太陽を創った男

作者 山本弘

319

127人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

これぞ、待ち望んだSF!
と思ったら40年前の小説だったなんて思わなんだ。
ビートルズを聞いて。
「こいつら絶対売れるわ」と得意気になってレビューを描いてる気分。

ファッションや建築業界で良く言われている言葉がある。
流行は繰り返すと。
君の名は。やゴジラのヒットが今年は世間を賑わせた。
小説も今年、一つの転換期を迎えている気がした。

Good!

スポック役をレナード・ニモイが演じた古きスタートレックみたいな感じです。同時代にスターウオーズがリアルタイムで上映されていたので、アクション好きはスターウオーズに靡き、アクション以外のプラスαを重視する者はスタートレックに靡きました。私のように、宇宙空間の特撮が見れれば構わないという者は、両方を見ていたのですが...。
ところで、私には、この作者の「星の舟」の方が、ストンと落ちます。皆さんも読み比べてみてください。

★★★ Excellent!!!

宇宙を巡るSFは多々あれど、星を生み出す……ましてや太陽を作るなんて話を目にするのは今回が初めてでした。
星を作り出すのに必要な物質や原理、宇宙科学の髄が凝縮された濃厚な一品でございました。
そして敵を撃破した時の説明も努力や根性ではなく、SFらしい科学反応が働いたというオチが一作のSF感をより重厚なものに仕上げているのが素晴らしいです。

★★★ Excellent!!!

やってることのスケールはデカいですが主人公のやりたかったこと、成し遂げたかった事はぶっちゃけ「自分の庭が欲しい」ですよね。
そこがまた味があってよい。半生をかけて作り上げた庭園と、そこを照らし出す太陽。それがもたらした最後の結果がまた痛快なのです。

★★★ Excellent!!!

 ツッコミどころはたくさんあります。
 ブラックホールを操作できるほどの超絶テクノロジーの持ち主が宇宙船一隻撃退できないのかとか、宇宙人の描写にブレがあるとか、航宙能力を有する宇宙人に化学の知識がないのかとか。

 ……しかし、私に批判する資格はない。
 たとえば今、誰かが二十のわたしにブルーバックス(どれでもいい)を一冊投げ与えて、「これからブルーバックス・チャレンジをしてもらう。このネタ本で三週間以内に書き上げろ」と言ったとする。
 それで、このレベルのものを書けるだろうか。多分、書けない(チャレンジしたい気はあるが)


 わたしがこの作品から感じ取ったのは、若々しくも鮮烈な、

  「SFのSはサイエンスでなければならぬ」

 という激しくも熱い意気込みです。

 この種の科学に対して誠実であろうとする作風は今では受けない。
 現在のSFマガでも、決して採用されることはないでしょう。科学の「か」の字も無いライトなSFもどきの方が受けるご時世。携帯を使うのに携帯の構造や暗号理論を学ぶ必要はない。そこにあるなら使えばいい、というわけです。
 しかし、超光速であれ、タイムトラベルであれ、その原理・原則を可能な限りその時点での科学で説明しようとする姿勢は大切ですし、それがSFの原点であろうと。

 アルゾに救いをもたらした太陽のように、若かった作者にとってSF、科学は救いをもたらしたのでしょうか。
(それ以降のおびただしいSF作品群がその答えです)

 大ベテランの作者にとって未熟な点を修正することも出来たでしょう。
 初期作品の版権を買いあさって封印する作家さんもいる中で、あえてさらしたのは、多分、創作の後進に胸を貸してくださったのだと思います。

「自分が二十の時はこんな作品を書いていた。お前たちはどうなんだ?」
 あるいは、
「自分だって若い頃はこんな作品を書いてい… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

よもや「カクヨム」で!?という思い。
こうした硬派なSFが読めるなんて驚きでした。
オチを狙うわけでもなく、ウケを狙ったネタでもない。
思わず納得してしまう論理設定に、その世界へと引き込まれました。
――こういったテイストのSFやファンタジーが増えるといいな――
なんて、ふと思いました。

★★ Very Good!!

面白い。わくわくするし、絵も派手だし、熱せられたあとの惑星大気の状態が気になるけれど、見たことない風景な感じもあっていい。
ただ、やっぱり40年前のものとなると、古さを感じるのはいたしかたないところかも。
高度なセンサーがそこらじゅうに溢れ返っている21世紀の感覚だと、船殻に穴が開いてガスが長時間漏れ続けているのに気づかないのはないだろう(気圧の低下を感知するだろう)と思うけれど、1970年代くらいの感覚だと普通にアリだった。
たぶん氏もいま書いた作品ならケアしていたんだろうなと思うと、ハードSFって難しいなといっそう感じざるを得ない。

古いとはいえ、これだけの物語をこの短さにおさめてしまっているのは、さすがのセンスと筆力としか言いようがない。
無料でこんな手軽に読めてしまうのは、とてもありがたいです。

★★★ Excellent!!!

状況を一変させるその発想とハードSFらしい筋運びは40年の時を経ても色褪せない読みごたえのある掌編。むしろ掌編で使うにはもったいないぐらいのアイデアが使われています(紹介で別作品にも流用されている事を知り納得)。これを二十歳で書くなんて何というかもう嫉妬ですね。すごいの一言。

以下、ただの感想とその他。
『スタンピード!』は読む機会があったのですがこちらは未読でした。カクヨム様々ですね。こうしてプロ作家の過去の作品や単行本未収録の作品の発表の場として機能していけば、読者にも筆者にもメリットのある環境になるかもしれません。何にせよこの作品に触れられて良かったです。ありがとうございました。