はぐれ魔導教士の無限英雄方程式

作者 ファミ通文庫

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全71話

更新

  1. プロローグ
  2. この腐りかけた世界の救い方の研究
  3. 白と黒の原石
  4. だから最強の魔導士は誰かっていう話よ
  5. さしずめ灰色の魔導教士ってところだな
  6. じゃあ続きをやろうか?
  7. 限り無き灰色の魔法系統【アンリミテッド】
  8. こんなのと一緒なんてごめんだわ!
  9. 今回は特別に許して差し上げましてよ
  10. 異形種とは何でしょうか?
  11. あんた本当に教士なの?
  12. 二人とも俺のそばから離れるなよ
  13. 安心しろ。俺は実力的にはSランクだ
  14. リリィ・ヒルトンの憂鬱
  15. 私の名前を言ってみたまえ
  16. 全て……わたくしが悪いのですわ
  17. この準Aランクの僕に挑もうっていうのか?
  18. いいえ離しませんわ
  19. ローザ・ワイルドの孤独
  20. なんですその薄汚い鈍器は
  21. あたしのこと軽蔑したでしょ?
  22. ことあるごとに変な呼び名を作るんじゃない
  23. いいや。お前なら……お前たちならきっとできる
  24. 案外気に入ってるみたいだが?
  25. 陰陽双極
  26. 世界を救うんだ
  27. こりゃあ、一本取られたな
  28. 試験演習
  29. このまま続ける?
  30. だから戦友? みたいな
  31. な、なんでアンタがいるわけ!?
  32. ローザを大事にしてやってくれ
  33. 強襲
  34. よろしくねローザ、リリィ!
  35. 爆ぜろ……虚蝕
  36. 動きを止めるぞ……アストレア
  37. 白と黒の奇跡
  38. それじゃあ……少し早いが卒業試験だな
  39. 俺の出番はどうやら……ここまでか
  40. エピローグ
  41. それは墓までもっていくつもりだ
  42. 2月28日文庫発売記念SS
  43. Extra Edition 01
  44. プロローグ 契約延長
  45. では本日から職務復帰ですね
  46. 講義一 限界突破の代償
  47. なんでまともに食らってるわけ!?
  48. 本当に打つ手はありませんの?
  49. 講義二 王立研の出会い
  50. 自分を人質にとるなんてずるいわよ!
  51. 自分が誰に口を利いてるのかわかってないよね?
  52. お噂はかねがね伺っております
  53. 講義三 救世のプラン
  54. やめておけ。国家機密だ
  55. まさに一石二鳥ね!
  56. まるで乙女心のように繊細で傷つきやすいんですわね
  57. 講義四 再会の聖女
  58. 変な誤解を招く言い方はするんじゃない!
  59. 誰かを好きになったことはありますの!?
  60. それじゃあ始めよっかカイ?
  61. 講義五 新型魔法公式
  62. 貴方は本物のカイ・アッシュフォードなのですか?
  63. 悪かったな。文字も式も汚くて
  64. 講義六 それぞれのオリジン
  65. 先生は乙女心をもっと学ぶべきですわ
  66. そんなところでカイは誰に魔法を教わったの?
  67. ここに来るまでの自分が……わからないの
  68. 講義七 予期せぬ新任教士
  69. あんたさっきからなんなのよ!
  70. 講義八 罠
  71. ではわたくしに、その強運を分けてくださいませ
  72. 完全に俺たちを殺しにかかってる
  73. あたしが……守るから
  74. 講義九 夜空の下で
  75. まったく……なにやってるんだ俺は……
  76. 一人で格好をつけるのは金輪際禁止ですわ!
  77. 講義十 人類の脅威
  78. 次元解析法システムが利いてないってことだな
  79. 守ってもらうなんてでできないわ
  80. わたくしの助けなんて、必要ありませんわね
  81. 講義十一 解決への手引き
  82. どうしてそこまでしてくれるんだ?
  83. やあ、いい気味だね……実験動物
  84. 必要なら辞表は今、ここで書く
  85. 講義十二 影の英雄の帰還
  86. 普段通りゆっくり歩けばいい
  87. いや、跳ぶんだ
  88. 俺に同意を求めるな
  89. 世界中の誰からも忘れられちまった方がいい
  90. 今回は特別だぞ
  91. 講義十三 守るべきモノと超えて行くモノ
  92. 頼むから力を温存してくれ
  93. そんなことはさせないさ
  94. 俺の生徒は二人とも優秀なんだ
  95. 救えないのはお前だけだ
  96. エピローグ
  97. ああ。墓まで持っていくよ……

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!