夜行奇談

作者 東亮太

129

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ホラーに癒しを求める私には理想的な怪談。幾多のショートホラーを読み漁った中でもこれ以上に読みやすい作品はない。星二つなのはさらっとしているから、もっとがっつり怖がりたいとか、+αのエッセンスを求める人には、魅力的でないであろうと考えたから。

★★★ Excellent!!!

《得体》が知れない、理解の及ばないものほど怖い。
それは人間の本能にじわりと浸みこむ、旧い《恐怖》です。

昔は山や森だったところがいつのまにやら都会となり、無機質な高層建築が建ちならび、都市部からは深夜であっても明かりが途絶えることはなくなりました。科学の進歩にともなって、人知では解明できないこともひとつ、またひとつと減り続けています。かつては《得体》の知れなかったものもいまでは、そのほとんどが解明され、恐れるに足りないものに変わり果てていきました。
されどまだ、影がなくなったわけではありません。
人知という光の当たらない、暗い領域は確かに存在し続けているのです。光が強くなればなるほど、その片隅で影は濃くなるものなのですから。

暮らしの影にひそんでいる《得体》の知れないもの。それらの、息遣いやうごめきを、どこか曖昧に、されどその気配まで感じ取れるほどつぶさに書き記したのが、こちらの《夜行奇談》です。
どこにでもあるような日常の影から這い寄る、輪郭のない恐怖の群。そのどれもがその怪異を体験した人物の口から語られます。由縁や経緯が綴られているものもありますが、総じて杳として《得体》は知れません。
故に怖い。

正直カクヨムでこれほど怖い話に遭遇するとは思いも寄りませんでした。夏とは言えど、怖すぎる。眠れなくなりそうなほどです。
怖いものが好きなあなた。そんなことは現実には決して起こらないだろうというあなた。《得体》の知れない恐怖を是非一度、体験してみてください。
様々なことがあきらかになった現代とは言えども、明かりの裏に影があるかぎり、あなたの側にもいつ《彼ら》が現れるかもわからないのですから。

★★★ Excellent!!!

夜のコンビニ、留守番中の自宅、バイト先の更衣室、駅のホーム、マンションのエレベーター……そんな日常の延長上の場所で遭遇した奇妙な体験談を集めた短編集。

体験談という形式上、怪異を目撃した語り手が死んだり殺されたりするという派手な展開はないものの、淡々と語られる恐怖体験の数々は、我々が日常で訪れる場所が舞台ということもあって後を引く怖さを残します。

また一つひとつの話が独立しているようでいて、作者の追記によれば本作は何らかの仕掛けが仕込まれているらしく、作品に隠されている「何か」の正体を探しながら読んでみるのも面白いかもしれませんが、もちろん何も考えずに普通に読んでも充分怖さを味わうことができます。

ここ最近は暑い日が続きなかなか寝苦しい日も多く、そんなときは寝る前に本作を数編読んでみると涼しい心地になれるでしょう。

もっとも今度は違う理由で眠れなくなるかもしれませんが……。

(四字熟語っぽいタイトル四選/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!

一話目からいきなり恐ろしい……。
どの話も怖いですが、『第四十四話 訪ねてきたもの』と『第七十三話 スーツケースの女』が特に怖い。
目次の話数の並びの意味も、いろいろ考えてしまいます。
百話揃うまで、楽しみに連載追いかけさせていただきます。