限界集落・オブ・ザ・デッド

作者 ロッキン神経痛

171

61人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

タイトル見て限界集落とゾンビの組み合わせに面白そうと興味を持ち
読み進めると内容が重厚で読む手が止まらなかった。
ゾンビモノの中では定番であるウイルス感染でのゾンビ化ではなく死んだら誰しも例外なく留人(ゾンビ)化という感じ。
留人の集団が来ても奮戦する爺達の活躍はただただカッコいいとしか言えない。
タイトルに興味を持たれた方読む事をオススメ致します

★★★ Excellent!!!

――

 無論褒め言葉だ。

 とある漫画がおもしろおかしくオブザデッドをタイトルに使ったり、ツイッターなどでたまに遊ばれたりしている言葉なので、ついライトに捕らえてクリックしまったら読み応えがさぁ大変。

★★★ Excellent!!!

――

この週末でようやく追いつきましたので書きます。

この作品はまだ完結していませんが、この作者を是非皆さんに知ってほしいと思ったためレビューを書かせていただきます。

さて、この作品ですが、内容は作者による説明文の通り、ど田舎、ジジイ、ゾンビという3つの要素で進むアクション作品なのですが、何と言っても群を抜いているのが、その描写力。

騙されたと思ってまずは読んでみてください。
「なッ……!?」って気分になります。

もしここが、小説の文章力がそのまま戦闘力に変換される世界だったとしたら、最初の数行を読んだ時点でその圧に耐えきれなくなり、壁にクレーターを形成しながらめり込むぐらいのパワーを放っています。

そして、ただ描写だけでなく、伝えるべきところをちゃんと伝えて、盛り上げる所をちゃんと盛り上げる。ゾンビが登場して、話が動き出してきてからが本当に面白い。おお!ゾンビものだ!これはゾンビものだ!と興奮しながらヌルヌル読んでしまいました。とにかく全てを凄い水準でやってくる。

作者であるロッキン氏はこの他にも色々と作品を投稿しているのですが、私が読んだものはどれもクオリティが高く、読む度に、なんてやつだ……と口走りながら読んでいます。

全くどえらい奴と同じ時代に生まれちまったものだぜ!と言いたくなってしまうこの作品、是非一度読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

――

ゾンビの出てくる小説で感動する……なんて、今まで考えたこともありませんでした。
人々の暮らしの中に、日ごろから存在する動き回り毒をまき散らす死者、『留人』。
それを正常な死者に戻す仕事を生業にしている老漢、恐山。
彼が暮らす限界集落を脅かす、脈絡もなく現れた留人の群れ。
恐怖と覚悟に彩られた戦いが始まります。

限界集落に暮らす人々の様子を物寂しくも生き生きと描き出しています。
寂しさと人々の息遣いが迫ってくる筆致には、感動を覚えずにはいられません。
中編から長編に再編集とのことですが、内容が薄くなるどころか、よりみっしりと重厚さを増しています。

ご一読を強くお勧めします。ホラーに対する見方が変わる……かもしれない一作ですよ。

★★★ Excellent!!!

――

 前作の雰囲気や独特の世界観はそのままに、独自の用語や道具が追加され、不思議なリアリティーや緊迫感を醸し出しています。
 『留人』、その耳慣れない言葉の意味。『彼ら』が生前に行う行動。それら一つ一つが吟味され、意味を知るごとに、映画とかではなくその場にいるような臨場感が味わえます。
 現代日本が抱える問題を題材に取り入れた、エンターテイメントホラー、ぜひどうぞ。

★★★ Excellent!!!

――

カクヨムのサービス開始と同時に「お、なんかやってるじゃ~ん」ぐらいの気安いノリで手ぶらでやってきて「なんか書いてみたじゃ~ん」ぐらいの緩いナメたノリで書いた処女作「限界集落オブ・ザ・デッド」で萩原(呼び捨て)のハートをがっちり掴み、運営ニコニコ砲などの非人道兵器のサポートもあってランキングを荒らし回ったバチ当たりのロッキン神経痛さんが限界集落オブ・ザ・デッドのリライト版を引っ提げて第二回webコンに堂々の参戦です。旧版ではオブ・ザ・デッドというタイトルで「あ~はいはいゾンビものね」と設定を読者に暗に飲み込ませながらも、それさえもミスリーディングとして独特の世界観にズルッと引き込んでいく謎の手腕と、性癖全開の渋いジジイキャラたちやアツイ展開の連続で、処女作でありながらもヨレることなく見事物語を畳み切りました。しかし、やはり処女作であるが故に粗削りなところもあったのですが、リライト版の本作においてはそういった細部の描写や質感が圧倒的に向上しています。まだ第一話しか公開されていませんが、この解像度で旧版の筋を辿るだけでも名作となることは間違いないでしょう。期待して続きを待ちましょう。おのれ萩原。