勇者、辞めます ~次の職場は魔王城~

作者 クオンタム

最高の魔王が誰か、分かるかい?

  • ★★★ Excellent!!!

「勇者と魔王」――王道で、ありふれていて、そして、それだけに地力が試されるジャンル。目の肥えた読者にごまかしは一切、効かない。
 本作は社会人ハウツーな主人公TUEEEE! と、勇者的な意味での主人公TUEEEE! が両立されており、かつ、各話が「ええっ! これからどうするの?」「ええっ! これどうなるの?」「ええっ! 今のどうやったの?」というフックを抜け目なく仕込み、間断なく読者を気持ち良くさせる手腕に満ちている。
 邪悪だ。カロリー豊富でかつ複雑多彩な味わいを持つガトーショコラのように邪悪だ! 太ると分かっているのにやめられないとまらない! 人間の胃が砂糖と脂と塩を求めるように、ヒトの脳が求める快楽を供給してきやがる! こいつこそ、この作者クオンタム様こそラノベの大魔王よォ――ッ!!

 本作は一ヶ月そこらで構想から執筆10万文字まですべて一挙に仕上げられた作品。強いて言えば多少粗く感じる箇所もありますが、作者が楽しんで物語を書かれていることや、活き活きしたキャラクターの躍動感が伝わってくる、とても楽しい作品です。
 エピソード冒頭にアバンタイトルが入る演出も、「アニメになったらここまでがAパートなんだろうな」と自然に想像できるてワクワク感があり、するすると世界に引き込まれていきますね。勇者レオが語る「そういえばあの時」な思い出ばなしの数々も飽きが来ません。さすが経験豊富……!

 ちなみに推し四天王は最初メルネスくんと思ったんですが、リリちゃんにかなりなハートを持って行かれました。だってずるいでしょ、レオとの馴れ初めから倒されるまでの経緯……(二話で語られる、四天王をどうやって倒したかの経緯も、ああこういうのが週間少年漫画みたいな調子でストーリーが繰り広げられたんだなーって考えられて楽しいです。目に浮かぶようだ!)。

 外伝もやるとのことで、楽しみにしております!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

富士普楽さんの他のおすすめレビュー 701