天ヶ瀬アマタの斬魔行路

作者 海野しぃる

和物に興奮しました!

  • ★★★ Excellent!!!

 突然に異世界に放り出された天ヶ瀬アマタは、偶然手に入れた
日本刀で戦うことになる。
 しかも、その異世界、どうやらお江戸だったらしい。ただし、ちょっといい加──あ、いや、自由度の高いお江戸だ。エルフがいたり、妖精がいたり、でも悪代官や新撰組もいる。
 とにかく、全編和風というだけで、めちゃくちゃ楽しい。冒頭の斬り合いの最中にアマタがちゃんと鞘を手に持っているという描写だけでも、作者がきっちり考証している証左だし、だがそこで歴史知識を鼻にかけるでもなく、あっさりぶち壊してケレン味を出してくるあたりは、ガチのエンターテイメントを感じる。ガン=カタとか、ツボだ。アマタの和装もおしゃれだし。
 とにかく、他の作品なんかで、安直に主人公の女子に日本刀持たせて、和服着せてる似非和物とは、本作は一味ちがう。日本刀は名古屋帯とか半幅帯とかには差せねえから。
 本作にすっかり影響されちゃったんで、今度ぼくも和物の小説、なにか書きます。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

10年以上も昔、こんなセリフがあった。

殺人者には救いがなく
殺人鬼は救いようがない

これは、一つの真理だろうと私は思っている。
今作の主人公、アマタは、そのどちらかである。
どちらであったとし… 続きを読む

雲江斬太さんの他のおすすめレビュー 257