はぐれ魔導教士の無限英雄方程式

作者 ファミ通文庫

フォロー 1話目から読む

世界を救うのは異端の魔導士たち! ファミ通文庫

「金遣いが天文学的に荒いうえに、その使い方があまりにも頭が悪そう」
という理由で王立魔導研究所を追われたカイ・アッシュフォード。

そんな彼を拾ったのは、全寮制魔導士育成機関「ウィザードガーデン」の理事長だった。
研究費と生活費の保証をする代わり、カイは門下生をもつことを義務づけられるが、教育を任せられた生徒は、才能も美貌もとびきりだが、性格に難ありの超問題児の2人!

才能も実力も他を寄せ付けず、それ故に孤立してしまった黒魔導士の少女ローザ。

白魔導士の名門に生まれ金銭感覚もプライドも一般人とかけ離れている少女リリィ。

Aランク魔導士に近い力を持ちながらも、その力を持て余している少女たちを、どうやってカイは導くのか――!?

目次

連載中 全32話

更新

  1. プロローグ
  2. この腐りかけた世界の救い方の研究
  3. 白と黒の原石
  4. だから最強の魔導士は誰かっていう話よ
  5. さしずめ灰色の魔導教士ってところだな
  6. じゃあ続きをやろうか?
  7. 限り無き灰色の魔法系統【アンリミテッド】
  8. こんなのと一緒なんてごめんだわ!
  9. 今回は特別に許して差し上げましてよ
  10. 異形種とは何でしょうか?
  11. あんた本当に教士なの?
  12. 二人とも俺のそばから離れるなよ
  13. 安心しろ。俺は実力的にはSランクだ
  14. リリィ・ヒルトンの憂鬱
  15. 私の名前を言ってみたまえ
  16. 全て……わたくしが悪いのですわ
  17. この準Aランクの僕に挑もうっていうのか?
  18. いいえ離しませんわ
  19. ローザ・ワイルドの孤独
  20. なんですその薄汚い鈍器は
  21. あたしのこと軽蔑したでしょ?
  22. ことあるごとに変な呼び名を作るんじゃない
  23. いいや。お前なら……お前たちならきっとできる
  24. 案外気に入ってるみたいだが?
  25. 陰陽双極
  26. 世界を救うんだ
  27. こりゃあ、一本取られたな
  28. 試験演習
  29. このまま続ける?
  30. だから戦友? みたいな
  31. な、なんでアンタがいるわけ!?
  32. ローザを大事にしてやってくれ
  33. 強襲
  34. よろしくねローザ、リリィ!
  35. 爆ぜろ……虚蝕
  36. 動きを止めるぞ……アストレア
  37. 白と黒の奇跡
  38. それじゃあ……少し早いが卒業試験だな
  39. 俺の出番はどうやら……ここまでか
  40. エピローグ
  41. それは墓までもっていくつもりだ
  42. 2月28日文庫発売記念SS
  43. Extra Edition 01

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

はぐれ魔導教士の無限英雄方程式

@famitsu
執筆状況
連載中
エピソード
32話
種類
オリジナル小説
ジャンル
異世界ファンタジー
タグ
カクヨムオンリー 学園 魔法 昼行灯 下克上 教師 学生 美少女
総文字数
117,698文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
24人
応援コメント
6件
小説フォロー数
277

アクセス数