第7話 文芸部へGO&異世界へGO

「うごはぎゃああ」

 はっとして目覚めると、俺の部屋、俺の勉強机で原稿用紙にうつ伏せに寝ていた。


「魘されるなど珍しいな」

 俺は乱れた髪に手をやり、誰も見ていないのに恥じた。


「原稿が、できている。とても短いけれども……」

 事態が把握できず、暫く白かった。

 俺は、スランプだったのではないか。

 原稿など書けるはずもない。

 だが、この右肩上がりの文字は俺のものだ。


「……。俺が書いたのか」

 猫先輩の会心の一作を受けての内容だ。

 題は、『小生ちっぱい失敗談義』と、どれだけ、俺は胸に拘るのか。


「俺が、書いたのだな。俺しか書けない」


 ガタリ。


 感極まって、椅子から立ち上がった。


「おお、俺しか書けないものを俺が書いたんだ。や……。やった……。や……」

 俺は、眼からの熱いもので、原稿をいじめてしまった。

 『ネココ』の文字が滲んだ。


「俺でも、俺でも、一文字以上執筆できるのか」

 俺にしては、殊勝な気持ちになっていた。


「やったー!」


 ダンダン!

 ダンダン!


 喜びを全身で表すと、子供のように跳ねてしまうものなのだな。


「ちょっと早いが文芸部へ……。天羽高等学校へ行こう」

 俺にはそれしか思い浮かばなかった。


 朝焼けの土手は清々しかった。

 順調過ぎる感じが堪らなかった。


「今は、東大とか縛りが少ないな。好きなことは東大でできないしな」


 ふふふー、ふふふーん。


 俺としたことが、スキップをしてしまった。

 誰もいないよな?


「わっ」

「ぎゃああ」

 見れば、猫先輩が背中にいた。

 驚いて恥ずかしい。


「ええー。東大受けるんだ。ふううん」

「ふううんとは。いけませんか」

 俺の秘密を知られてしまった。

 これで、受からなかったら恥ずかしいな。


「えへ。違うよ。私も受けるから」

「えええええ。猫先輩もですか?」

 MB……。

 マジで、びっくり!


「うん。原田教授の研究室狙っているの」

「もう研究室まで定めているとは。どんな研究室ですか」

 敗北感が募るのですけれども。

 俺は、ブランドで大学を選んだからか。


「受かってから教えるね」

 口に指を立てて、内緒話にされてしまった。

「犬君、受験勉強がんばってね。待っているから……」


「俺が東大に落ちて、猫先輩が受かる妄想しかできない!」


 ダン!


「俺は、何も悪いことしていない……!」

 普段、沈着冷静な俺が土手を叩いてしまった。


 ――ぐらり……。


 空間が急に歪んで、大きな地震に襲われたと思った。

 川面も波立ち、土手もガタガタと動いてじっとできず、俺達は叫んだ。

「這いつくばれ!」

「這いつくばって!」


「うおおおおおおおお。猫先輩、俺は……。俺は、好きでした……!」

「きゃあー!」


 ――スランプ・トンネルヘ・スクリュー……。


 キリキリする声と共に、森の香りと美しい泉の中に投げ出された。


「……」

「……」


 バシャッ。

 バシャッ。


「うぶおう。ぷはあ。はあはあ……。猫先輩、俺につかまってください」

 体育は得意ではないが、泳ぎは飛び魚に負けない。

「ぷは、ぷはあ。はあ……。犬かき?」

「違います!」


 岸に上がると流石に安心した。

 猫先輩に何かあっては、俺が困る。


「猫先輩、またもやエルフさんの世界です……。アキュータ国の」

「そうね、これが転送なのかしら……」

 囁き合った。


「それより、転送に紛れて、私のこと、何か言わなかった……?」

 猫先輩が、耳まで真っ赤になって囁き続けた。

 ああ、その恥じらいは、堪らない。

 小生に激かわキノコを浴びせないでくれ。

「ゲホン。ゴホン」

 死にかけないと無理な話だ。


「又だー! 猫先輩……」

 真顔でしか言えないよ。

「エルフさんになっています」


「てか、犬君。君も……」

 真顔だよな。

「エルフさんになっています」


「あははは」

「参ったなあ」


 ガサリ……。


『おお。ネココ、イヌコ。ボンジュー。国へ帰ったかと思った』


 美しいエルフさんが、森の奥から楽しそうに、二人を取り囲んだ。

 俺達は、もしかして、危険な程、人気者になったのか……?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!