夜に咲く花

作者 増黒 豊

34

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品を、まだ最後まで読んでいません。一気に読んでしまいたい面白さだからこそ、慎重になってしまいます。

というのも、私も同じく新選組ものの小説を書いている身。読めば読むほど史実とフィクションの塩梅の上手さ、物語への落とし込み方、流れの良さが素晴らしく、知らず知らずのうちに「パクってしまいそうになる」のです(笑)歴史物を書く上で、参考文献にフィクション作品を入れてはいけないのは重々わかっていますが思わず参考文献の1つにこの作品を入れてしまいたくなるほど。
そうは言っても、いち読者としては続きが気になって仕方ないのもまた事実。
影響を受けないように気をつけながら、大事に大事に読み進めていきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

時代小説・歴史小説は、登場人物の生涯がわかっているだけに、彼らを主要登場人物に置いた作品は、やはり読むときの思い入れが深くなる。なにせ「知ってる仲」だからさ。言ってみれば二次創作の世界と同じで、最初からキャラクターを「読者がわかっている」利点は大きい。

本作もそう。題材が新選組となれば、創作界での人気もダントツだ。

もちろんそれにはマイナス面もある。人気が集中する>創作数も増えるわけで、手垢が付きがちになる。本作はそこを、架空の人物を主人公に据えることで巧妙にクリアしている。

……ではあるが、やっぱり北に逃れた土方さんの最期とかは、やっぱり切ないよなあ読んでると。

弥生時代舞台の前作より創造力の広がり幅は現実的だが、その分、リアリティーに優れている。加えて、文章から哀切感が溢れているのは、前作同様、作者ならではの資質と言えるだろう。

★★★ Excellent!!!

 架空の隊士・綾瀬久二郎を主軸にした幕末・新撰組の物語。
 彼の視点から新撰組の歴史を追いかける物語は、歴史の知識が無くても分かりやすく、その語り口と、時折挟まれる現代と幕末をつなぐ解説が、一層、読み手を物語へと引き込む。
 そして、物語を読み進め、彼を追いかけてゆくと、もしかしたら、こんな隊士が居たのかもしれないと思えるだろう。それだけ、この作品は時代を、そして人間を見事に描いている。
 一人の若者が鬼となる様は、勇ましくもあり、悲しい。しかし、そこに悲壮感は無い。ただ前へ進む生き様があるのみである。
 歴史を知っていれば、その結末は想像に難くないかもしれない。しかし、ひとつの時代が終わり、新たな時代が始まった、あの時代を生きた彼という“花”は、その夜明け前、見事に開いた。その生き様の潔さを、そして、その花が残したものを、是非、確かめて頂きたい作品。

★★★ Excellent!!!

 奪われた妹を取り戻すために、親友と二人で崩壊した村から出た青年久二郎。彼は運命の予想もつかない変転と出逢いにより、日本人ならば知らぬ者はない新撰組の一員として動乱の時代を切り開く刃となる。

 斬るべき者も、斬りたくはなかった大切な者も斬った男が咲かせた花とは。そう尋ねられれば、多くは紅い花を思い浮かべるでしょう。私達の肌の下に流れる、鉄錆の臭いがする美しくも禍々しい花を。それも間違いではありません。作中では、多くの者たちが紅い花となって散っていきます。いずれもそれぞれに誇り高く、散っていく。
 だが、久二郎が、新撰組の男たちが真に咲かせんと欲し、数多の犠牲の末に守り抜いたのは、もっと美しく尊い花でした。それが何であるかは――是非ともご自身でお確かめください。
 圧倒的かつ緻密な知識と軽快な語り口で綴られる、激動の時代の夜明けを。あなたの目で、心で。

★★★ Excellent!!!

第一部完結に際してレビューを書かせていただきます。
日本人なら誰もが知るところの新撰組を題材に、架空の隊士を主役に据えながらも史実に沿って展開する歴史小説です。
作者様の語りが地の文で多く採用されているので、京都を舞台にしたエッセイのようでもあります。
まるで吟遊詩人か琵琶法師です。見てきたことを叙事詩にして語っているのような印象を受けます。
どんどん次のエピソードが気になってくる。教えて教えてとせがみたくなってきます。

主人公の久二郎は美濃と飛騨の境に生まれた田舎者の青年。真面目ないいやつで、擦れたところのない、妹や恋人に優しい男です。
相棒の彰介もいいやつ。久二郎の幼馴染みで、体格に恵まれているけどどうしても久二郎の一歩前に出られない。
そんな二人が京の都にやってきたところから物語は始まります。
奇しくも時は幕末。
激動の時代は二人に安穏な生活を許しません。
生まれ故郷の村で暮らすことができたら、二人は今も田舎の好青年として笑い合ってのんびり生きていたのでしょう。
話が進むにつれて久二郎の『誠』への思いは強くなります。どんどん重く、かたく、冷たくなっていきます。
いつしか彼の壮絶な決意が多くの人間を斬るようになっていきます。
読者は作者様の語りを聞きながら久二郎が大きな渦の中に飛び込み汚れていくことを感じさせられます。
久二郎はもう戻れない。
彼は鬼の組長になってしまった。

しかし、みんな、潔い。
けして悲しいわけではない。むしろその瞬間は快くすらある。
男の覚悟、己を貫いた瞬間に立ち会えるからかもしれません。
理屈ではなく、道徳でもなく、誰の最期でもすべて「そうだ、あんたはそれでいい」と頷きながらここまで読みました。

少しでも歴史に詳しい方なら想像がつくと思いますが、その作品もとにかく死にます。
多くの死を見送ってきました。
他の作品では、そんな新撰組を滅びの… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

かの有名な新撰組を題材に、架空の主人公を据えて繰り広げられる幕末絵巻。
もう、文章が、とにかく、幕末。
どうしようもなく幕末。

こちらの作者さんは、非常に切れ味の良い、すっきりとしながらも熱い文章を書かれるのですが、もう、それがものすごく効果的にこの幕末という時代に寄り添っています。

圧巻。これはヤバイ。
何がヤバイって、すごくヤバイ。

あまり詳しくない方でも、すんなり入っていけるし楽しめると思うのですが、個人的には詳しい方にこそ読んでいただきたいです。
基本的な知識の量や深さもさることながら、独自の解釈で描かれる実在した人物たちの魅力たるや……!
特に、現在の最新話のメイン、新説・芹沢鴨ともいえる奥深い考察には舌を巻きました。
幕末の風、ぜひ、この作品で感じてください。

以下、完結に伴い、追記です。
う、うわぁあああ……うわぁあああああ!!!!!なんもいえねぇ……!!!!!
あれ、レビューなのに?レビューなのに!?意味なくねぇ!?
いや、何も言えなくなるほどの、素晴らしい作品だということです。
とにかく読んで!!最後まで読んで!!!!
そして見届けてください!!示すための、戦いを!!!!
生き様を!!力強い「生」の物語を!!!!!
そして、知ってください。
「夜に咲く花」。
その意味を。

★★★ Excellent!!!

新撰組の物語はドラマ・小説・ゲーム・漫画含めて様々な物がありますが、この新撰組は新しく、かつ正統派な新撰組の物語です。

私は歴史物はあまり読まないのですが、この作品は所々作者による丁寧でわかりやすい解説が入るので、歴史に疎い私でも「なるほどー」と思いながら楽しく読ませていただいております。新撰組好きな人も、これまで新撰組に触れたことが無い方にもオススメな新撰組物語です。ストーリーもただ歴史をなぞるだけでなく、ちゃんと主人公に目的があり面白いです。

この作者さんの作品は、作者さんの知識が豊富で色々勉強になるので、もう一作の歴史物「女王の名」も是非オススメします。こちらは弥生時代を舞台とした、ガチの情熱と感動の大作です。