第2話 俺はクールで媚びやしないぜ

『こちらは、エルフのアキュータ国です。よその国からいらしたのですか?』

 泉にいたエルフさんは、戯れをやめ、殆ど集まったではないか。

 俺達、変わった服装のにわかエルフさんだから、好奇の目を向けられているのだろう。

 ネココ先輩はファンタジー好きだからか、喜んでいるな。

 笑っていると可愛いのは流石だ。

 むっふーん。


「あはは。セーラー服と学ランです。我が国の若者が着る制服です」

『おー、若者の制服。素敵です』

 俺だけ警戒しているのか?

 俺だけ、浮いている気がする。

 どうしてだろうか。


『作家とは何ですか?』


「私は、ライトノベルで、エルフさんも勿論描かせて貰っています」

 ぺこりとお辞儀した。

『おおー。ライトノベル』

 エルフさんはざわついた。

『私達は、ライトノベルで活躍しているのですか』

「そうなんですよ。華麗に活躍です」

 エルフさんは賢いのだな。

 言葉が通じる。

 いや、待てよ。

 俺達エルフさんではないか。

 だから通じるのか。

 普通に話してみよう。


「俺は、純文学一本で。いつか賞を取りたいと思っている。エルフさんは、ネココの作品で知ったけれども、登場人物は現代人に着彩したのが多いな」

 簡単な自己紹介でいいだろう。

 頭は下げておくべきだな。

『純文学? 私達はいないのですか』

 皆、首を捻っている。


「……しまった」


 パパラパラー!


 何だこのゲームチックな音は?

 ネココ先輩から聞こえたぞ。


「大丈夫だよ、イヌコ。今の私ならできるよ。転機が舞い降りたみたい。必殺スマートフォンです」

 おおー、ネココ先輩にやる気がみなぎっている。 


「皆さん、私はちょっとスランプ気味だったのですが、素敵なエルフさんのお陰で何か書けそうです。後で読んでいただけますか?」

 ネココ先輩がスランプ気味だったって?

 確かにノートパソコンを打つ音は静かだったが。


『ライトノベル!』

『ライトノベルのネココ!』

 エルフさんの囁きが明るくなったな。

 ネココ先輩、期待されて、羨望の眼差しを送るよ。


「お楽しみいただけるようにがんばります」

 異世界ペンネーム、ネココで、一作書き始めたのか。

 ネココ先輩がスマートフォンをタップする。


 フイフイ……。

 スッスッ……。


 文芸部室にいる時より指が軽い。

 どんどん書けている。

 アイデアも湯水のようなのだろうな。

 俺は、羨ましいだけだな……。

 スランプなのは、俺もだ。


「できました! 会心の作です!」

 ピンクのスマートフォンを高々とかかげ、会心の作と言い切りますか。

 一体どんな作品か、美味しそうだな。


『ライトノベル。メルシー(ありがとう)』

 ネココ先輩のスマートフォンを手に取り、皆で回し読みか……。

 楽しそうだな。

 俺は何をしているのだろう。

 誰とも話もしない。


『おおー。ネココ!』


「やった……。手応えあるわ。私、スランプから抜けられたのかしら」

 スランプから脱出できただと。

 俺もスランプなのに。

 こればかり考えても仕方がないな。


「ネココ先輩、何を書いたのか教えてください」

「えっと、それは……。ちょっと勘弁して欲しいな。かなり恥ずかしいので」

 ごめんなさいと俺に手を合わせるが、譲れないな。


「スマートフォンのを俺に読ませてくれませんか」

「いやー。だめよ」

「タイトルだけでもお願いします!」

 ネココ先輩は後ろを向いてしまった。

 しつこかったか。


「わ、分かった……。『ふた房のたわわな果実』なんだけど」

「なんだ、官能小説か。だから恥ずかしいのですか」

 鼻で笑うわ。

 おっと、不遜だったな。


「ちょっと違うよ。でもお子さまにはダメだよ。イヌコはお子さまだから、ダメ」

「何でですか。先輩の会心の作を読ませて欲しいのですけれども」


「しつこいぞ、イヌコ。いつものクールさはどうした。珍しいな」


『フフフ』

『クスクス』

 とがった耳が震えている。


「ほら、会心の作がエルフさんに受けているではないですか。俺もスランプなので、読みたいですよ」

 はっ。

 スランプだったと明かしてしまった。


「純文学、スランプだったの? いつも同じ行を目で追っていたのはこのためか……。分かったわ」


 ネココは、エルフに礼をして、スマートフォンを貸して貰った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!