日本が日露戦争後大陸利権を売却していたら? ~ノートが繋ぐ歴史改変~

作者 うみ

フォロー 1話目から読む

ノートへ書き込んだ一言から始まった壮大な歴史改変! うみ

ロシアと戦争がはじまる。
突如、現代日本の少年のノートにこのような落書きが成された。少年はいたずらと思いつつ、ノートに冗談で返信を書き込むと、また相手から書き込みが成される。
なんとノートに書き込んだ人物は日露戦争中だということだったのだ!
ずっと冗談と思っている少年は、日露戦争の経緯を書き込んだ結果、相手から今後の日本について助言を求められる。こうして歴史改変が意図せずはじまったのだった。

※同名小説の連載版となります。
※この小説はなろうへも投稿しております。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

日本が日露戦争後大陸利権を売却していたら? ~ノートが繋ぐ歴史改変~

@Umi12345
執筆状況
連載中
エピソード
10話
種類
オリジナル小説
ジャンル
歴史・時代・伝奇
タグ
架空歴史 歴史シミュレート 日露 世界大戦 仮想戦記 現代から過去への助言 政略中心
総文字数
36,114文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
14人
応援コメント
2件
小説フォロー数
53

アクセス数

作者

うみ @Umi12345

ゆっくりと小説書いてます。読むのも大好きです。 もっと見る

近況ノート

もっと見る 78

同じ作者の他の小説

もっと見る 13

この作者のおすすめレビュー

もっと見る 143