【短歌集】ゆうしゃのぼうけん

作者 卯月

共感はしない お安い「わかるよ」は君の棘からヒカリを奪う

  • ★★★ Excellent!!!

 詩歌の良し悪しはよくわからない。
 古今東西、どんな文化圏の作品であれ、
 解釈や感想を求められても、うまく言える自信がない。

 でも、美しいかどうかはさておき、
 刺さってくる作品というものは確かに存在する。
 短いぶんだけ鋭利な何かが、ぐっさり刺さってくる。

 痛いなあ、と。
 その痛みが好きだなあ、と。
 ゆうしゃのぼうけんを読み進めた。

たからばこ あけられないのがたくさんで さいごのカギはみつからないまま

 詩歌を分析や指摘や批評の俎上に載せるって、
 一体どうやっているんだろう?
 いちばんを選んだり表彰したり、よくわからない世界だ。


十七の鉛のブレザー 本音なら筆箱の中、詠み人知らず

 進学校の高校時代、私もたまに短歌を書いていた。
 小説を書く時間が取れず、31字に感情を詰め込んでいた。
 読み返してみると、自分でも意外な言葉がけっこうあった。

勉強も大事、遊びも大事とか、あたしはママのやじろべえじゃない
絶対値でくくれば等しいベクトルもホントは違う方向指してる
ネバーランド忘れたおとなは空を飛ぶために翼がほしいと嘆く
世の中には愛よりむしろぶつかるとマイナスになるiが多いね
「甘えてもいいよ」? 格好つけンなよ 棘も持たない温室育ちが
骨折の傘はコンビニに置き捨てて泣いているのは空だけじゃない

 短歌の勉強をしたわけでもなく、ただ何となく。
 ちょっと手が付けられないくらい牙を剥いていた当時の自分を
 書き付けておいてよかったと、今は思っている。


 折句や冠沓などの遊びを詰め込むことはできても、
 美麗な装飾を施す余地のない短歌は、
 詠み人の剥き出しの感性に、じかに触れられる。

 この手で触れれば壊したり汚したりしそうで、
 あるいは海の生き物のように火傷をさせてしまいそうで、
 怖くなりながら、ひっそり、ゆうしゃの旅に付いていきました。

あきらめてひらきなおって闇よりも怖い朝日を浴びてみようか

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

馳月基矢さんの他のおすすめレビュー 343