赤沼家の殺人 ―怪人と不可能犯罪の物語―

作者 Kan

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全90話

更新

  1. 登場人物紹介
  2. 1 稲山執事が手紙を見つける
  3. 2 手紙の内容
  4. 3 食堂での会話
  5. 4 麗華の部屋で
  6. 5 麗華、電話をかける
  7. 6 麗華、階段を踏み外す
  8. 7 私立探偵 羽黒祐介登場
  9. 8 法事でのこと
  10. 9 大晦日の夜、怪人現る
  11. 10 雪の夜の殺人
  12. 11 刑事 根来と粉河が捜査に当たる
  13. 12 現場へ
  14. 13 事情聴取の開始
  15. 14 稲山執事の想像
  16. 15 Mの怪人の意味
  17. 16 人間消失の謎
  18. 17 稲山執事のアリバイ
  19. 18 フラッシュバック
  20. 19 早苗夫人が見たもの
  21. 20 麗華の気持ち
  22. 21 麗華、姉について語る
  23. 22 琴音の出生
  24. 23 麗華のアリバイ
  25. 24 淳一の供述
  26. 25 吟二はショパンを聴いていた
  27. 26 事情聴取の終了
  28. 27 怪人の絵画
  29. 28 粉河刑事の推理
  30. 29 吟二の激怒
  31. 30 京都の喫茶店にて
  32. 31 蓮三の帰宅
  33. 32 羽黒祐介の到着
  34. 33 羽黒祐介と根来警部
  35. 34 民宿でのひと時
  36. 35 怪人の現れる夜
  37. 36 またしてもアリバイの問題
  38. 37 村上隼人からの電話
  39. 38 天ざるとカレーうどん
  40. 39 村上隼人登場
  41. 40 村上隼人と線香
  42. 41 初七日に舞い降りた死
  43. 42 早苗夫人の嘆き
  44. 43 人を呪わば穴二つ
  45. 44 毒を入れたのはいつか
  46. 45 三人の男のアリバイ
  47. 46 羽黒祐介の疑問
  48. 47 横浜中華街の女
  49. 48 京都の夜
  50. 49 再びフラッシュバック
  51. 50 驚くべき秘密
  52. 51 雪の夜の事故
  53. 52 村上隼人が見たもの
  54. 53 村上隼人の自首
  55. 54 村上隼人の絶望
  56. 55 三度目のフラッシュバック
  57. 56 麗華が見たもの
  58. 57 秘密が明かされる時
  59. 58 麗華の思い出
  60. 59 村上隼人の話
  61. 60 大捜索の開始
  62. 61 赤沼琴音
  63. 62 再会
  64. 63 根来の興奮と緊張
  65. 64 琴音の話
  66. 65 一年前の自殺の話
  67. 66 事件当夜の話
  68. 67 羽黒祐介の閃き
  69. 68 お城の地下室
  70. 69 盗まれた革靴
  71. 70 指紋の問題
  72. 71 煙草と鞄の問題
  73. 72 麗華と稲山の話
  74. 73 早苗と淳一と吟二の話
  75. 74 怪人の正体
  76. 75 羽黒祐介の覚書
  77. 76 羽黒祐介が真相を語る時
  78. 77 真犯人
  79. 78 殺人予告状の意味
  80. 79 雪の足跡のトリック
  81. 80 怪人の真相
  82. 81 悲劇の死
  83. 82 証拠
  84. 83 遺書
  85. 84 遺書の続き
  86. 85 遺書の最後
  87. 86 最後のフラッシュバック
  88. 87 日記
  89. 88 告白
  90. 89 別れ