クラス最安値で売られた俺は、実は最強パラメーター

作者 RYOMA

3,672

1,362人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

読んでいてもやもやするのは、何故どうしてそうなったという部分がすっぽり抜け落ちている箇所が非常に多いから。

例えば、ルーディア値というこの世界独自の能力値が全ての判断基準になっているのに、とんでもなく値が高いナナミが低能力奴隷に入れられていたのは何故か?
何故クラスメイト達は今まで聞いたこともなかったルーディア値だけで主人公を見下す屑に豹変したのか?
ファルマの父親が命をかけてまで、娘の友達要員として雇った女の子を守る必要が有るのか?
等々なんで?と気になる

話のテンポを重要視しすぎてはいないだろうか?敢えて描写をぼかしたり、伏線が張られている気配もないし…

ファンタジー異世界人型兵器物という設定も面白く、クラス召還落ちこぼれからの成り上がりという大筋の流れも王道かもしれないが悪くないだけに非常にもったいない。

読者を納得させる記述が出来るようになれば大化けするはずです。
期待してます。

★★★ Excellent!!!

サクサク読めます。主人公サイドでない登場人物たちに、「ゴミ屑」が多い気がしますが…それもまた面白いと思います。よく高額宝くじに当たって人間が変わるみたいな話がありますが、きっとソレがその人間の本質なんだろうな、と感じるのに近いでしょうか。現実でも友達面した敵がけっこう居ますしね。