冒険と、ハラハラする戦い、そして感動の涙。

小説を楽しむのに足りない要素はないのではないかというくらい様々な魅力がぎゅうぎゅうに詰め込まれているのが本作です。

スケールが壮大かつ設定が緻密であるため、物語は多くの謎や気になる点を残しつつ第二部へと続くとのこと。
ボリュームに尻込みされる必要はありません。
軽快なテンポと語り口、そして何より見事な構成であっという間に世界に引き込まれ、あれよあれよといううちに読めてしまいますから!

読み終えたとき、あなたもきっとスレスレ人形が欲しくなるに違いありません(笑)




★★★ Excellent!!!

本作品の紹介をしたくてウズウズしていましたが、コンテストで応援すると決め、我慢して正解でした!

物語は何でもない川の石が場合によっては価値を生むという所から始まり、一人の女性と出会うことで壮大に広がっていきます。

オススメポイントは沢山あります。とにかく一貫したコメディ、ガラリと変わるシリアス要素、涙ありのドラマ、番外編のように毎回盛り上がるコメント欄、クレームお断りのスレスレネタなど、挙げていけばきりがありません。

ただ、一つ問題なのは読み出したら止まらなくなる恐れがありますので、読む時には時間に余裕を持った方がいいということです。

まだ一部ということで明らかになっていない部分もありますが、物語の根幹部分であるメインテーマについては明らかにしてありますので、安心して次回を待つことができます。

本当に素敵な作品とワクワクする読書時間をありがとうございました!!

みなさまも、壮大なスケールで描かれた冒険の世界を体験してみてはいかがでしょうか?

きっと新しい価値を見いだすことになると思いますよ!!

★★★ Excellent!!!

面白くてうずうずしてきたのでもう勢いに任せてレビューしてしまおう!!


一人称で文体は軽め、一話の文字数も少なめ。そのおかげかサクサクと読めてしまう。それに加え、この作品は結構笑うポイントとかマニアックなポイントが多い。要するに「面白い」の一言に尽きる。例えば……ネタバレにならない程度に例を挙げましょう。
主人公、ヒロインの名前が特徴的で覚えやすい。主人公はまだわかる。ヒロインの名前は「真真子」と書いて「マシンコ」と読む。こんな珍しい名前、覚えられないはずがない。一回出てきただけで覚えてしまった。あと、要所要所に出てくる某カンフーの人とか、ギリギリのネタとか、各話ツッコミ所満載です。あとワカメとかワカメとかワカメとか……。
とにもかくにも面白い。落ち込んだ時に読むと不思議と元気が出る。面白いからこそ多くの人に読んで笑ってほしい、なんて思ってしまう。個人的にはワカメとか主人公の趣味とか、結構ツボです。

★★★ Excellent!!!

異世界といえば中世ヨーロッパの街並みをイメージするところですが、本作での異世界はかなりぶっ飛んでいます。
まずそこが新しい!
そしてキャラもまた、個性的でぶっ飛んでます(すぐに乳揉む父が、何気にお気に入り)。
作者様が楽しんで書いているのがものすごく伝わってきて、読んでいてこちらまで楽しくなってくるし、笑いどころ満載でした。
しかし、やりすぎでしょって思うくらいふざけている生物やキャラが登場するわけですが、ストーリーは終わりに向かってブレることなく進んでおり、本筋はしっかりとしていました。
異世界の文化や人々の暮らし、こちらの世界との繋がりなど、設定も細かい部分までしっかり練り込まれているので、本当に主人公たちと一緒にこのぶっ飛んだ世界を冒険している気分にさせてくれます。
ジャッキーやサモハンがらみの小ネタが、香港映画ファンの私としてはかなり気にいってますねえ。
あと、ところどころに出てくる言葉遊びも秀逸で面白かった!
相変わらず文章も読みやすいですし、様々ないいところが凝縮された、とても読み応えのある作品でした。

★★★ Excellent!!!

ジャッキーに憧れてる主人公。
人当たりの良さ。エッチなとこ。
ジャッキーぽくって可愛いです!
そしてプリン別に好きってわけやないのにプリンなヒロイン。
わざとらしくない色気が新鮮でそそられます!
可愛い……っていうか芸術的?

この絶妙なペア(ジャッキープリン)がお互いを思いやりながら最高に輝く宝石を探して、たまにはエッチな事考えて、助け合って、チャンスがあったらエッチなとこ触って、勃ったり、濡れたり、血が思ったより出ちゃったり……
ビンビン感じれると思います。

ぶいーん!

★★★ Excellent!!!

 紹介文にあったように、現代も、異世界も、SFも、恋愛も、友情も、バトルも、何もかもがこの作品に凝縮されています! それでいて話の骨格が全く折れていないのは、作者様の成せる業と言う他にありません! 
 まず、現代では鉱物を介してボーイ・ミーツ・ガールが描かれています。このまま現代的恋愛か現代ファンタジーに行くのかと思いきや、SF的異世界でヒロインの正体を知り、そして様々な人々(人じゃない者もいたか?)に出会い、冒険を繰り広げています。それと同時に、現代世界では鉱物を使ったアクセサリーショップを運営して行くという、お仕事ノベル的な要素も入っています。
 これだけ詰め込みながら、人間にとって不死とは何か? 生きている者と生きている物の違いは何か? という普遍的で根深い問題が常に提示されていて、それでいて面白さも忘れない。まるでジェットコースターのように読者の感情を乗せていく、素晴らしい作品です。
 これだけ楽しさを詰め込んでいるのですから、絶対誰でも好みに合うはずです。是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

レビュー失礼致します🙇
※四章までのレビューとなります。

主人公――櫻井義経の現実世界から始まり、後に異世界《テールス》へと旅立つ、輝石と愛の物語💎💖
そのテーマは✨価値✨です
天然石を集めていた義経が、異世界に属する日元《にっがん》の巫女様――菊川マシン子と知り合うことでスタート🐲
様々な困難や問題が襲い掛かりますが、多くの親しき人物たち(ときどきモンスターや○○○○も)と共に乗り越えていきます💥👊
時には、笑ってしまうくらいのとんでもハプニング😁
また時には、涙腺を刺激されてしまうくらいの感動シーン😂(個人的には3章9話が激熱🔥)
主にコメディタッチで記されていますが、内容こそとても分厚いです✨📖✨

才知に富む作者様の筆から繰り出される展開や表現は、毎度予想を超えるばかりです。笑ったり、ドキドキしたり、ジーンとしたり……正にユーモリスト(悪い意味では毛頭ございません)敬意に値します👮

また、一話ごとの文量も非常に適当で、とても読みやすく構成されています✏読み手のことまで考えられた優良的作品で、多くの方々がストレス無く拝読できることでしょう🎵

まだ連載中作品なので、多くの読者様に目を向けてほしいです😊
勝手ながら私も応援、及び今後も拝読させていただきますネ😆📣ファイトー❕


共に見つけませんか?
私たちが未だ知らない価値を✨
その先も、これからも✴


満足度に期待も込めて、☆☆☆で評価させていただきます🐧

★★★ Excellent!!!

主人公が女の子と出会い異世界に行ったり、行かなかったり。
そう言ったストーリーですが、異世界にわたる前から既にストーリーが面白いです。
語りも独特、唯一無二の味があります。
現実世界で石に関する趣味に目覚めた主人公は、女の子と出会い---

異世界にわたるのですが、これはよくある、中世の街並みを舞台としたものではなく、新鮮さを感じました。
日本の地理が、意外と出てくるのですね。
やはり日本人は日本が好き。
そんな気持ちになる異世界です。

細かいところで執拗に笑わせに来る作風は健在です。
面白い。

★★★ Excellent!!!

貰って嬉しくない物……誰にでもあるはずだ。私は外ヅラが凄まじく良いので、そういうときでも「いやーありがとうございますハッハッハ」と、いつも以上の笑顔で受け取ることができるのだが、内心では扱いに困るものだ。特に食い物関係はたくさん貰うとなかなか減らない。大食いの私は、そんなに好き嫌いが多いほうではないのだが、やはり消化は面倒だ。親戚から貰った大量のレトルト食品、いまだ残ってます(苦笑)



“自分にとって価値のある物を渡せば相手も喜ぶに違いない!”

これは本作、冒頭にある一文。主人公、櫻井義経は小学生のとき、好きな女の子に“ジャッキーの笑顔”がプリントされているコンパクトをプレゼントした。そんなものがあンのかよ、と笑ってしまうが、そこからパワーを得られるのではないか、と考えたらしい。当然、喜ばれることはなかったわけで。しかも義経自身、すぐに自分と他者の間にある価値観の相違に気づくので重症ではなかったようだ。まァ、せっかく稼いだ金で“等身大ジャッキーフィギュア”を買うあたり、完治もしなかったようだが(笑)

本作の第一章は、とにかく“価値”という言葉が頻出する。義経の目から見た金銭、物品、人々、そして女性は、価値観を基準に存在意義が算定されるが、無理にそういったものと結びつけようとしているフシも見られる。小学生時代の苦い経験が彼の人間性を作り上げたということか? 謎の美人ヒロイン菊川真真子(“マシン子”と読む!)の名前を知り、それに唯一無二の価値観を見いだすあたりに義経の現実思考が垣間見える。

“佐月哲学”

のようなものが、そこには確実にある。主人公の独白にそれが見え隠れするのだが作者、佐月詩氏の代表作『フェアリーウェイト』を想起させる。確かあちらも、そんな感じだったように記憶している。語り手、視点となる人物の趣味嗜好、対人観はある意味リアルだが、極端でもある。それが… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

わかっていますよ、世の中の嗜好全てが《ぷるん》じゃないってことは……。でも、無いよりあった方がいい、そう思う男性諸氏が多いということも事実なんですね。

若くて可愛くて《ぷるん》なんて、しかも実は異世界の巫女ちゃんだなんて、そんな女の子と仲良く慣れたら、たったまま死んでも人生に悔いなしですね!まさに弁慶のタチ往生ですよ。

そんでもってアナタ、そんな女の子の生プルンを見てみなさいよ、中井貴一じゃ無くたってキミ?プルーン!って言いたくなるってもんですよ。話は変わりますけれど、乳牛から搾りたてのミルクは濃すぎるので、例え新鮮なミルクが飲みたいといっても《プルン》からの直飲みは止めたほうがいいですね。

という訳で【太陽の巫女プルン】第二章<異世界はええとこだっせ、日元教国がおまっせ編>の途中までのレビュー、石を拾って、はぎや整形に行こう迄のお話でした。今後の搾乳が楽しみです!

★★★ Excellent!!!

 石を採取するために、ツッコミ系男子義経くんと、ヒロイン真真子(マシンコ)ちゃんが現世界と異世界を行ったり来たりするストーリー!
 この作品の魅力は、何と言ってもキャラクター! 現・異世界問わずに個性と愛情が爆発するキャラが沢山出てきます! ちなみに私の推しは義経くんのおとうさまです!! もちろんヒロインもかわいいですよ!
 真真子ちゃんの綱渡りレベルのボケと、義経君のキレのあるツッコミ。義経くんとゆかいな仲間たちの掛け合いは、一話一話を見ても楽しいです。あと、真真子ちゃんを見ればわかりますが、個性的な名前もちらほらです。やったね、キャラの名前を覚えにくい人にも優しい!!
 魅力二つ目は映画のような臨場感あふれる異世界。空や森などの息遣いを思わず感じてしまうほどの感触。それから、異世界でも現世界と共通する石も出てきて、リアルティがあります。


☆この作品を読むまで知らなかった石の豆知識☆
 作中に出てくるアグニタイトは、赤い水晶らしいです。アフリカで多くとれるそうですよ。



 ですから魅力は『ぷるん』だけじゃないんです!!(泣)
 『ぷるん』が最大の魅力であることは間違いないですけれどねッ!(泣 
 …以上、貧乳女子からのレビューでした…
 ぷるん!(口でいう)

★★★ Excellent!!!

 一章、現代編が終わってのタイミングのレビューです。

 この作品の魅力は、なんといっても、主人公とヒロイン!
 彼らのあの独特な雰囲気は、ちょっと説明するのが難しいです。
(だから、本文を読んでね♪)

 名は体を表すとは、まさに彼らのための言葉のようです。
(ヒロインの名前が最高ですね)

 読み進めるほどに、常識にとらわれていた自分を思い知らされます。
(コメディではないはずなのに……いや、コメディなのか)
 
 物語は、現代世界に収まりきれず、異世界にはみ出したところです。
(初めから、その予定だとあらすじに書いてあるけど)

 知的でクールな笑いを求める方に、ぜひ、お薦めします。
(文章が格好良くて、「ぷるん」なんですよ)

★★ Very Good!!

まだお話は途中ですが、1話1500字程度で読み進んで行きやすく、そして1話ごとにつっこみどころ満載? です。

主人公の青年は好青年と言ってしまえばそうかもしれない。
しかし、物事を判断する時の見方が、少し変わっていると感じる人もいるだろう。
何事も、同じように感じる必要はないよねと言いたくなる。

堅い感想になってしまっているけど、異世界に行く前から面白いので今から読んでも楽しめると思います。

まだ、途中なので星は残しておきます!

★★★ Excellent!!!

最新12話まで読んでのレビューです。
この作者の物語はとにかく魅力がいっぱいです。
タイトル通りの起伏に富んだ予測不能のストーリー展開はもちろん、それを生み出すリアルだけど奇想天外なキャラクター造形。
でもそういった突飛にも見える物語の中に、実は確固とした芯がある。
そこにはキャラクターの成長があり、どこまでも明るく強い思想があり、さらにはひたむきに楽しい物語を作り出そうとする作者の強い意志がある。
そんないろんなものが詰まった物語、つまらないわけがありません。

現代ドラマのようで、異世界ファンタジーが少しづつ混ざる不思議な雰囲気、メインキャラクターの義経とマシン子のコンビもなんとも生き生きしています。
物語はまだ序盤、ストーリーもゆっくりと大きく動きだしたところですが、もう今から次の展開が楽しみだし、どんなエンディングに連れてっていてくれるのか期待でいっぱいです。
ということで、こちらは是非連載を追いかけて欲しい作品です。

少しずつ積み上げられるエピソードを一緒に楽しんでみませんか?

★★★ Excellent!!!

 自身の美的センスを信じて石拾いを始めた主人公が着々といろいろな物に価値を見いだし世界が広がっていく様が非常に面白い!
 地味な作業と小さく少し変わった野心が、硬い文章も相まって作品の雰囲気が出ています。まだ物語は始まったばっかりですが、とても面白かったのでレビューしました!
 完結おめでとうございます!
 2章が凄く気になる終わりです!
 見なくては! 

★★★ Excellent!!!

まだまだはじまったばかりの物語ですが、面白いわけで勢いだけでレビュー。

どうせなら、楽しみにしながら更新を追うのも醍醐味だと思うわけです。ひとりでも多くの人が読むべきだとおもうのですよ、ハイ。


深夜バイト先がつぶれた主人公の青年が、軽いきっかけではじめたのが河原で拾った石をネットオークションで販売するという仕事。

主人公は意外な採取スキルの持ち主で、拾った石はどんどん売れていき……『等身大ジャッキーフィギュア』や『高級ブランドバッグ』を買えるほどになったとき、石を拾う河原に現れたのは謎の美女。

そんな美女がある提案をした……その、提案とは?


主人公のヨシツネ君の一人語りや、短く的確なツッコミ。

そしてなにやら……
おおきな秘密を隠し持っていそうな、ヒロインのマシン子の魅力。


「彼女はどこに秘密をかくしているのでしょうか?」ぷるん。

「いったい彼女の身体のどこに?」ぷるん。


そんなわけで、これからの更新楽しみにしています! ぷるん。

★★★ Excellent!!!

どんな方でも価値観は存在し、それは十人十色だったりすると思います。勿論、流行が好きな方もいれば、あえて流行りに乗らない価値観もあります。

本作の主人公はタイトル通り「石」に価値を見出し物語を進行していくのですが……

とってもお堅いお話に感じるでしょう?
これが面白可笑しく軽快なノリで進んでいくのです。
作者様のセンスがキラリ輝く面白さ。自分が如何に頭の堅い人間だったと思わせられました。

ただのギャグで終わらないのも、この作者様の特徴といえるでしょう。
石についての専門知識の豊富さ。小ネタの引き出しの広さ。コメディテイストから一気にシリアスを投げ込んでいく構成など、探せば探すほど面白さが詰まっています。

そして、これだけの壮大なストーリーは第一部。始まりなのです。
もし読まれたら、そう思うに違いありません。

作者様。楽しい時間ありがとうございました!
第二部も楽しみに待っています!