あとがきにかえて

 さて、カクヨムロイヤリティプログラム(※旧:ユーザー収益化プログラム)の導入がいよいよ始まりますね。


 幸い作品に掲載される広告は任意で選べるようで、嬉しい限りです。


 有料化の提案をした最初の投稿が2016年8月31日ですから、約3年。この連載もそろそろ役割を終えるときのようです。


 昔から小説のようなものを書こうとはしてきたものの、プロローグだけ書いては詰まり、もしくは最初の数ページだけ書いては放り出しを繰り返してばかりの自分でしたが、どうにかエタらず畳むことができてほっとしています。


 自分が予想した以上に多くの方々お読みいただき、フォローや評価・応援・励みになるコメントや自分にはもったいないないような素敵なレビューまでいいただいて、本当に感謝しています。


  お読みいただきまして、ありがとうございます。


 拙作がほんの少しでも何かのお役に立てたなら、これ以上の喜びはありません。


 

 ではまた。いずれかの機会に。




 自分は、これ以上自分の魂の値段が上がるのを阻止せねばなりませね。



 <完>


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

カクヨムユーザーの皆さまへ 元・書店員より 灰色山穏 @yama03

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ