デッド・ファクトリー・マサカー

作者 青葉台旭

フォロー 1話目から読む

超常心霊ホラーとスラッシャーの中間のような小説です。 青葉台旭

十一月の終わり夜八時過ぎ。
土砂降りの冷たい雨の中、塾帰りの女子高校生サトミを乗せたバスは広大な廃工場の前で停車した。
そして惨劇は始まった。

超常心霊ホラーとスラッシャーの中間のような小説です。
登場人物がたくさん死にます。
ちょっと悪趣味で、グロ描写があります。ご注意ください。

この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

目次

連載中 全1話

更新

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビュー本文はまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

デッド・ファクトリー・マサカー

@aobadai_akira
執筆状況
連載中
エピソード
1話
種類
オリジナル小説
ジャンル
ホラー
セルフレイティング
残酷描写有り 暴力描写有り
タグ
スラッシャー 心霊現象 閉鎖空間 スプラッター
総文字数
6,723文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
1人
応援コメント
0件
小説フォロー数
2

アクセス数