サンライズ・リプレイ

作者 鯨武 長之介

258

96人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても温かなお話です。
下手に言葉に表すと、なにか違うものになってしまうような、勢い余ってネタバレしてしまいそうな、そんな状態なので、上手く言えませんが、でも、絶対に読んで損はしないです。
あなたの好きな銘柄の紅茶を片手に読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

 始めに来るクライマックス、そして読み進めていくにつれ自然に物語に引き込まれて、気がついたらあっという間に読んでしまいました。
 様々な伏線が自然に回収されていくのでとても読みやすかったです!
 そして、エンディングからまたプロローグへの導き方が気持ちよかったです。

 モノクローム・サイダーを読んだあとだったので、主人公像がそちらに若干引っ張られた感がいなめなかったですw

どちらの作品も本当に面白かったです!

★★★ Excellent!!!

朝焼けの色の異世界。
そこで出会った『彼』と少しだけ時間を共有していく、というお話なのですが、なかなかに切ないです。
最後まで読んで、全てが分かったらもう一度読み直してしまうと、また違った視点からのボリュームのある読み応え感がすごいなぁ、と思いました。

★★★ Excellent!!!

異世界・転生のタグが詐欺というコメントがあったが、主人公がとあるきっかけをもとに異世界へいき、戻ってくる。内面がちょっぴり成長している。これはファンタジーの基本ですよと、妙に威張りたい気持ちになりました。無理なく読ませる力と、型を守りながら自分の物語に引き込んでしまう天才的能力に感じ入ります。

★★★ Excellent!!!

素敵な物語でした。
稚拙なレビューになっていたら申し訳ありません。

初めは「悲恋」かな、と。
タグにもありますが「生と死」に少し怖気付いてしまいました。しかし読み進めると、確かに寂しくやるせなくなる場面もあるんですが、きちんと温かいから安心して読むことができました。
不思議な何かの中を漂っている感覚です。

ラストまで読み、また冒頭へ戻りラストへ……何回も行ったり来たりしてようやく気づいて。
何度も読み返したくなりますね。そして何度だって感動できる。
素晴らしい作品をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

最近、私の泣く理由が勝手になっている。
勝手な感傷、勝手な思い出。勝手な愛情。
他者のために、本当は存在しない物語に
泣いたのは久しぶりだった。
恋であり、愛の物語であると思う。
勝手な思い込みだが、人を救うために
物語を書く人がいるんだなと初めて知った。

★★★ Excellent!!!

素晴らしい短編です。

様々な心情、そして想いが読了後の私の心に押し寄せてきましたが、それら全てを言葉にすると、たちまちチープな表現に堕するような気がして、億劫になってしまいます。

文字数も多くなく、本当にさっくりと読めますので、ぜひご自身の目で読んでみて下さい。

決して後悔はしないと思います。

★★★ Excellent!!!

主人公の女性は、自殺した。
男に遊ばれて、それを苦に身を投げた。

彼女は気が付くと、ある場所にいた。
そこで、ある人と出会う。

そこは、様々な人が死んだあと立ち寄り、次の生へと出向いていく中継地点。

そこで彼女は何を見て、何を考え、何を選び取るのだろう。


とにかく。
目に浮かぶ景色が綺麗で。
様々な人の生がシビアで。
でも、あったかくて。

さいごに、とてもホンワカしたものが心に灯った、そんな物語でした。

★★★ Excellent!!!

冒頭の書き出しで『ん?』となりましたが、読み終わるとそれが意図してそうされたものだと気づきました。まんまと作者様の策略にのせられた形です。
暗い話を絡めてくるのかと思えば、そうではなく、むしろ暖かく明るいラストへ繋げるための布石が綴られています。
とても勇気が出て頑張ろう、と思える読後感。
素敵な読書時間でした。オススメ。

★★★ Excellent!!!

長之介さん、腕を上げられましたね…!!
こう来たか!!!!!!!!!

こう展開するかな…?と読み進めていた私は、見事に裏切られました。
普通の「恋愛話」が展開すると思っていたのです。

この短編は、ふたつの「恋」と、裏返ってしまった「愛」と、耐えて時を待つ「愛」の物語でした。

いや、思った以上に、深かったです!!







★★★ Excellent!!!

死とは、人としての最期の快楽とも言われている。

自死を選択するなんて、そんな人生を歩んでしまう人もいる。それもひとつの自由な生き方だと、私は思う。
死の先にあるものは、本当は何もないのだろう。命は巡り、また何かの魂になって現世に還る、なんていうのは物語の中のお話だけで。
それでも、不思議と人はいつかまた巡り合う運命を信じて生きているものなのだ。

死という現実の最中、輪廻を待つ少女。不幸な人生に耐えられずに、死という選択をしてしまったが故に、物語の中での運命に導かれる。
誰かと出会い、そこで心が変わり、そしてまた――。

そんな人生も有りなのかもしれないし、そんな人生は無いのかもしれない。
ただ、この物語で伝わってくるのは、人は誰しも愛されて生まれてきたのだと、そんなことを思ってしまう。
いびつに歪んだ愛の結末なのだとしても、この世に生を受けた瞬間は、きっと幸せだったのだろう。

これから先の人生は、死を選択したときより、遥かに生への執着と、死を選択した後悔に悩まされることになる。そんな未来の中で、せめてこの主人公だけは、幸せでいてほしいと、私はそう願っている。

★★★ Excellent!!!

生と死の間には、きっと立ち止まる地点がある。
すぐに今後どうするのか、その行き先を教えてもらえない。
特にね、急に死んじゃうと、準備が間に合わないもの。

そんな時、会ってくれた人は、天使かな、悪魔かな。
なぜ、あなたは死を選んだのだろう。考えてみよう。
どこかでもう一度 振り返ってみないとね。

途中、着地点が気になって、まだ終わらずに漂っていたくて
読み終わった時、ふわっと淡い心地になりました。
ピコーって、どんな味なんだろうなぁ。