無神論者たちの唄

作者 陽澄すずめ

舞台はコードギアスのイレブン。あれに似た世界で展開する人情活劇です。

  • ★★★ Excellent!!!

雰囲気は銃夢に似ている。パクリを意味するのではなく、閲覧者に作品紹介するならば…の視点で、雰囲気だけです。
雰囲気が似る主因はヒロインを主役に据えているから。肉体能力に秀でていても、精神的な見守り役を傍らに配置し易いです。
ヒーローが主役だと、ヒロインを配置し辛いですよね。作戦遂行上、彼女の才能が不可欠と言うストーリーにしなければならないから、作者の発想を縛るんです。
とは言え、それは一般論であって、本作品の場合、無駄な脇役キャラはいません。
1人だけ「このキャラは必要?」と感じましたが、付録のスピンオフ編で存在感を出してました。
内容に関するコメントは避けてますが、面白いです。私がネタバレを危惧したからに過ぎません。
また、本編の読了で満足せず、スピンオフ編まで読みましょう。登場キャラに一層の愛着を感じれます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

時織拓未さんの他のおすすめレビュー 567