偏執狂の猿にタイプライターを無限に打鍵させたとき、猿のテキストが偶発的にカート・ヴォネガットを凌駕する確率に関する実験報告

作者 D坂ノボル

ホラーありブラックコメディありの秀作短編集

  • ★★★ Excellent!!!

前作から引き続き、読ませていただいてます。

不条理な世界のなかで描かれる奇妙な物語集です。
時にグロテスクで身の毛のよだつ展開もあれば、風刺の利いたブラックコメディもあります。

しかしどの物語の底辺にも奇妙な共感を覚えるのは、根本に人間の抱える孤独と悲しみがあるからなのかもしれません。

一読の価値があります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雪世 明良さんの他のおすすめレビュー 105