先生とそのお布団

作者 石川博品

書き続ける、そして完遂する―――その大切さと苦悩の日々。

  • ★★★ Excellent!!!

小説書きならば誰もが一度は経験することですね。書き始めたからには最後まで、されども挫折や困難が常に目の前にチラ付いており、そこへ至るには長く苦しい戦いが……。
けれども、この小説を見れば励みになる。そして頑張ろうという気持ちが沸き上がる。そんな作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

黒蛹さんの他のおすすめレビュー 345