不気味の谷のほたるさん

作者 白木レン

【埋】クライマックスはプロローグだった

  • ★★★ Excellent!!!

そしてきっとその直後、幕切れは呆気ない急転直下。
優也の常識的な「世界観」ゆえに、それは回避できない。

やたら自信満々でカッコいい変人美少女、ほたるさん。
「出シテ」の声に眠れなくなった優也のために、
謎の「泊まり屋」稼業のスキルをフルに発揮して、
心強くも刺激的なトキメキの一夜を演出してくれた。

が、やっぱり優也に襲い掛かるホラー現象。
それが冒頭の、役に立つんだか立たないんだかわからない、
ほたるさんからのアドバイスのシーン。
優也は、ほたるさんを信じて、勇気を奮って立ち上がる。

ほたるさんは何者? このままドキドキなラブコメ展開?
と、いろんな推測や予想がガラッとくつがえされる。
霊能力によらない悪魔退治の顛末は……。
彼女を取り巻く絶妙な不気味さ、すごく好き。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

馳月基矢さんの他のおすすめレビュー 344