第6話 俺の会心の作小生大ちっぱい

『小生ちっぱい失敗談義』


 著 イヌコ


――――――


 小生の妻は、ネココをペンネームに活躍するちっぱいライトノベル作家である。最近、悩んでいたスランプを脱したようである。それは喜ばしいことであるが、その会心の作に『ふた房のたわわな果実』なる官能小説とはいかなるものか。問題提起をすべく、筆をとったまでである。


 先ず、伝えなければならないのは、ネココに自身のちっぱいをたわわな果実と小生が表現すると思われているのを訂正したい。見たままを正直に伝えるべきである。


 これは、妻とする前に心得て欲しかったのだが、小生は、たわわがお好みである。その他は、激かわ過ぎて目を合わせられずに困っている。


 一つ、美しい妻を描いてみよう。


 朝日の差し込むくりや、可愛らしい白いエプロン姿で、茄子と油揚げの味噌汁を拵える君。結った黒髪を揺らして、長く尖った耳を穏やかに下げた時、納得の味に調ったと伝わる。


 これだけで、夫はちっぱいを忘れて激かわキノコにやられる。


 惚れて仕方がないので、ちっぱい失敗談は皆無に近いと気が付いた。


 一つ困ったのは、恥ずかし過ぎて、肩も抱けない小生の性である。ネココ、寂しがらせてごめん。失敗したのは、小生である。


 惚れているから、勘弁してください。






――――――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!