seasons

作者 桜井今日子

105

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

気になる彼女を、ようやくバーに誘うことが出来た。だけど彼女には彼氏がいる。
それでもこの気持ちを伝えた方が良いのかと、悩む男性の心の内が痛いほどによく分かりました。

胸キュンできるのは十代だけとは限りません。オシャレなお店でお酒を片手にで、ドキドキする恋がここにはありました。

ちょっぴり苦く、ゆっくりとした大人の時間を、どうぞお楽しみください。

★★★ Excellent!!!

男性目線で描かれた恋の物語。
とても洒落てるのです。
夜の帳が下りた街、隣に座る意中の女性と傾けるカクテル、でもその想いは口に出せずに時間だけが経っていく。
男性ならこの心境は、「わかるわかる!」と思わず納得されるのでは。
情景を違和感なく想像させる筆力、構成力、どれをとっても抜群です。
カクテルなどを傾けながら、お読みいただきたい一品です。

★★★ Excellent!!!

あるバーで、密かに想いを寄せる後輩の女の子と二人の時間を過ごす主人公。店に入ってからタイムリミットが近づくまでの僅かな時間を切り取り、繊細に、丁寧に描き出した、深く印象に残る作品です。

彼女の付き合っている男性への感情。自分が彼女へ寄せる真摯な想い。彼女の仕草や言葉一つ一つを拾い上げ、その意味を考え……細やかでリアルな情景と心情の描写を読んでいるうちに、その場面をまるで目の前で見ているような感覚を覚えます。

そして、時間の経過とともに積み重なっていく、彼女への想い。
静かな切なさが、読む者の心にも積もっていきます。

密やかな恋の苦味を存分に味わえる、贅沢な物語です。

★★★ Excellent!!!

ビタースィート。ほろ苦い大人の恋の物語に、くすっと笑ってしまうポイントを入れ込ませてあって読みやすくて楽しめる作品です。おしゃれはバーカウンターに並んで座り、お酒を飲みながらの距離感がたまりませんね。あと一歩詰め寄れない、そこがじりじりして、読んでいるこちらも飲まずにはいられないお酒と言葉。
未読の方には描写にちりばめられた作家様の遊び心にも是非注目していただきたい。冬の大人の恋物語。あなたの恋は甘い?それともビタースィート?

★★★ Excellent!!!

ついでに言っておくと、ボクシングで言えば前者はアッパーを喰らって即KO、後者はボディーブローでTKO負け。

前者は、ダウンする瞬間は天にも昇る気持ちで目覚めも悪くないらしい。それに対して、後者はじわじわ効いてくる、地獄のような苦しみで後々ダメージが残るらしい。

どちらを選択するかは貴殿次第。
脳内会議開いたり、言えなかった言い訳考えてる暇があったら言いなさい!(キッパリ)

思わずマジコメしちゃいました<(_ _)>

※叱咤激励と捉えてください。

★★★ Excellent!!!

平井堅さんの“even if”を久しぶりに聞いてから読み始めました。

彼女の持つキーホルダーが示す名前に嫉妬する彼。
素直でコミカルな様子にくすりとしますが、彼女を想う彼の気持ちが、キャンドルの溶けていく中で、お酒が進んで行く中で、彼女との会話が進んでいく中で、どんどんと切ないものになっていきます。

いろいろ考えて踏み込めなくなってしまう大人の純情は、バーボンのように切ない色に透き通っています。
素敵なお話に、あなたも酔ってみませんか。