カネサダを北極星へ向けろ

作者 梧桐 彰

傑作!!

  • ★★★ Excellent!!!

小気味好いテンポに優れたプロットに魅力溢れるキャラクターに、徹底した世界観のリアリティと読者を飽きさせない緊張感の連続と、どこをとっても一級品!

いわゆるゾンビの溢れる世界でサバイバルを繰り広げる作品はいくらでもありますがその中でも群を抜いて面白い。ゾンビ相手にただ武道で立ち向かうのではなく「武道の知識、経験をどうやって生き残る為に活かすか」が練られており、武芸に対する知識と哲学が物語に深みを、キャラクターに魅力を加えている。

またリアリティの追求が徹底しているから、ゾンビが溢れるという虚構に対して全体がニセモノっぽくならず「本当になったらどうしよう」という恐怖と緊張を感じる。

ストーリーは序盤から緩むことなく加速を続け、主人公は目的を達することが出来るのか、誰が生き残るのかと気になって読み進める手が止まらない。カネサダを北極星に向けろ。タイトルも最高に格好良い。

非常に面白い、傑作!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

鋼野タケシさんの他のおすすめレビュー 35