このご時世に、絶対に流行らない純文学などというものをやってみようと思う。それも、誰一人読みやしない、私小説というやつを。

作者 悠月

書き手としてはヤラレタ。読み手としては、もっとあなたを教えてくれ

  • ★★★ Excellent!!!

 私小説的なものを書きたいと思ったこともある。淡々と、ちょっと感じたことを、徒然と語る小説。誰も得しない小説を、だ。
 この作品の著者はズルい。『想定読者は自分一人』と言いながら、文章の中で語りかける。「俺の思考、知りたくない?」って。
 一話目を読んだ時点で知りたくないわけがないじゃない。

 やられた。でも、気持ちの良いやられかた。とても楽しい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

精力善用国民体育の型さんの他のおすすめレビュー 21