【完結】あやかしの刀と酔いどれ絵師

作者 上原 友里

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全43話

更新

  1. 序ノ一、その血を存分に浴びろ――
  2. 壱 怪奇ぬらぬら蛸
  3. 壱ノ一、祟られ属性の子守り剣士
  4. 壱ノ二、おぬしに見せたいものがある
  5. 壱ノ三、「人心をみだりに惑わす稀代の悪書、その名も」
  6. 壱ノ四、「姉上が……怪奇ぬらぬら……夜な夜な……ぴゃあああああーーーーー!」
  7. 壱ノ五、私はお前をそんな変態趣味に育てた憶えはありませんッ!
  8. 弐 九十九の手まり
  9. 弐ノ一、「ああんひよさまったらぁんもぅ、ヘンタイなんだからぁ♪ 揉みたい? 揉みたい? おっぱいビンタしたい?」
  10. 弐ノ二、火傷した恋心にはアロエ味の寒天が良いと聞く
  11. 弐ノ三、「辻坂名物・みつまめようかん」
  12. 弐ノ四、もう一人の絵師
  13. 弐ノ五、妖刀使い
  14. 弐ノ六、あやかしの目玉
  15. 参 暮れ六つの禁
  16. 参ノ一、カモネギ
  17. 参ノ二、「お? もしかして俺のこと心配してくれたりした?」
  18. 参ノ三、妖刀、霞処墨切
  19. 参ノ四、「怒ってません」「……怒ってんじゃねえかよ」
  20. 参ノ五、「わんわんわん」「わうっふー」
  21. 参ノ六、夜が、来る
  22. 肆 外道の鬼
  23. 肆ノ一、「またつまらぬものを斬ってしまったではないですか」
  24. 肆ノ二、揚羽蝶
  25. 肆ノ三、「そ、そ、そんなしおらしい声出したって俺には効かんからな」
  26. 肆ノ四、「バレてないと本気で思ってたのか」
  27. 肆ノ五、「……だったのに、こんな……ひどいことって」
  28. 肆ノ六、子ぉとろ 子とろ
  29. 伍 逢魔が時、百鬼夜行
  30. 伍ノ一、庚申渡り
  31. 伍ノ二、これより彼岸
  32. 伍ノ三、こんなこともあろうかと思ってな
  33. 伍ノ四、つんつん
  34. 伍ノ五、遺言
  35. 伍ノ六、「だから、もう、じゃましないで!」
  36. 陸 火車
  37. 陸ノ一、「春画描きが、女にぶっかけねえで何にぶっかけんだよ!」
  38. 陸ノ二、「あらやだわあ私ったらおほほほほ素で男に戻っちゃってた?」
  39. 陸ノ三、「人は、死んだら、もう二度と戻ってはこられないの」
  40. 陸ノ四、「こうやって、ぎゅってされるの……きらいですか?」
  41. 柒ノ了、「まったく、頭に来るったらありゃしねえ」
  42. 番外編:兵之進、二頭身になる
  43. 外ノ一、兵之進、二頭身になる
  44. 外ノ二、兵之進、てるてる坊主になる
  45. 外ノ三、「ぎゃぁぁぁ何ちゅるでちゅか。くちゅぐったいでちゅ。やめるでちゅ。こちょこちょちないででちゅ。あああ、恋町ちゃんのばかぁ」
  46. 外ノ四、赤い襟巻き《マフラー》
  47. 外ノ五、捜索開始
  48. 外ノ六、爪紅《つまべに》
  49. 外ノ七、あした天気になあれ
  50. 外ノ八、それは、たった一日だけの